Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 0歳
  4. 子どもが作った工作や絵を片づけたい!プロに聞く整理術

子どもが作った工作や絵を片づけたい!プロに聞く整理術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スクールガール風カットアウトの描画のクラス、北京
XiXinXing/gettyimages

今年もまた新生活のスタートを迎える季節がやってきます。リフレッシュした気持ちで新年度を迎えるにあたって、家の中のモノを見直して整理するのに適した時期です。新年度を子どもの成長のひとつの節目と考えて、今まで作った子どもの作品を整理してみましょう。収納コンサルタント・ライフアレンジニストの有賀照枝さんに整理のコツを聞きました。

有賀照枝
収納コンサルタント・ライフアレンジニスト
株式会社ハート・コード代表取締役。部屋磨きは自分磨きをモットーに家事代行サービス・整理収納事業を展開。著書に「片付けが苦手な子が驚くほど変わる本」(青春出版)

まずは作品を仕分けることから始めよう

子どもの作品が処分できず、家中のあちこちにたくさん飾ってあったり、子ども部屋に積み重なっていたりするのは、子どものいるご家庭ではよく見聞きするお話しです。
子どもが小さいうちは立体的な作品はそう多くはないかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて、工作や大きな絵など場所をとる作品も増えてきます。まずは子どもの作品を家じゅうから集めてきて、全部でどのくらいの量があるかを把握してみましょう。

作品を集めたら、それらを「いま飾っておく作品」「保管する作品」「処分してもよい作品」の3つにわけていきます。
小さい子どもの場合こういった判断はなかなか難しいので、残すか処分するかの判断をママやパパがすることになると思います。しかし私たち親が思っている以上に小さな子どもでも上手に仕分けできることもあります。また親から見ればとるに足らない作品でも、子ども本人にとっては思い入れがあるものである場合もあります。子どもと作品についてお話しながら仕分けていきましょう。

収納のポイントは量と場所を決めること

作品を保管するときは、保管する量やスペースをあらかじめ決めておくことがポイントです。フタつきの収納ボックスに収めておけば、保管する量も決められるし、重ねてスタッキングして収納もできて便利です。春休みや新年度などタイミングを決めて、年に1回程度は必ず見直して保管量の調整を行いましょう。
箱に入りきれないほど大きな作品や保管するのに場所をとってしまう作品は、写真に撮ってデジタルデータとして保管するのもおすすめです。

子どもの作品を飾る専用スペースを用意しよう

家のあちこちに作品を飾るのもよいのですが、作品を入れ替えたり管理したりする手間を考えると、家の決まった場所に作品を飾るためのスペースを設けたほうがいいでしょう。スペースが決まっていたほうが、子ども自身も「自分が作った作品はここにある」「新しいものを飾ってくれている」とわかって納得感が増します。また子どもが自分で飾る場合にもママも指示がしやすいし、子どももどこに飾ればいいか判断がつくようになります。

作品を飾るスペースは家のどこに決めてもいいですが、おすすめなのはリビングや玄関です。
家族が集まるリビングは、つねに家族みんなの目に触れやすく、新しい作品に変わった時などに話題にあげやすいでしょう。
玄関は家から出入りする時に必ず通る場所なので、同じく家族の目に触れやすいです。なお玄関に子どもの作品を飾る場合は、家族と地域との関連性を考慮しましょう。ご近所のかたなども目に触れる機会があるでしょうから、コミュニケーションをとるきっかけになったり、子どもがいる家庭だとわかるので地域のかたが子どもを見守ってくれることにつながったりすることもあり得ます。
作品スペースにはいつまでも古い作品を飾っておくのではなく、いま旬の子どもの作品を飾るようにしましょう。できれば新しい作品ができた時、園や学校から家に持って帰ってきた時に、子どもと一緒に作品の写真を撮って飾るとよいと思います。作品が完成してからの期間が短い方が、その作品を作ったときの出来事や気持ちが新鮮に思い出せて親子の会話もはずみ、よい笑顔で写真が撮れると思いますよ。

年度末、園や学校から一年分の作品を持ってかえってくるお子さんも多いのではないかと思います。新年度をスッキリとした気持ちで迎えるためにも、子どもの成長に喜びをかみしめながら、親子で作品を整理してくださいね。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。