Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. りゅうちぇる「息子のイヤイヤ期でイライラしている自分にイライラ」行き着いた乗り切り方

りゅうちぇる「息子のイヤイヤ期でイライラしている自分にイライラ」行き着いた乗り切り方

「昨日、このヘアスタイルに変えたばかりです~!」とかわいいオレンジヘアで登場した、タレントのりゅうちぇるさん。もうすぐ2才の男の子を子育て中ということで、イヤイヤ期について聞いてみると、真剣に「わかります! うちもまさに今です」との答えが。自身の経験談もまじえながら、どのように子どもと向き合っているかををじっくりと語ってくれました。


イヤイヤ期は本当に大変と実感

子育て奮闘中のママ・パパたちが直面するイヤイヤ期”に関するお悩み。りゅうちぇるさん、ぺこさんも同様にその試練にぶつかっているそう。
あるママから届いた 「2才の男の子を子育て中なのですが、なんでもかんでもイヤーッとなった場合、どう対応していますか?」というな悩みについて、りゅちぇるさんに聞いてみました。


「今、リンクも絶賛イヤイヤ期で、『ヤバイ』んです!』とりゅうちぇるさん。


りゅうちぇるさん(以下敬称略) リンクのイヤイヤが始まったのは、2~3カ月前から。イヤイヤスイッチが入ったら、一日中機嫌が悪い日もあります。よかれと思ってやってあげたことに対しても「NO!」とめっちゃ怒りながら泣いたり。

とくに困っているのは、公園でお友だちと遊んでいて、たとえばその子がリンクのおもちゃを使うと、ダメ!と激しく言うところ。

でもイヤイヤって成長段階のひとつ。うん、リンクだってひとりの人間だしと、頭ではわかっていても、ついイライラしちゃう。毎日生活していくなかで、こんなにかわいい大切な存在なのにイライラしちゃう。…僕は、そんな自分にイライラしてしまって、僕たちは、みなさんとおなじように、ここんとこ毎日自分自身と闘っています。

このあいだぺこりんが公園で別のママから「うちはもう終ったよ」と教えてもらって、ああ、いつか落ち着くんだとふたりでほっとしたり。

――いろいろあったのですね。この数か月で、乗りきり方がわかったり、考えの変化などはありましたか?

りゅうちぇる こんな時期だから、と割りきって接するのもひとつの方法ですが、僕が大事にするようになったのは、リンクを怒ったあとのアフターケアです。

怒った理由をきちんと説明したあと、「でもね、なにがあってもリンクが大好き!」「リンクがいてくれて幸せなんだよ」「いつでも味方だからね」と言葉で伝えるようにしています。


――ママやパパの中には、心が折れてしまう人も多いようですが…。

りゅうちぇる 確かに、こんな親でいいのかって悩んだり、自信をなくしたりすることもありますよね。実は僕、この件で沖縄にいる母に相談したことがあるのですが、「りゅうのイヤイヤ期だったころが恋しい」としみじみ言われたんです。それを聞いた時、はっと“今は大変だけど、この時期は一瞬だからこそかみしめて楽しまなきゃ”って思えたんです。

リンクが生まれてからは、心がじゅわ~っとあったまる幸せが増えているし、確実に人間力を上げてもらっている、これはきっと皆さんもいっしょですよね。その気持ちと同じく、今も大事にしたい。だから全国のママもパパも、おたがい無理はしないで“今”を楽しんでいきましょうね!

親子でハッピーになれる用、いろんなことに挑戦したい

イヤイヤ期のような大変なときも、大きな愛で家族を包みこむ存在でありたいと願うりゅうちぇるさん。

そんな家族思いのりゅうちぇるさんが「親も赤ちゃんもめちゃめちゃハッピーになれそう!」と楽しんだのが『BABY DAKKO DANCE』。

曲は、RYUCHELL名義で配信した『Link』。90年代初頭に流行(はや)ったポップなサウンドに、ぺこさんとリンクくんへの愛がギューッと詰めこまれた曲で、そのサビ部分に誰もが楽しめるカンタンな振付がされています。

もともと、昨年開催された渋谷音楽祭で大好評だった「Babywearing Dance」に出演したりゅうちぇるさん。

「Babywearing Dance」とは抱っこ紐で抱っこした赤ちゃんとママやパパが楽しんでダンスをすることで、公共施設などで泣いている赤ちゃんへの周囲の反応や、マタニティマークをつけた妊婦が遭遇しがちなトラブル、保活など、子育てを取り巻く社会の空気をポジティブに変えていこうという活動のこと。

今回りゅうちぇるさんが登場した『ひよこクラブ公式オンラインサロン』オープン記念ライブ配信では、その「Babywearing Dance」のひよこクラブ版「りゅうちぇると踊ろう!抱っこ紐ダンス『BABY DAKKO DANCE』」が開催されました。

振付を担当したのは、ピラティスのインストラクターとしても活躍中のダンサー、TAMA先生。自身も3歳の女の子のママ。「赤ちゃんもママやパパも楽しむのがこのダンス、腰が据わった子は抱っこ紐で、まだねんねちゃんは横になったままでで。妊婦さんは座りながらでもできるよう、どなたでも参加しやすい振り付けにしました」とのこと。


りゅうちぇるさんも「簡単に踊れるし、心地よい揺れで赤ちゃんもウキウキできそう。体がじんわりあったまっていい運動になったうえ、なんだか癒やされちゃいました」とコメント。

ひよこクラブ公式オンラインサロン(無料)では、『BABY DAKKO DANCE』の動画投稿コンテストも開催中。


取材・文/三宅桃子 構成/ひよこクラブ編集部

2回目のりゅうちぇるさん出演のライブ配信は、7月8日(水)、ひよこクラブ公式オンラインサロンと、たまひよ公式You Tubeで同時配信の予定。テーマは『みんなでお祝い! リンクくん2才のお誕生会』。ゲストはりゅうりぇるさんに加えて、りゅうちぇるさんのインスタでおなじみののぺえさん!  「仲よしだからこそ知っているぺこ&りゅうちぇる一家のトークを楽しみにしてください」と、りゅうちぇるさん。




りゅうちぇる


Profile
1995年生まれ。テレビ番組を中心に多方面で活躍。「RYUCHELL」名義で歌手活動も行い、初アルバム「SUPER CANDY BOY」が発売中。YouTubeチャンネル「RYUCHELL」もチェック。

TAMA

Profile
大西珠美 ダンサー、振付師のほか、ピラティスのパーソナルインストラクターとしても活躍中。インスタグラムのアカウントは @_tamapilates






■おすすめ記事
シンプルライフ研究家マキさん たたまない、拭かない「しない家事」のすすめ

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。