1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 帝王切開分娩後の入院生活【出産のための基礎知識】

帝王切開分娩後の入院生活【出産のための基礎知識】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kieferpix/gettyimages

帝王切開分娩での出産でも、入院中は基本的には経腟分娩したママと同じ生活を送ります。痛みはありますが、ママの体の状態がよければ、体をどんどん動かしましょう。赤ちゃんのお世話も積極的に行いましょう。
※入院スケジュールは産院により異なります。

1日目

血栓予防のため早めに体を動かします

血栓症を予防するため、通常は手術の翌日から歩行を始めます。最初は看護師のサポートを受けながらゆっくりと体を起こし、少しずつ歩いてみます。

食事は流動食から始めます

食事の開始は麻酔の種類によって多少変わる場合もありますが、基本的に腸の動きが確認できれば流動食からとり始めます。少し体を動かして腸を刺激し、聴診器などで腸がグルグル動いているのを確認できれば食事が開始となることもあります。

トイレまで自力で歩いていきます

歩行を始めたら、夕方くらいまでに看護師の付き添いの下、トイレまで自分で歩いていき導尿カテーテルを取ります。歩くのは大変ですが、動いたほうがその後の回復も早く、楽になれるので頑張って。経腟分娩のママと同じように悪露(おろ)もたくさん出ています。不安や心配ごとは看護師さんになんでも聞くようにして。

0~3日目

赤ちゃんのお世話が始まります

ママの体の回復具合にもよりますが、少しずつ赤ちゃんのお世話を始めます。おなかの傷が痛くて授乳が大変なときは無理に抱っこせずに、助産師や看護師の手を借りて、たとえばベッドで横になりながら授乳してみるなど、工夫してみましょう。母乳は産後24時間以降から出始めることが多く、経腟分娩となんら変わりはありません。

おなかに力を入れるのが大変

体は思うように動かず痛みもあるので、赤ちゃんを抱き上げるのも、少し腰をかがめるおむつ替えも大変。でも、日に日にできることが増えていくからあせらないで大丈夫。

シャワーは傷の具合によって

シャワーは、ママの体調や、傷の回復具合を見て許可が出ます。早ければ2日目から、通常は3~4日目くらいから許可が出ます。それまでは看護師が温かいぬれタオルを持ってきてくれるので、それを使って体をふきます。

4日目~退院

いろいろな指導を受け退院準備をします

痛みがだんだんと治まっていくと同時に、経腟分娩のママと同じようにいろいろな指導を受けます。

おむつ替えは授乳の前後に行います

最初はかがんだ姿勢でするおむつ替えはつらいことも。ママが楽にできる姿勢を見つけながらやってみて。

授乳は出が悪くてもあせらないで

母乳の出には個人差があります。出が悪くても悩まないで。授乳のときに赤ちゃんがおなかを蹴ったりして傷が痛むときは、クッションを使ったりラグビー抱きで授乳しましょう。

沐浴練習はつらかったら無理はしないで

おなかにあまり力が入らないので、かがんだ姿勢で赤ちゃんを洗う沐浴練習はかなり大変かもしれません。その場合は、助産師のやり方を見て覚える気持ちで参加しましょう。くれぐれも無理は禁物です。

産後は気分が落ち込むことも

産後1週間前後に、ホルモンの関係で気持ちが落ち込むことがあります。帝王切開分娩の場合、産後自分の体が思いどおりに動かず、赤ちゃんのお世話が十分できなかったり、母乳の出が悪いと落ち込むことがあるかもしれません。でも自信をなくさないで。まだ子育ては始まったばかり。体が回復すればできるようになると前向きに考えましょう。

帝王切開分娩の気になること Q&A

Q.麻酔はどれくらいで切れますか?
A.腰椎麻酔の場合は術後2時間程度です

腰椎麻酔の場合は、手術後2時間程度で切れます。硬膜外麻酔は手術後に麻酔薬を注入することができ、麻酔が切れたあとの痛みを緩和できます。

Q.帝王切開分娩でも後陣痛(こうじんつう)や悪露はありますか?
A.経腟分娩と同じようにあります

大きくなった子宮が元に戻ろうと収縮するため、経腟分娩と同じように後陣痛も悪露もあります。悪露は子宮回復のバロメーターです。悪露が出ないと感染などの心配が出てきます。手術後は適度に体を動かすことが大切です。

Q.次の妊娠までどれくらいの期間を空ければいいですか?
A.できれば出産後半年を経過してから

帝王切開分娩で子宮を切っているため、切開部分の組織が弱くなっていることが考えられます。また子宮が十分に回復していないままに次の妊娠をすると、分娩時に子宮破裂の危険も。そのため、最低でも半年は妊娠期間を空けたほうが安心です。

Q.次のお産も帝王切開分娩になりますか?
A.帝王切開分娩の確率が高くなります

ママの骨盤が狭い、産道がかたいなど、ママ側に原因があった場合は次回も帝王切開分娩になる確率が高くなります。さかごや前置胎盤など、原因が赤ちゃん側だった場合は、経腟分娩が可能な場合もありますが、前回帝王切開分娩の場合は次も帝王切開分娩という産院が増えています。

Q.帝王切開分娩では何人まで出産できますか?
A.3人目までは大丈夫です

個人差もありますが、3回までは大丈夫です。それ以上になると子宮への負担も大きく、内臓の癒着なども心配されます。おなかの皮膚は同じ場所を切ることがほとんどですが、緊急時や、帝王切開分娩になった原因によっては前回と違う部位を切ることもあります。


監修:藤井知行 先生
東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学 教授
1982年東京大学医学部卒業。同年、同大学医学部産科婦人科学教室入局。85年同大学医学部付属病院に習慣流産専門外来を開設、以後責任者として運営を担当。2012年より現職に。

出産のための基礎知識
赤ちゃん誕生までの流れをつかもう
出産方法のいろいろ
お産の3つのサインをチェック
陣痛を乗りきる!コツと方法
帝王切開分娩の基礎知識
帝王切開分娩の基礎知識~手術の流れを把握しよう
帝王切開分娩後の入院生活
入院中の育児サポート
必要に応じて行われる処置
赤ちゃんが出てこられないとき
陣痛を誘発・促進するとき

出産

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る