1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 沐浴のテッパンアイテム!後悔しないベビーバスの選び方

沐浴のテッパンアイテム!後悔しないベビーバスの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gornostaj/gettyimages

ネット通販でも赤ちゃんグッズ専門店でも、沐浴(もくよく)で使うベビーバスはあまたの品ぞろえ。「床置きって何?」「ネットの口コミだとエアー式が人気みたいだけど…」などと、選ぶのも大変! 新生児期には欠かせない、ベビーバスの種類と賢い選び方を、助産師の岡本登美子先生に伺いました。

関連:たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2019 ”出産準備ジャンル” ベビーケアグッズ

ベビーバスにはどんな種類があるの? それぞれの特徴は?

産院退院後から1ヶ月健診ごろまで使うベビーバス。主に3つのタイプがあります。詳しく見ていきましょう。

[床置きタイプ]

「床に置いて使うプラスチック製のもの。大きめで安定感がある反面、収納スペースをとる、お湯を入れた状態での移動が大変という難点が。浴室はもちろんリビングでの沐浴にも使えます」(岡本先生・以下同)

[シンクタイプ]

「キッチンや洗面所のシンクにはめ込んで使うタイプ。立ったまま入れられるので、腰に負担がかからないのが魅力。ただし、シンクの大きさに合わないと使えないので注意が必要です」

[エアータイプ]

「空気を入れふくらませて使うタイプ。軽くて持ち運びに便利。また、たたんでコンパクトに収納できます。ただし、素材がやわらかいため、お湯がこぼれやすいデメリットがあります」

ベビーバスを選ぶ決め手は?

「新生児期は細菌に対する抵抗力が弱いので、専用のおふろを用意する必要があります。ベビーバスは主に3タイプありますが、だれがどこで入れるのか、住環境や生活スタイルに合わせてチョイスしてください」

関連:我が家のお風呂アイデア4選【なかよし兄妹日記♯10】

沐浴場所は、いつも赤ちゃんがねんねしている部屋と温度差がないことが大事です。赤ちゃんや沐浴する人が快適に沐浴できる場所はどこかを考え、ベビーバスを選ぶ手も。ただし、かさばるタイプもあるので、収納スペースがあるかどうかも視野に入れておくといいかもしれませんよ。(イラスト・もりあみこ 文・ひよこクラブ編集部)

■監修:ウパウパハウス岡本助産院 院長 岡本登美子先生
長崎大学医学部付属助産師学校卒業。離島での産婦人科医院、愛育病院勤務を経て、ウパウパハウス岡本助産院、ウパウパハウスぷらざ、ウパウパ産後ケアハウス、ウパウパハウス保育園開設。

■参考:たまひよブックス「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
「これ超使えた!」吉田明世さんの育児の神アイテム聞いてみた

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事