1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. つわり(悪阻)、妊娠糖尿病による食事制限、ピラティスやヨガで乗り切ったマタニティライフ

つわり(悪阻)、妊娠糖尿病による食事制限、ピラティスやヨガで乗り切ったマタニティライフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手の中の超音波スキャナー
romaset/gettyimages

現在41歳。3歳女児のママで在宅ライターのかえるです。38歳での予想外の妊娠でした。生後2日目に撮った写真が印象的です。「本当に歩けるようになるのかしら?」と心配になるほど弱々しい足に、涙が…。

産後すぐ24時間母子同室となり、神経が高ぶって寝られませんでした。ホルモンの影響と寝不足で、「退院する自信がありません」と助産師さんに訴えたことも。それでも我が子を観察しながら「今で生まれてから、72時間経過。ちゃんと生きてる!」と日記に書き込みました。

その日記は今日まで一日も欠かさず続けています。不安、喜び、珍しさなど、「あらゆる感情が一気に押し寄せてくるのが出産なんだなぁ」と実感しました。

<妊娠初期ごろ>重度のつわりで毎日点滴の日々

妊娠9週目~11週目の様子を、エコー写真と共に紹介します。

妊娠9週目のエコー写真

「もう、人の形をしている!」と驚きました。妊娠と同時に、里帰り先の産院を予約しました。その喜びをすべて吹っ飛ばしたのが、“つわり”。程度は違うものの皆さん経験するようですが、私は、家のビニール袋がすべてなくなるまで吐いてしまうという重症でした。内科で毎日点滴を受けながら乗り切り「母が食べられなくても、赤ちゃんて育つものだなぁ」と、感心しながら健診を受けていました。

妊娠11週目のエコー写真

頭がはっきり確認できました。そろそろ、つわりがマシになるはずなのに、今度は喉が塞がる感覚で物が飲み込みにくくなるという症状が現れました。耳鼻科では、心身症を疑われて落ち込みました。点滴のおかげか、尿にケトン体が出るまでには至りませんでした。毎日、ネットで他の人のつわりが何週目で終わったのかを調べて励みにしましたが、実際うつ状態だったと思います。

<妊娠中期ごろ>つわりも治まりマタニティーヨガに挑戦

この頃には脳や臓器が見え、“女子”と確定しました。

妊娠18週目のエコー写真

頭がくっきり。そして足を曲げている様子もわかります。5カ月目に入り、ようやくつわりがおさまりました。早速、やりたかったマタニティーヨガに挑戦。結果は、お香の匂いと逆転のポーズで吐いてしまいました。ちょっと調子に乗りすぎたようです。でも、ちょうど紅葉の季節にさしかかり、一泊旅行に出かけるなど楽しいことがたくさんできました。

妊娠22週目のエコー写真

骨もくっきり分かります。「なんとなく女の子かも」と医師に告げられました。夫は男子希望だったため、そっけない反応。今から思い出しても腹立たしいです(笑)。おなかが出始めたので、ネット通販でマタニティーガードルや腹巻を買いそろえたのもこの時期。どこまで大きくなるか分からないのが不安でLLサイズにしましたが、正解でした。とにかく食欲がわいて、つわりで食べられなかった分をすぐに取り戻してしまいました。

妊娠26週目のエコー写真

女子とほぼ確定しました。少し大きめらしく、ドキドキ。妊娠6カ月で里帰り先で健診。いろんな検査を一気に受ける中で、軽い“妊娠糖尿病”だと指摘され、自己採血検査を1週間続け、食事指導を受けました。胎動に励まされていましたが、今から思えば、「少し気をつけて食事してね」くらいの意味合いだったはずなのに、かなりストイックな糖質制限をして、がんばって散歩を続けました。真面目すぎる妊婦でした。

<妊娠後期ごろ>臨月まで体を動かしてリフレッシュ

28週~30週の様子をエコー写真とともに紹介します。

妊娠28週目のエコー写真

顔が見えました。3Dの撮影も行いました。いまだに娘の寝顔はおなかの中にいた時みたいな顔です。想像よりも骨太なイメージで、推定体重も大きめ。体調の良い日に意を決して渋谷に出かけ、0歳児を連れたママ達が買い物をしている姿を見てまぶしく感じました。「私も来年はあんな風にたくましくなっていますように」と願いました。

妊娠30週目のエコー写真

赤ちゃんはおなかの中でぐるぐるまわり、毎晩ぼこぼこ蹴られました。お風呂~就寝にかけて元気に動き回るので、なかなか寝付けませんでした。身体を動かしてストレス発散をしようと思い立ち、ピラティスやヨガに通いました。産前にお世話になったスタジオには、今も子連れで通い続けています。臨月・産後をとおして、運動で体重管理やリフレッシュしながらなんとか乗り切りました。

予定日少し前に前駆陣痛が3日間続き、一度産院から帰されて、へとへとで39週目に、50cm3600gの娘を出産しました。とにかく体力・精神力がついていきませんでしたが、健診のたびに「赤ちゃんは着実に成長している」「とにかく自分がしっかりしなければ、責任を持って産まなければ」と徐々に覚悟ができました。だんだん人の形を成し、生まれたらちゃんと人間そのもの、当たり前ですが人格を持っていました。体重管理や胎児の安全確認以上に、私にとってエコー健診は「母になるためのステップ」でした。

その他のママライター体験談はこちら

[かえる * プロフィール]
現在41歳。3歳女児ママ。妊娠直後からのひどい腰痛が陣痛になり、現在も同じ所が痛い…。それでも今後の人生、呼吸と運動で痛みに打ち勝ちたいと考えています。流れでマインドフルネスにも取り組んでいます。夫は海外単身赴任のため、ワンオペ育児中。

■関連:先輩ママが激白!【つわり】つらかったこと&食べられた「神食」

※この記事は個人の体験記です。画像は一部イメージです。

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/