1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 初めての胎動はいつ、どんな感じ? パパに感じてもらうには?

初めての胎動はいつ、どんな感じ? パパに感じてもらうには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Rawpixel/gettyimages

おなかの赤ちゃんの動きが子宮の壁を通してママに伝わるのが“胎動”。ママはいつ、どんなふうにわかるの? パパも一緒に感じてもらうには?「おなかに赤ちゃんがいる!」を強く実感できる“胎動”について、産婦人科医の丸茂先生に詳しく伺いました。

関連:胎動がまだなくて不安!先輩ママが"初胎動"を感じたのは何週ごろ?

初めての胎動はどうやったらわかる?

たまごクラブのアンケート※によると、初めて胎動を感じたのは、妊娠4カ月ごろ13%、妊娠5カ月ごろ67%、妊娠6カ月ごろ17%、妊娠7カ月以降3%という結果に。妊娠5カ月ごろという人がいちばん多いようですが、実は妊娠3~4カ月ごろの赤ちゃんも、広い子宮の中で宇宙遊泳のように動いています。ただ、まだ小さくて押す力も弱いので、ママが胎動としては感じ取りにくいのです。
※たまひよ100人アンケート(第1子が1才11カ月までの対象 2018年9月実施)より

妊娠14週を過ぎたら「下痢」と「ガス」に注意!?

赤ちゃんは子宮の中を動き回って、ママに胎動を感じ取ってもらう準備は万端です。そんな赤ちゃんの動きをママが初めて胎動として感じたときのイメージは?

●腸の中で空気が動くような感じ
●小さな魚が何匹も跳びはねているような感じ
●水がコポコポはじけるような感じ
●おなかの調子が悪いときみたいに腸がゴロゴロ

便秘がちで腸にガスがたまっているときや下痢のときのような“おなかの違和感”と似ている気がしませんか。妊娠が確定し、妊娠していることに心身ともに慣れてきたころに「おなか壊したかな?」「便秘かな?」と思うことがあったら、それは初胎動のサインかもしれません。

感じる時期の早い人・遅い人の違いは何?

先ほどのたまごクラブのアンケートによると、初胎動の時期は早い人で妊娠4カ月ごろ、遅い人で7カ月以降と幅があります。この違いは、胎動の感じやすさには個人差が大きいことによるもの。ママの体形や赤ちゃんの位置、ママの姿勢などによって違ってきます。なかなか胎動として感じられなくても、健診の際の超音波検査で赤ちゃんの元気な様子が確認できていれば心配はありません。

胎動を感じやすくするにはどうしたらいい?

夜寝る前に横になったときや食事中、食後などママがリラックスしているとき、うれしいとき、楽しいとき、胎動は活発になる傾向があり、ママも感じやすいようです。逆に仕事中など集中したり、緊張感があるようなシーンでは感じにくいといわれているので、気持ちも体もリラックスした状態が、胎動を感じやすくするカギといえそうです。

初めての胎動 ママたちの体験談

「夜横になっているときなどおなかの中でモニョモニョ動いてる気がして『これが胎動なのかな?』と思ってました」

「14週後半のころ、あお向けに寝るとまだまだおなかが目立たないのですが、これ胎動だよね?という動きが!!」

「胎動は17週~くらいから、泡のぷくぷくとしたのが感じられるようになりました!」

「横になると同じようにぽこ、ぽこ?って感じで胎動かなぁ?って」

妊娠時期別 胎動の特徴は?

NataliaDeriabina/gettyimages

最初は“ポコポコ”などと腸の動きと似ている胎動。赤ちゃんが成長するにつれ、体が大きくなり力もついてきて、動きや胎動の感じ方にもバリエーションが出てきます。

妊娠14~23週

腕や脚の関節がより活発に動くようになり、しっかり曲げ伸ばしできるように。筋肉も発達して、赤ちゃんの子宮の壁を押す力が強くなります。恥骨(ちこつ)からおへその間でかすかに感じることが多いよう。

妊娠24~35週

羊水(ようすい)の量が多くなるので、赤ちゃんはますます動きやすくなります。複雑でダイナミックな動きを、ママは胎動としてさらに強く感じるように。おなかの皮膚越しに赤ちゃんの足などが浮き出る様子が確認できることもあります。

妊娠36週~

皮下脂肪が増え、赤ちゃんらしいふっくらとした体つきになる一方で、子宮のスペースは狭くなりダイナミックな動きは減少傾向に。手足のパンチやキックがより力強くなり、ママは痛いほどの胎動を感じることもあります。

パパにも胎動を感じてもらうには?

AntonioGuillem/gettyimages

胎動を感じる喜びは、パパとも分かち合いたいですね。妊娠中から赤ちゃんに“パパ”を認識してもらうことで、家族のきずなも深まります。

パパも胎動を感じやすくなるのは妊娠25週ごろから

パパは胎動を感じにくいものですが、それでも妊娠25週ごろ(妊娠7カ月ごろ)には多くのパパが初胎動を実感しているようです。胎動はママがリラックスしているときに多くなる傾向があるので、2人でくつろいでいるときや寝る前などがチャンス!

最初はダメでもあきらめない!

パパが胎動を感じるコツは、おなかの赤ちゃんにたくさん話しかけてパパの声を覚えてもらうこと。温かい手でおなかに触れながら話しかけてあげましょう。赤ちゃんはママ以外の人に話しかけられたり、おなかをなでられたりすると、緊張して動きを止めてしまうもの。めげずに続けることで、おなかの赤ちゃんの「パパだ!」という認識が高まっていき、パパも胎動を感じるチャンスが増えるはずです。

パパが胎動を感じるコツ 体験談

「主人の手を覚えてもらうために、私が横になってるときに主人の手をおなかに置いて、1週間ほど毎日続けて『パパの手ですよ。こわくないよー。覚えてね。』って言って聞かせたところ、1週間たったころからパパが置いても同じように動くようになりましたよ」

「毎晩寝る前の時間がいちばん胎動が激しいのでそこで触ってもらうようにしていましたら2、3週間でだんなだけの手で触っていても気にせず動くようになりました」

「現在、臨月ですが、めげずに毎日話しかけながら手を当てたおかげか、おなかの子も私との違いがわかってきて反応する回数が増えてきました」


胎動は、まだ見えない、触れない赤ちゃんの成長や元気な様子を知る手がかりになるだけでなく、おなかに赤ちゃんがいることを前向きに意識させてくれるすてきな体験です。パパも一緒に胎動を楽しみましょう。胎動を通じたママ、赤ちゃん、パパが一緒に過ごすひとときの積み重ねによって、産後の育児もスムーズにスタートできるはずです。
(文/たまごクラブ編集)

監修/丸茂元三先生(丸茂レディースクリニック 院長)

関連:胎動はいつから?先輩ママが感じたおなかの赤ちゃんの動き&パパがしたことは?

■文中のコメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事