Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 体のトラブル
  4. 【医師監修】双子妊娠ママの体重管理★トラブルを防ぐための最重要ポイント5つ

【医師監修】双子妊娠ママの体重管理★トラブルを防ぐための最重要ポイント5つ


双子妊娠は、おなかの赤ちゃん2人分だから、ママの体重増加は赤ちゃん1人のママよりハイペースになってもいいの? 
でもどこまで増えて大丈夫?
食事はどんなことに気をつければいいのでしょうか?
双子妊娠ママのための体重管理ポイントを、帝京大学医学部附属病院・産婦人科学講座・医学教育センター准教授の笹森幸文先生にうかがいました。

【記事監修】

帝京大学医学部付属病院 産婦人科准教授

笹森幸文 先生

Profile

1987年帝京大学医学部卒業。瀬戸病院付属西所沢クリニック院長を経て、2009年4月帝京大学付属病院へ。「初めての妊娠・出産には不安がつきものですが、女性には産み育てる力が生まれながらに備わっています。自分の体の変化にきちんと向き合い、人生で幾度と味わえないお産をぜひ楽しんでください」

双子でも、体重増加の目安は単胎妊娠と同じ

双子妊娠の妊婦さんも、体重増加の目安は単体妊娠の場合と変わりません。ただし、トラブルが起きやすいので、食事に注意が必要です!

体重増加の目安は、 妊娠前の体重からBMIを算出します

「双子や三つ子など、多胎妊娠の体重管理は難しいんですよ」と笹森先生。

「日本人の、多胎妊娠における体重増加の推奨値はありません」が、双子妊婦さんの体重がどのくらい増えていいかの目安については、
「おなかの赤ちゃんが1人の場合の【単胎妊娠に準ずる】というのが、一般的な考え方」なのだそうです。

単胎妊娠の体重増加の目安は、妊娠前のBMIから算出します。

BMI=体重<kg>÷(身長<m>×身長<m>)

■体重増加の目安
・BMI 18.5未満:+9~12kg程度
・BMI 18.5~25未満:+7~12kg程度
・BMI 25以上:個別対応。+5kg程度が一応の目安

双子妊娠はむくみやすいため、 体重が増えやすい

双子ママは、「赤ちゃん2人分の体重」+「単胎よりも多い羊水(ようすい)」の分、体重が増えやすい状態。しかもむくみやすく、体重が一気に増えがちです。

「むくみは血圧が上がる、尿たんぱくが出る、などの症状がない限り、それほど心配する必要はありません。
体重が増えすぎてしまったからといって、ママは自分を責める必要はないんですよ」と笹森先生。

「それよりも注意したいのは、妊娠高血圧症候群などの合併症です。
多胎妊娠は、合併症のリスクが高いので、バランスのよい食生活で必要な栄養をとり、予防に努めてください」。

双子妊婦さんが体重管理で気をつけたいポイント

1 妊娠高血圧症候群になりやすいので、塩分のとりすぎに注意
塩分のとりすぎは、「妊娠高血圧症候群」の発症に関連しているといわれています。カロリーは適正で、塩分は控えめの食事を心がけましょう。
外食やインスタント食品、ファストフードは、塩分のとりすぎにつながるので、控えるのが賢明。ビタミンやカルシウムもしっかりとることが大切です。

2 貧血を防ぐため鉄分はしっかりと
妊娠中は血液中の水分が増えるので、「鉄欠乏性貧血」になりやすくなります。双子ママはとくにその傾向が強くなるので、貧血には十分注意して。
ママの貧血は、赤ちゃんの発育不全を招くことがあります。普段の食事から、鉄分をとることを意識しましょう。

3 むくみやすいけれど、水分は制限しない
妊娠中は血管から外に水分が流出しやすくなるため、むくみやすい状態です。むくみが出ても血圧が上がる、尿たんぱくが出るなどの症状がない限り、それほど心配する必要はありません。むくむからといって、水分を制限することはやめましょう。むやみに水分を制限すると、血栓症のリスクが高まり危険です。

4 一気に食べられないなら、5食、6食に分けて食べる
双子ママは、早いうちからおなかが大きくなるので、胃が圧迫されて食が進まない人も多いようです。
「食べすぎ」よりも「しっかり食べられない」ことのほうが心配。1日3食にこだわらず、小分け食べにして、必要な栄養をとりましょう。

5 妊娠28週以降は、積極的に運動しなくてOK。おなかの張りに注意
双子妊娠は早産になりやすいので、「運動すること」よりも「無理しないこと」のほうが大切です。
「ウォーキングしておなかが張るなら、すぐにやめて」と笹森先生。
「とくに28週以降は、積極的に運動する必要はありません。ただし、足首を動かすなど、血行は促して血栓症を予防しましょう」とのことでした。

監修いかがでしたか?
もし体重が一気に増えてしまっても、自己判断で食事制限したり、運動を頑張りすぎて無理をするのは危険です。産婦人科医の指導の下で、バランスよく栄養をとることと、塩分を控えることが大切なのですね。(文・たまごクラブ編集部)

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

初回公開日 2017/05/22

妊娠・出産におススメの本・アプリ

最新! 妊娠・出産新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「今すること」と「注意すること」を徹底解説!陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんのお世話も写真&イラストでわかりやすく紹介します。

Amazonで購入

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数や生後日数に合わせて、赤ちゃんの成長や、専門家からのアドバイスなど、妊娠日数や生後日数に合った情報を“毎日”お届けします。妊娠育児期にうれしいおトクなクーポンもあります。

ダウンロード(無料)

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。