1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. お産入院生活をハッピーに!事前に調べておきたいこと9

お産入院生活をハッピーに!事前に調べておきたいこと9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Halfpoint/gettyimages

妊娠はずっと順調に進むかどうかわからないし、出産も予定どおり始まるものではありません。だから早め早めの準備や心構えが大切。お産の入院準備も、少し余裕を持って安定期のうちから始めていきましょう。お産入院の準備は思っている以上にたくさんあります。快適な入院生活を送るためにダンドリよく進めて。今回は、お産の入院生活について産婦人科医の小川隆吉先生に教えていただきました。

関連:先輩ママが使ってよかった!お産入院で役立つグッズ7

お産入院★入院期間は?

「経腟分娩の場合は4〜5日間がいちばん多いようですが、帝王切開の場合はもう少し長くなります。入院が長引くと、着替えなどが多めに必要になる場合があります」(小川先生・以下同)

お産入院★持ち物は?

「お産入院の場合、必要なものを産院で用意してくれるケースもあるので、事前に確認しておくと無駄がありません。たりないものを自分で準備するようにしていきましょう」

お産入院★入院室の種類は?

大部屋と個室があり、どちらも下記のようなメリット、デメリットがあります。

【大部屋のメリット】
●同室のママとおしゃべりができる
●相談相手がいて助かる

【大部屋のデメリット】
●プライバシーがあまりない
●同室のママと赤ちゃんの声が気になる

【個室のメリット】
●夜中の泣き声にも気を使わずお世話ができる
●パパや上の子も泊まれることも

【個室のデメリット】
●ママ友ができない
●1人は心細い

調べておきたいこと9

事前に調べておきたいことをリストアップしました。

1.入院室のタイプ

「産院のホームページやパンフレットなどで部屋のタイプをチェックしましょう。個室・大部屋で入院生活や必要なグッズも変わります」

2.入院予約金

「入院予約金とは、入院予約をしたときや、ある程度週数が進んだ時点で、分娩入院費の一部を事前に支払うシステム。時期と金額を確認しておくと安心です」

3.入院日数の基本

「入院日数は産院によって多少違いますが、経腟分娩の場合お産当日を入れて4〜5日間が多いようです。帝王切開の場合は7〜10日。出産する産院で確認しておくと安心ですね」

4.分娩・入院費の支払い方法

「出産する産院が、出産育児一時金の直接支払制度や受取代理制度を導入しているかどうかの確認も重要です。導入されていれば退院時は差額のみの精算に。そうでない場合はいったん全額を立て替えになります」

5.母子同室or別室

「産後入院中、赤ちゃんとママが一緒の部屋で過ごすことを『母子同室』といい、基本的に新生児室で預かる場合は『母子別室』といいます。同室でもママの体調によっては預かる場合も」


★先輩ママ発【母子同室vs別室】ココがよかった◎&ここがイマイチ△

【母子同室】
◎退院後の生活を想像しやすかった
△わが子だけでなくほかの赤ちゃんもいて寝不足に

【母子別室】
◎産後、1人でゆっくり休むことができた
△ゆっくりできたが、暇すぎた

6.産後の指導について

「授乳や沐浴など、産後の指導の内容や回数も産院によって違います。どんなスケジュールになるのか、母親学級などで産院に確認しておくと安心です」

7.面会について

「面会時間は決まっています。パパ以外に両親、親戚、友人などに来てもらう場合には、きちんと伝えておきましょう。産院によっては家族以外の面会ができないところもあります」

8.洗濯設備の有無や家族に持ち帰って洗ってもらえるか

「入院中に出た洗濯物をどうするのか考えておきましょう。産院に洗濯設備はあるのか、汚れものを持ち帰って洗ってくれる人がいるのか、それによって準備するグッズの量は変わってきます」

9.産院で用意してくれるグッズとその数量

「産院で用意してくれるグッズを事前に確認し、たりないものをママが準備します。数量も確認しておきましょう」

★例:小川クリニックで用意されているグッズ

【お産セット】
●お産に必要な衛生用品一式(産褥パッドなど)

【入院セット】
●パジャマ・ガウン・個人用スリッパ・タオル類(バスタオル、清拭用タオル、フェイスタオルなど)、歯磨きセット・ヘアブラシ・シャワーキャップ・ボディスポンジ・石けん・ヘアゴム・コットン・綿棒・コップ・ティッシュ、赤ちゃんの衣類、おむつ

関連:[新米ママハトコのオススメ#3]お産入院コレがあってよかった!8選

入院期間や入院中の持ち物、過ごし方などは、産院によってさまざま。お産入院をハッピーに過ごすために、事前に入院生活について調べておくことが大切です。また、分娩・入院費の支払い方法(差額支払か全額支払いか/現金のみかクレジット払いできるか など)・支払期日についても確認しておきましょう。(文・たまごクラブ編集部)

■監修:小川クリニック 院長 小川隆吉先生
日本医科大学卒業。同大学産婦人科講師、都立築地産院産婦人科医長を経て、1995年より現職。セックスカウンセラーセラピスト協会会員、日本不妊学会会員。

■参考:たまひよブックス「いつでもどこでもHAPPY妊娠・出産ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/