1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 子連れカフェデビューは成功した?【897人のママのリアル事情】

子連れカフェデビューは成功した?【897人のママのリアル事情】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

encrier/gettyimages

赤ちゃん連れのお出かけ、せっかく外出したのだから、カフェでひと息ついてリフレッシュしたいのは当然ですよね。でも、子連れでのカフェ入店は「赤ちゃんが途中でグズったら?」「まわりの人から白い目で見られる…?」と心配が尽きないもの。子連れカフェデビューのエピソードについて、デビュー済みのママたちに聞きました!

2017年8月17日~2017年8月20日に、全国のウィメンズパーク会員3,526名に実施した「子連れでのカフェデビューについて教えて!」というアンケートを元に、0~5歳児ママの回答を再集計しています。

こちらもおすすめ→ 親子で楽しめるスタバが目黒にオープン!キッズスペースや読み聞かせイベントも♪

ママになってから初めてカフェに行ったのは、お子さんがいくつのころ?

第1位 ~6カ月 239人(26.6%)
第2位 ママになってからカフェに行っていない 217人(24.2%)
第3位 7~11カ月 188人(21.0%)

1位と3位を足すと、1才になるまでにカフェデビューしているママが約半数といったところ。
4位は「1才」133人(14.8%)と、1才になってからデビューするママもそれなりにいるよう。

でも、注目は2位の「ママになってからカフェに行っていない」と答えたママが全体の1/4近くいること!

「勇気が出ない。子どものタイミングと合わない」
「カフェはひとりじゃないと」

というのが、子連れカフェデビューしていないママの事情のようです。

子連れでのカフェデビュー、ゆっくりできた?

第1位 ゆっくりできなかった… 388人(43.3%)
第2位 子連れでカフェに行ったことはない 228人(25.4%)
第3位 ゆっくりできた! 163人(18.2%)

2位の「子連れでカフェに行ったことはない」という人を除いて考えると、カフェデビュー経験者の6割近くが「ゆっくりできなかった…」という現実! 

「実際頼んだものは食べられたんだけど、カフェならではの、のんびり素敵な時間を過ごすってゆうのとは別の世界だった。店を出るときに一番ほっとした」

というママのコメントにも共感! どうしてもそわそわしてしまいますよね。

163人いる「ゆっくりできた!」というママたちに、ゆっくりできた理由を聞くと…

「ショッピングセンターにあるカフェに行きました。子どももカートに乗って寝ている時だったのでゆっくりできました」
「抱っこ紐でよく寝てくれました!」
「個室だったし、まだ小さかったので大丈夫でした」
「他にも子連れのお客さんがいたし、お店の中も適度にざわざわした感じだったので、子どもがぐずっても平気でした」

まだ月齢が小さく、ねんねが長い時期だとゆっくりできるのかも。ショッピングセンターの中など、ほかにも子連れが多いカフェもよさそうですね。

ちなみに「その他」を選んだママからこんなコメントも。

「ゆっくりできなかったけど楽しかった!」

ゆっくりできなくても、カフェという空間が楽しめたならリフレッシュ成功ですね。

子連れでのカフェデビューのエピソードがあれば教えて!

まずは大変だったエピソードから。

「子どもが泣いてしまい大変だったことしか覚えていない」
「ナプキンや呼び出しボタンを子どもから遠ざけることに神経を集中させていて、食べた記憶がほとんどありません」
「抱っこ紐の中で眠った隙に、カフェで休憩。でもいつ起きるかわからないし、ほぼイッキ飲みだからもったいない…」


ゆっくりするために入ったカフェで一気飲み…。
こんな子連れカフェあるあるも。

「カフェに入るまではよく寝ていたのに、コーヒーを飲み出したら起きた」


ひとりでは心もとないので夫や両親に来てもらった人もいましたが、なかには夫が戦力外という残念なパターンも。

「私が子どもを見てる時には上手に飲み物を飲んでたのに、私が食事するために子どもの面倒を夫に任せた途端、派手にこぼしました。こぼさないように、お店に迷惑を掛けないようにと注意して見守ってたのに、台無しです」


もちろんハッピーなエピソードもあります!

「ねんねの赤ちゃん対応可のフラットな床のカフェに、事前予約してママ友さん+赤ちゃんの7組で行きました。周りも子連ればかり、店員さんも慣れていて気楽に過ごせました」
「ずっと籠っていたので、普通のコーヒーがとってもおいしく感じました」
「長女はよく泣く子だったので、大丈夫かなと心配な思いが強く、さっと食べたり飲んだりしてお店を出ました。それでも行って過ごせたことで私自身の自信になり、どんどん一緒に行ってみようという気持ちになりました」


「子どもがまわりに迷惑をかけたら…」というのが子連れカフェの気になるポイントですが、
まわりの人たちに助けられるパターンも。

「一緒に行った友人や隣の席の知らない人も抱っこしてくれた」
「他の常連さん達に『赤ちゃんが来た!』と楽しんでもらえました」


ちなみに子連れカフェ未体験のママからはこんなコメントが。

「行ける日がくるのか、謎」
「カフェに行くくらいなら、寝てた方が体力回復するので。ファミレスでもうるさい&待てないだったので、カフェなんて行けない・・・」

「気を遣って疲れるくらいなら行く意味あるの?」と言われるかもしれませんが、育児にちょっとした気分転換が必要なのは当然で、それが子連れカフェという人も。お店の場所や雰囲気にもよりますが、少しくらい赤ちゃんが泣いても受け入れてもらえるようなカフェが増えるといいですね。
(文・古川はる香)

関連:授乳中ママのおうちカフェに♪カフェインレスコーヒータイプ別9選

■おすすめ記事
徳川家“安”?わが子のテスト回答がおバカで笑える!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事