1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 赤ちゃんの症状で緊急度がわかる!予防接種の副反応が出たらすべきこと

赤ちゃんの症状で緊急度がわかる!予防接種の副反応が出たらすべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AppleZoomZoom/gettyimages

予防接種後の赤ちゃんの様子を見て「これって、副反応?」と思っても、その見極めはとても難しいもの。ここでは、副反応の症状とその緊急性、対処のしかたについて、小児科医の山中龍宏先生に解説していただきました。

この症状はどうすべき? 緊急度別チェックリスト

夜間でも救急車などを呼んで受診すべき症状か、経過観察をして診察時間内に病院に行けばいいかなど、緊急度別に副反応の症状をまとめました。受診の参考にしてください。

□救急外来を至急受診するべき症状

以下の症状がある場合は、緊急を要します。診療時間外でも救急車などを呼んで、夜間救急へ。

☑39度以上の高熱でぐったりしている
☑呼吸困難、けいれんを起こしている
☑意識がもうろうとしている
☑吐きけがある、苦しがる
など、様子がおかしい

□診察時間内なら受診したい症状

軽い症状でも、数日続くなら診療時間内に受診を。

☑発疹(ほっしん)や水疱が出ている。38度以上の熱が2日以上続く
☑接種した腕がひじを越えて腫(は)れた
☑わきのしたや首の後ろが腫れた
☑いつもとは違う、気になる症状がある
☑機嫌が悪い

□自宅で様子を見てもいい症状

赤ちゃんの症状は、急変することがあります。気になったらすぐに受診を。

☑接種部位が赤く腫れた
※BCG接種後、1週間以内に腫れた場合は受診を。
☑発疹が出た
☑発熱した
☑下痢をした

※上記はあくまで目安です。心配なときは自己判断せず、受診してください。

関連:やっぱり心配…予防接種の副反応は何が起こる?気になる症状を小児科医が解説

万が一、赤ちゃんが緊急を要する症状になってしまった場合のために、救急車の呼び方などもチェックしておきましょう。何もないに越したことはありませんが、接種による副反応に限らず、赤ちゃんはいつ具合が悪くなるかわかりません。不測の事態になったときに、どう行動すべきか確認しておくと、冷静に対処できて心強いでしょう。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る