1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. スマホも影響!?つわりが[重くなる][軽く済む]タイプってあるの?

スマホも影響!?つわりが[重くなる][軽く済む]タイプってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


妊娠すると、多くの人が経験する「つわり」。でも、その症状はさまざまで、重い人もいれば、軽い人も。なかには「つわりがなかった」という人もいます。この違いって、いったいどこからくるの?

そもそもどうしてつわりになるの?

ムカムカと気持ち悪くなったり、いろいろなにおいがダメになったり、吐いてしまったり、食べていないと気持ち悪くなったり…。
妊婦さんを悩ませるつわりは、妊娠初期に胎盤から「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンが急激に分泌されるのが、原因の一つ。その分泌量のピークは「妊娠8~11週」で、つわりのピークと合致しています。
さらに、女性ホルモンの影響で胃腸の働きが鈍くなるほか、血圧低下、疲労感など、さまざまな症状が引き起こされるのです。

どうして、人によって症状が違うの?

つわりの症状や程度は、一般的な傾向こそありますが、人それぞれ。
つわりが重い人は「つわりがない人はいいな、自分は損してる」と思い、軽かったりなかったりする人は「つわりがあるのは赤ちゃんが元気な証拠っていうし、大丈夫なのかな?」と心配になることも…。
その違いには、ホルモンの分泌量の違いや、精神的な背景、妊娠時の体の状態もかかわっているとされています。女性の体にとって妊娠は、身体的にも精神的にも急激な変化をもたらしますが、いわば“妊娠に対する適応の度合い”が、つわりの個人差につながっているようなのです。

つわりが重い人・軽い人の傾向って?

それでは、妊娠に対する適応度は何によって決まるのでしょうか。もちろん、もともとの体質もありますが、妊婦さんの妊娠前後の体調や、そのとき置かれた環境、生活習慣などが影響する場合もあります。

<つわりが重いタイプ>
●神経質、心配性な人
●ストレスが多い人
●虚弱体質の人
●冷え性の人
●目・頭・気の使いすぎの人

<つわりが軽いタイプ>
●胃腸・肝臓が強い人
●冷え性ではない人
●運動習慣があり、体を鍛えていた人
●ストレスが少なく、心身が満たされている人

注目したいのは、精神面。とくに、「不安や過度のストレスはつわりを悪化させる」といわれています。つわりを悪化させないようにするには、できるだけリラックスを心がけ、自律神経のバランスを整えるようにするといいですね。
また、スマホやパソコンの画面の見すぎなど、目の使いすぎもつわりを悪化させます。とくに就寝前はスマホやパソコンの画面を見ないようにしましょう。
さらに経産婦さんは、上の子の育児などで必要以上に体への負担がかかりやすいため、つわりも重くなりやすい傾向があります。

つわりは自分ではコントロールできない面が多いけれど、ストレスが少ないほうが症状を軽減できるといえるようです。重いタイプにあてはまる人も、妊娠したら頑張りすぎず、なるべくストレスがかからない生活にシフトして、リラックスできる時間を増やしたいですね。(文・たまごクラブ編集部)

■監修/芥川バースクリニック 助産師 鳥越敦子さん

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る