1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 「もらえる」&「戻る」お金を確実にゲットするためのポイント【妊娠・出産 お金の話】

「もらえる」&「戻る」お金を確実にゲットするためのポイント【妊娠・出産 お金の話】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Rostislav_Sedlacek/gettyimages

公的なサポートを受けるためには、手続きのしかたやタイミングを押さえておきましょう。

もらえる金額はケースバイケース

ひとつのサポート(制度)でも、健康保険の種類や組合団体、自治体によって、サポートされる金額は異なることがあります。出産育児一時金の場合、基本は42万円ですが、加入している健康保険によっては、プラスアルファがつくこともあります。乳幼児の医療費助成も自治体によって助成内容はまちまちで、全額助成となるところもあれば、一部自己負担のところもあります。

 対象年齢も3才までというところもある一方で、中学校卒業までというところもあります。
また、これらのサポート内容はしばしば改正されるため、常に最新の情報を確認しておく必要があります。

手続き方法も窓口によって異なります

各サポートは、健康保険、公共機関、市区町村役所など、窓口がそれぞれに異なっているもの。産後はパパが手続きをすることが多いので、どんなサポートがどこを窓口としているか、妊娠中から一緒に確認しておくといいでしょう。また、これらのサポート手続きの多くは、期限が設けられています。もらい損ねないためにも、期限は要チェックです。

段取り上手ママへの5つのポイント

1.情報収集は妊娠中からスタートしよう

時間のある妊娠中から情報収集はスタート。本やインターネットなどで、しっかり集めておきましょう。最新情報の確認も忘れずに。

2.手続きを一覧表にしておくと安心

手続き時期や手続きの方法、窓口などを時系列に一覧表にしておくといいでしょう。パパにもわかるところに貼るなどしておいて。

3.わかりにくいときは遠慮なく相談を

自分がもらえる対象なのか、わかりにくいことも多いでしょう。同じ人は多いので、遠慮せずに役所などの窓口で相談してみましょう。

4.申請書類は事前にもらっておくのが鉄則

産前産後の公的サポートには、産院で記入してもらう欄のあるものも多いもの。事前に入手し、入院前に必要な欄には記入しておいて。

5.領収書は必ず保管しておこう

健診・分娩入院費はもちろんのこと、出産時に使ったタクシー代なども確定申告の対象。領収書類は必ず保管しておくようにしましょう。


監修:畠中雅子 先生
ファイナンシャル・プランナー
「たまごクラブ」をはじめ、多くの雑誌などでのマネー相談やセミナー講師などで幅広く活躍。3人のお子さんのママで、子育て中の家族にピッタリのアドバイスをしてくださいます。


監修:守屋三枝 先生
特定社会保険労務士
企業や個人の社会保険・労務相談をはじめ、キャリアデザインセミナー等の企業研修トレーナーとしても活躍されています。3人のお子さんのママでもいらっしゃいます。

■妊娠・出産 お金の話
妊娠・出産・育児でいくらかかる?
妊娠・出産で健康保険が適用されるケース
「もらえる」&「戻る」お金を確実にゲットするためのポイント
出産育児一時金
児童手当(子ども手当)
児童扶養手当
乳幼児の医療費助成
未熟児養育医療制度
高額療養費
確定申告(退職者の所得税還付申告・医療費控除)
出産手当金
傷病手当金
育児休業給付金
失業給付金

妊娠・出産 お金の話

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事