SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 幼稚園・保育園
  4. 入学準備 「ひらがな」「とけい」は、覚えるのに時間が必要! 4.5歳に教える2つのコツ

入学準備 「ひらがな」「とけい」は、覚えるのに時間が必要! 4.5歳に教える2つのコツ

小さな女の子は、彼女の手に目覚まし時計と灰色のバニーぬいぐるみスリープマスクを身に着けている白い毛布の下で朝起きます。子供の睡眠体制の時間。幼稚園への早起き。ママの毎日の�
※写真はイメージです
Irina Velichkina/gettyimages

「年中さんの今から、そろそろ入学準備を始めたい」と考えているママやパパもいるのではないでしょうか。しかし「何から始めたらいいのかわかない」という声も。年中さんの今から、始める入学準備について考えてみませんか。

「ひらがな」「とけい」は、覚えるのに時間が必要! 余裕をもって教えて

小学校と幼稚園・保育園の大きな違いは、国語や算数などの授業が始まるだけではありません。

小学校に入学すると、
●休み時間の間にトイレに行ったり、体操着に着替えたりするなど、自分で時間を意識しながら動く

●翌日の持ち物や宿題などは、連絡帳に自分で記入する
など、自分から行動することが求められます。

そのため年中さんの今から、入学準備をするなら、まずは「ひらがな」と「とけい」から始めるのがおすすめ! この2つは、覚えるのに意外と時間がかかります。年長さんの子をもつ先輩ママからは、次のような声も聞かれます。

●うちの子は、アナログ時計がまだ読めません。今朝も、急いで準備をしてほしくて「今、何時かな?」と聞いたところ答えられず…。「もう8時半だよ」と教えても、「違うよ!」と言い返してきました。こんな調子なので、どうやって教えたらいいかわからなくて…。

●娘は6歳ですが、ひらがなが全部書けません。書けるのは自分の名前と、「か」、「ひ」、「し」などです。また「ちえ」と名前を書くとき、必ず「えち」と書きます。何回言っても直らないし、書ける文字は増えないし…。年長さんだからあせってしまいます。

楽しく継続して学べる! 「ひらがな」「とけい」教え方のコツ

年中さんに「ひらがな」「とけい」を教えるにはコツが必要です。楽しく、継続して学べるポイントを紹介します。

【Point1】「ひらがな」は、遊びの要素を取り入れながら楽しく教える

年中さんにひらがなを教えるには、ママやパパが先生役になって教え込んだり、ワークなどを使ってお勉強モードで教えたりすると続かないことが多いもの。
ひらがなが書けるようになるには継続が必要なので、遊びの要素を取り入れながら楽しく教えて。たとえば親子でお手紙交換をするのもおすすめです。

【Point2】「とけい」は、子ども用のアナログ時計を用意するとやる気がアップ!

年中さんは、15分や半などはまだ理解できないので、まずは8時、9時などぴったりの時間が読めればOKと考えて。ただし小学校では、アナログ時計が主流なので、家庭でもアナログ時計で練習しましょう。文字盤が見やすい子ども用の時計を用意してあげると、やる気アップにつながります。
また時計が読めるだけでなく「7時になったら片づけよう」など始まりの時間を意識して行動することを教えていきましょう。繰り返すことで、だんだん時間を意識できるようになります。

入学準備というと「年長さんになってから始めてもいいのでは!?」と考えるママやパパもいるでしょうが、年長さんになって一度にいろんなことを覚えるのは、子どもにとっては大変です。またママやパパが思う以上に、習得に時間がかかるものもあります。そのため余裕がある年中さんの今から、少しずつ教えていくのがおすすめです。


取材・文/麻生珠恵
取材協力/こどもちゃれんじ

※文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿からの抜粋です

■おすすめ記事
「ひらがな」「数」だけではない、年中さんに教えたい7つのこと

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。