Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 日記・マンガ
  4. 子宮がおなかの上に!自分の帝王切開を観察?外科医で3児のママさーたりさんにインタビュー

子宮がおなかの上に!自分の帝王切開を観察?外科医で3児のママさーたりさんにインタビュー

自分で自分の帝王切開を観察するさーたりさん

Twitterのフォロワーが3万人超えのさーたりさんは、外科医であり3児のママでもある人気ブロガー。外科医の仕事や、夫のるるさん、長女のむ〜ちゃん(9才)、次女な〜ちゃん(6才)、長男しょ〜くん(3才)との日常を漫画にしています。育児に仕事に翻弄されながらも、明るく面白く描かれたさーたりさんの漫画は、「前向きになれる」「働くママにみて欲しい」と育児中のママの間でファンを増やしています。

インタビューの前編では、さーたりさんが妊活をするようになったきっかけや、1人目出産当時のエピソードを紹介。こちらの後編では、医者のさーたりさんならではの保活エピソードや、衝撃の2人目出産のエピソードをお聞きしました。

働いていても点数が足りず…難航した保育園探し

――さーたりさんが苦労したという“保活”についてお聞かせてください!

「1人目出産のときは夫婦とも大学院生で(医者は働きながら大学院に進むのが通常)学生結婚扱いで点数が足りませんでした。2人目のときは引っ越したばかり&私が無給医で就労証明がとれず、やはり点数がたりませんでした……。最終的には院内保育所や、待機児童になったのちにキャンセルが出てなんとか入れたのですが、もっとあらかじめ調べておけばよかったです」

なんとかなると思っていた保育園探しに苦戦

外科医・さーたりさんの保活は大変だった?!

外科医の性?!「自分の帝王切開を見たい!」

――2人目は逆子で帝王切開をしたというさーたりさん。なかでも「自分の手術を見たい」と自身の勤め先の大学病院の産婦人科にお願いしたというエピソードが印象的でした。実際に帝王切開を体験されて、体調や気持ちの面で変化はありましたか?

自分の帝王切開の手術を必死で見るさーたりさん

自分で自分の帝王切開を見守るさーたりさん

「自分の帝王切開を見た話は今まで一番反響がありました。いつもは“おなかを切ってみている側”なので『自分の内臓はどんな感じなんだろう』という純粋に人体への興味がありました。開腹手術はたいてい全身麻酔なので見れませんが、帝王切開は脊髄麻酔で意識はあるので見れるかも…と思って。

いつも手術するほうなので、される側になってみて患者さんの気持ちがよく分かりました。手術後は痛くても頑張って歩かないと腸が癒着してしまうんですが、それを解っていても痛くて痛くて歩けませんでした。自然分娩より帝王切開が楽なんて嘘だし、術後の患者さんには今まで以上に優しくしようと誓いました」

帝王切開後、患者さんの気持ちを痛感…

さーたりさんインタビュー

仕事を辞める前は“10年後に後悔しない”選択を

――現在3人のお子さんを育児中のさーたりさん。育児中で大変だと思う瞬間と、よかったなあと思う瞬間は?

「3人同時に私に用事があって喧嘩している時や、自分のことがすべて後回しになってしまうのが大変ですが、3人が仲良く遊んでいると『平和で幸せだなあ』と思います」

あっという間に育っていく3人目のしょ〜くん

さーたりさん、3人目の成長はあっという間!

――働きながら育児をしているママたちにひとことエールをいただけますか?

「仕事している自分も、育児している自分も等しく大事にして欲しいです。疲れたり、つらくなると『もう仕事を辞めるしかない』とか0か100かの選択をしがちですけど、ちょっと立ち止まってみて“10年後後悔しないか”どうかを考えてみて欲しいです!」

医療情報を漫画でわかりやすく届けたい

――さーたりさんが今後漫画を通して読者に伝えていきたことは何かありますか?

「育児のことも仕事のことも、笑えつつも前向きになれるような漫画を描いていきたいです。あとは敷居が高そうな医療情報をわかりやすく、楽しんで伝えるような漫画も描きたいなと思います!」

『外科医のママ道!』

『外科医のママ道!』さーたり

3人の育児に仕事に前向きに取り組むさーたりさんの漫画は、働きながら育児をするママたちの気持ちを自然と勇気付けてくれます。忙しくて疲れてくじけそうな時もたくさんあるけれど、周りの協力を仰ぎながら、ママとしての自分も、仕事をする自分も両方大切にできたら本当に素敵なことですよね。

さーたりさんの漫画は、育児のほかにも外科医の仕事やオタ活の話など面白いエピソードがいっぱいです。ぜひブログや本でチェックしてみてくださいね♪(文・清川優美)

プロフィール /さーたり
専門は消化器外科、特に肝臓・胆嚢・膵臓、移植外科の医者。同期の夫と結婚し出産。現在3児(小4女子、6歳女子、3歳男子)を絶賛子育て中。ブログ『腐女医が行く!』、書籍『外科医のママ道! 腐女医の医者道!エピソードゼロ』が発売中。

■おすすめ記事
食べ物の好き嫌いには個人差アリ!元保育士の漫画家・でこぽん吾郎さんにインタビュー【前編】

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。