1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. マタニティショーツ選び おなかすっぽり派?ローライズ派?

マタニティショーツ選び おなかすっぽり派?ローライズ派?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠がわかると気になるのがおなかの膨らみ。日々大きくなるおなかを優しくサポートし、冷えからも守ってくれるマタニティショーツは、妊婦さんには欠かせない下着です。妊娠中、快適に過ごせるように素材やさまざまな機能が考えられたマタニティショーツですが、大きく分けると「おなかをすっぽり包み込むタイプ」と「ローライズタイプ」があります。 それぞれ使ってみた『ウィメンズパーク』の先輩ママのコメントとともに、マタニティショーツ選びのポイントをご紹介します。

関連:魅惑のマタニティパンツ【えらいこっちゃ!妊娠生活#8】

マタニティショーツと普通の下着の違いは?

洋服で見えないから、普通のショーツの大きめサイズでもいいと思われがちですが、マタニティショーツには妊婦さんに優しい機能がいっぱい! 妊娠初期から使うのがおすすめです。普通のショーツと違ってウエストを締め付けない構造になっているので、臨月になっても快適。また履き口は、むくみやすい妊婦さんの体を考慮して食い込まないようになっています。さらにクロッチ部分が白いので、体の変化を見逃すことがなく、妊婦さんの体調に優しい機能が備わっています。

冷え対策がバッチリ!おなかすっぽりタイプ

『ウィメンズパーク』のコメントにも「履くと安心した」という体験談が寄せられた、おなかすっぽりタイプ。おへその上まですっぽり包みこむタイプなので、おなかの冷えからも守ってくれます。縦横に伸びるので、おなかをしっかりホールドしたい、妊婦帯が苦手で重ね履きしたくない人におすすめです。

「おなかをすっぽり覆うところに、なんて快適!と感動」
「お腹すっぽりタイプにしました!この先、寒くなっても安心なので♪( ´▽`)」

臨月でも快適なローライズタイプ

産前から産後まで使えるローライズタイプ。ウエスト部分を締め付けず、おなかより下の位置になるので、胃を圧迫せず、臨月でも快適な履き心地です。おなかが覆われるのが苦手、暑く感じてしまう人におすすめ。

「今38週ですが、膨らんだお腹より下になるので、苦しくもないし、下着跡も付きません」
「おへそまでスッポリタイプは、どうも痒みがあり、締め付けが苦手。ローライズタイプで快適に過ごせています!」

初めてのマタニティインナー おすすめはこちら!

妊娠初期に初めてはく、おなかを守るショーツ。パッケージにはパパからママに送るメッセージ欄つき。一言書いて渡してあげれば、パパの優しさも伝わるかも。おなかの中の小さな赤ちゃんを、パパとママでやさしく守ってあげたいですね。

>Firstマタニティインナー【おまもりショーツ】

※文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。
※記事内容でご紹介している投稿、リンク先は、削除される場合があります。あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

(たまひよONLINE編集部)

関連:[妊娠26週の口コミ]おなかを守るマタニティ下着と服選び

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/