1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 熱中症にならないために!セリア・楽天・ニトリで暑さ対策グッズ

熱中症にならないために!セリア・楽天・ニトリで暑さ対策グッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体温調節の機能がじゅうぶんに発達していない赤ちゃんは、大人よりも熱中症にかかりやすいといわれています。そこで今回はInstagramに投稿された、暑さ対策グッズをご紹介します。

関連:救急医療の現場から#4〜ベビーカーで散歩後、熱中症を発症。39度の高熱に!

『セリア』クールタオルマフラー

michuさん(@michu4michu)が購入したのは『セリア』の「クールタオルマフラー」。クールタオルマフラーを水で濡らして絞り、約3〜5秒強く振ると生地の温度が低下して冷たくなるそう。ぬるくなったときは、再び水に浸せば冷たくなるんだとか。これを首に巻いたり、汗を拭いたりすれば、体の熱を逃がして涼しくなりそうですね!

『楽天』5wayの保冷シート

SAKIさん(@____dddaan__)は、7ヶ月の息子さんのために『楽天』で「抱っこひも ベビー 保冷シ-ト 5WAY 保冷ジェル付き」を購入。ベビーカーのシート・抱っこ紐・チャイルドシートに取り付けることができ、背負わせたり、ベビー用の保冷枕になったりします。重すぎないので赤ちゃんに背負わせても嫌がらず、ジェルなので氷やドライアイスのように冷たすぎることもありません。

『ニトリ』ベビー用Nクールシリーズ

こばママさん(@58.mom)、『ニトリ』のNクールシリーズを購入。「ひんやりベビーカーシート」は付け外しが簡単で、汗で汚れても洗いやすいそう。「ハーフケット」はひんやり接触冷感で気持ちいいのはもちろんのこと、お出かけ時には日焼け対策にも◎。「だっこひも用 ブランケット」はクリップで留めるタイプなので、どんな抱っこ紐にも使えそうとのこと。
『ニトリ』のNクールシリーズは定評があるので、猛暑を乗り越えるアイテムとして期待できそうです!

関連:小児科医が解説★梅雨前後は熱中症になりやすい!?乳幼児も注意を!

屋外ではもちろん、おうちなどの屋内でも熱中症になる可能性があります。それぞれに合った暑さ対策グッズを取り入れて、大人も子どもも熱中症にならないように気をつけましょう。(文・岡本梓)


※記事内容でご紹介している投稿、リンク先は、削除される場合があります。あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事