SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 出産
  4. 陣痛
  5. [妊娠10カ月]知っておきたい陣痛~出産後の流れ

[妊娠10カ月]知っておきたい陣痛~出産後の流れ


妊娠10カ月、臨月ですね。いよいよ出産も迫ってきました。そろそろ赤ちゃんもおなかから出てくる準備を始めているはず。いつそのときが来てもいいように、入院準備に加えて、出産に向けての心の準備もしておきたいですね。陣痛はどのようにやって来るのか、痛みに耐えられるかなど、陣痛の感じ方や出産の流れについて、不安に感じている人も多いようです。実際に出産を体験した先輩ママからのリアルな出産エピソードを参考に、頭のなかでシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。また出産後、病院に入院中の過ごし方についても予習をしておきましょう。

先輩ママの「陣痛」体験談

「陣痛」は、赤ちゃんが生まれるために必要な痛みと理解していながらも、どのくらい痛いのか、耐えられるのかと不安に感じますよね。痛みの強さや感じ方は人それぞれ。陣痛がやって来たときに落ち着いて対処できるように、事前に知識を身につけておくと安心です。実際に陣痛を体験した先輩ママたちからは、「赤ちゃんを見たら陣痛の痛さなんて忘れた」という心強い意見もあります。先輩ママから寄せられた陣痛に関するさまざまなエピソードを参考に、これから迎える出産に向けて心の準備をしておきたいですね。

【夫の腕をしぼりながら「無理!」を連呼】
理想は助産師さんに励まされて感動の出産!…のはずが、予定日の2週間前の寝起きに破水。想像以上の痛みに、立ち会い予定のなかった夫の腕をしぼりながら「無理」を連呼していました。あまりの激痛に「これから無痛にできませんか?」と、無理なお願いもしていました

【5分で出産!痛みはほぼ感じなかった】
陣痛3分間隔でもごはんを完食。食後「トイレに行ってもいいですか?」と聞いたら、助産師さんからストップが。そのまま分娩室に移動し、5分で出産。あっという間すぎて痛みはほとんど感じなかったです。わが子を見た瞬間、「かわいいー!」と言うはずが「しわくちゃー!」と叫んだのはいい思い出です。

【記憶があまりない!】
がんばって陣痛に耐えるつもりだったのに、病院に着くころ、日付が変わる時間だったので睡魔に負けてしまいました。1、2分の間隔でイビキをかいて寝ていたようで、痛かったことさえも曖昧な記憶です。

先輩ママの「出産」体験談

出産は「十人十色」とよく言われます。病院に到着する前に生まれそうになった人もいれば、超難産で2日以上かかったという人、自然分娩の予定が緊急帝王切開になった人など、本当にいろいろな状況があるようです。また、パパが病院に到着するのを待っていてくれた赤ちゃんや、産声をあげるまでに時間がかかった赤ちゃん、出産してすぐに先生におしっこをかけた赤ちゃんなど、生まれてくる赤ちゃんもさまざま。先輩ママの体験がそっくりそのまま自分に当てはまるわけではありませんが、いろいろな状況があるということを知っておくと、自分の出産で何か想定外のことが起きたときにも、気持ちを落ち着かせることができるかもしれません。

【夫が一度家に帰っている間に…】
初産でしたが超安産でした。夕方、破水をして病院へ着いて2時間、分娩台に乗って10分で生まれました!「日をまたぐよ」とアドバイスを受けていたので、夫は仕事のあと、一度自宅へ。病院に着いたのは分娩台へ上がるギリギリ。最後の10分だけ立ち会いました

【緊急帝王切開になりました】
破水して入院。1日目は陣痛が来なくて暇でした。次の日に促進剤。3日目にバルーンを入れて促進剤。ここから猛烈な痛みが来ましたが、胎児の心拍が下がってきているとのことで帝王切開になりました。手術室に入る前に、夫の手を探したことは覚えています。

【頭を押さえられながら分娩室へ】
陣痛が一気に進み、出てくる頭を押さえられながら分娩室へ。自分でお股を見て性別を確かめたかったので、性別言わないでー!お股見せてくださーいと言い続けていました。パンツを一瞬で脱ぎ捨て分娩台に乗った瞬間、生まれました。

お見舞いはいつだれにきてもらう?

無事に出産が終わると、赤ちゃんの誕生を待っていた家族や親せき、友人から、さっそく赤ちゃんに会いたいとの連絡が入ることも。人それぞれで考え方も違うようですが、入院中はまだ体が回復していないうえに、スッピンの顔やパシャマ姿を見られ、写真を撮られることもあるので、お見舞いに抵抗を感じる人も多いようです。だからといって退院後、掃除もままならない自宅に呼ぶのも少々ストレスに感じるという声もありました。
ウィメンズパーク会員の皆さんのアンケートによると、入院中にお見舞いに来てもらうのは、「夫」と「両親」が圧倒的に多いようです。親せきや友人に来てもらうことに抵抗があるようであれば、そのことをあらかじめ夫や両親、友人などにそれとなく伝えておくといいかもしれません。

【両親と夫】
帝王切開後だったので術後2、3日後までシャワーにも入れず、両親と夫以外は来てほしくなかったです。病院着やスッピンを見られるのはいいのですが、おなかの傷が痛み、ベッドから起き上がるのがやっとだったので、気をつかい疲れました。

【夫のおばさん家族に】
産後2カ月のころ、夫のおばさん家族が8人で押しかけてきたときはつらかったです。いっそのこと、入院中に来てくれたら掃除もおもてなしもしなくてよかったのに、と思いました。

臨月に入り緊張感が高まってくる時期かとは思いますが、先輩ママのアドバイスからお産の流れを確認し、心の準備をしておけるといいですね。

※投稿内容は投稿者の個人的な見解・体験に基づくものですので、あくまでもアドバイスとして参考にしていただき、症状などについては医療機関にご確認ください。

※文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。