1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 赤ちゃんの具合が悪い!救急車はどう呼ぶ?緊急受診の4ステップを小児科医が解説

赤ちゃんの具合が悪い!救急車はどう呼ぶ?緊急受診の4ステップを小児科医が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VichienPetchmai/gettyimages

赤ちゃんの急な病気やけがのとき、ママやパパは気が動転してしまいがち。スムーズに救急要請できるように、正しい救急車の呼び方を、小児科医の山中龍宏先生に伺いました。

救急車はこうして呼ぶ!4つのステップ

救急車を呼ぶ初めのアプローチのしかたから、到着後の対処のしかたまで、時系列に4ステップで説明します。救急受診で必要な持ち物もチェックしておいて!

STEP 1:119に電話をして「救急です」と伝える

赤ちゃんの様子を見ながら、119に電話をかけます。携帯電話の電源は、救急隊員が折り返しかけてくる可能性があるので、救急車の到着までは切らないで。

STEP 2:ハッキリと必要事項を告げる

住所、氏名、連絡のつく電話番号、自宅近くの目印、赤ちゃんの月齢・性別・症状などを伝えます。赤ちゃんの症状は、見てわかる範囲で説明を。

STEP 3:救急隊員の指示を聞き、応急処置をする

119か救急隊員から応急処置の指示があれば、胸骨圧迫など必要な対処を行って、救急車の到着を待ちます。大人が2人以上いる場合、1人は家の外で待機し、救急車の誘導を。

STEP 4:救急車が到着したら経過を報告

救急車が到着したら、これまでの経過や服用している薬について報告。財布や健康保険証などの必需品を持って、病院へ向かいます。

救急受診に必要な持ち物は?

☑財布
☑健康保険証
☑母子健康手帳
☑乳幼児医療証
☑おくすり手帳
☑医療機関の診察券(あれば)
☑携帯電話 など

乳幼児医療証が使えない場合もあるので、現金は多めに持っていたほうが安心でしょう。赤ちゃんの症状などを医師に伝えるために記入したメモがあれば、それも忘れずに。

救急車は一刻を争う重篤な病気やけがのときに要請するもの。心配だからと気軽に呼ぶのは控えましょう。総務省消防庁から「救急車利用マニュアル」も発信されています。こちらも参考に。また、救急車を呼ぶほどではないものの、急な病気やけがで困ったときに相談できる窓口を、日ごろからチェックしてお来ましょう。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
乳幼児の室内事故は思わぬところで起きています

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る