1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 授乳
  5. 前田敦子・母乳にこだわり過ぎた自分が、産後3カ月でのケガで変わったこと

前田敦子・母乳にこだわり過ぎた自分が、産後3カ月でのケガで変わったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


育児雑誌『ひよこクラブ』で好評連載中の「前田敦子さんのチーム育児」。2回目は母乳とミルクのお話です。

「せめて半年は完母でいきたい」と思っていました

私が出産した産院は、“完母 (母乳のみの授乳) ”を推奨する感じではありませんでした。むしろ、 「ミルクでも栄養は十分とれるし、ママが無理のないスタイルで!」と、アドバイスしてくれたんです。

だけど、自分の母が完母だったと聞いて、妊娠中から私もそうしなきゃ!となぜか、思い込んでしまって…。仕事もあるけど、せめて半年間は母乳だけで!と初めての母乳育児にとても張りきっていました。

仕事は、産後1カ月半から少しずつ再開し、そのたびに息子を現場に連れていっていましたが、合間に授乳をするのは、正直、とても大変でしたね。衣装を着ている間は、母乳でぬれないようにも気を使いました。

せめて仕事中だけでもミルクにして、ほかの人にお願いすればよかったのに、と今となっては思うのですが、当時はその発想もなく…。

けががきっかけでミルクにも頼れるように

そんな私が混合授乳に切り替えたのは、産後 3カ月のとき、ひざを骨折して、入院したのがきっかけです。

初めて母に息子を預け、子どもと離れ離れになったんです。薬を飲んでいたので、搾乳ができない時期も1週間ほどありました。すると体の状態がみるみる変わり、母乳が出づらくなって。いろいろな面で、完母を続けるのが厳しくなったんです。それでミルクをたしたのですが、息子はすぐに哺乳びんに慣れて、たくさん飲んでくれるように。

その姿を見て「あ、これで大丈夫なんだ」と思いました。こだわっていたのは自分だけで、息子はどちらでもよかったんだって。

もちろん、母乳には免疫物質が含まれると聞くので、あげられた時期があったのはよかったと思います。ただ、何がなんでも母乳をあげなきゃ!という状況は、知らず知らずのうちに自分のプレッシャーになっ ていたみたい。

今、振り返っても、最初の3カ月はいちばんきつかったです。私の場合、産院をはじめ、いろいろな先輩方から「完母にこだわると大変だよ」とアドバイスをもらっていたのにね (苦笑) 。


自分が経験して、本当に大変と思い知らされないとダメみたいです。皆さんのアドバイスどおり、ミルクに頼り始めてからのほうが、完母にこだわっていたときよりも肩の力が抜けて、育児を楽しめるようになった気がします。

(撮影/有坂政晴[STUH] スタイリング/清水けい子[SIGNO] ヘア&メイク/熊谷美奈子 取材・文/江原めぐみ 構成/ひよこクラブ編集部)

母乳育児で悩むママは多いですが、前田さんもその一人だったとのこと。息子さんがすぐに哺乳びんに慣れた様子を見て安心したといいます。
「ひよこクラブ」では、ママの負担軽減をめざし、人やサービス、便利グッズに頼りつつ、みんなで赤ちゃんを育てようという子育ての形を「チーム育児」として提案しています。「前田敦子さんのチーム育児」の連載は、本誌4月号まで続きます。

■profile
1991年7月10日生まれ。2012年にAKB48を卒業後、映画やドラマ、CMなどを舞台に女優として活躍中。プライベートでは、18年に俳優の勝地涼さんと結婚し、19年に出産。9カ月(取材時)の男の子のママ。


主演ドラマ放送中
NHK〔総合〕毎週土23:30~ よるドラ『伝説のお母さん』 新米ママとしてワンオペ育児に奮 闘する、伝説の魔法使いメイ。 魔王の封印が解かれ、国王はメ イを含めた伝説の一行に魔王討 伐の命を下すが、メイは早速、待 機児童問題にぶち当たり…!?


【前田さん】ニット3万8000円(THE SHINZONE☎03・6433・5837)
【ベビー】カバーオール[6カ月]1万1000円(SAYEGUSA☎03・3573・2441)

■参考/「ひよこクラブ」2020年3月号連載「前田敦子さんの私のチーム育児」

ひよこクラブ3月号

ひよこクラブ2月号の表紙に引き続き、3月号でもカバーを飾った前田敦子さん。読者モデルの赤ちゃんにやさしく語りかけていて、スタッフ一同ほっこりしました。

■おすすめ記事
押切もえさんの息抜き育児スタイル 【動画】メッセージつき

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/