1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 2019年発表! たまひよ 赤ちゃんの名前ランキング★「男の子は「蓮」、女の子は「陽葵」が1位! 改元の影響も!

2019年発表! たまひよ 赤ちゃんの名前ランキング★「男の子は「蓮」、女の子は「陽葵」が1位! 改元の影響も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お腹の妊娠中の女性、名前の質問
b-d-s/gettyimages

「たまひよ」では、2005年から毎年赤ちゃんの名前に関する調査「たまひよ名前ランキング」を発表しています。今年も2019年1月~2019年9月に生まれた新生児17万1,111人を対象に、名前や名前の読み方、漢字などについての調査を行いました。2019年、最新の人気名前ランキングのダイジェストを紹介いたします。

関連:たまひよしあわせ名前ランキング

全体ランキング:男の子は「蓮」(昨年1位)、女の子は「陽葵」(昨年1位)

男の子は「蓮」(昨年1位/主な読み「れん」)が、昨年に引き続き1位に。女の子は「陽葵」(昨年1位/主な読み「ひまり」)が4年連続1位で、男女ともに1位は昨年から変わりませんでした。また、男女ともに一文字の名前の人気が続き、特に男の子は、1位から5位まで一文字の名前になりました。

男の子の名前の傾向

「蓮」(主な読み「れん」)が、昨年に引き続き1位になりました。2008年から12年連続でトップ3に入る人気の名前です。蓮(はす)がしっかりと根を張る植物であることから力強さを感じさせ、また、短く呼びやすいことも人気の理由と思われます。
男の子の名前では、「蓮」「律」「湊」「樹」「蒼」と年々増えてきた一文字の名前がついにトップ5を占めました。また、主な読みが2音、3音の名前の人気が定着しています。今年はさらにその傾向が進み、トップ50内にランクインした4音以上の名前は46位の「悠生(ゆうせい)」のみでした。

1位 蓮/れん(昨年1位→)
2位 律/りつ(昨年47位↑)
3位 湊/みなと(昨年6位↑)
4位 樹/いつき(昨年4位→)
5位 蒼/あおい(昨年8位↑)
6位 悠真/ゆうま(昨年13位↑)
6位 陽翔/はると(昨年2位↓)
8位 大翔/ひろと(昨年7位↓)
9位 新/あらた(昨年26位↑)
10位 大和/やまと(昨年29位↑)

男の子の名前ランキング11位以下はこちらからご覧になれます。
たまひよしあわせ名前ランキング

女の子の名前の傾向

女の子では「陽葵」(主な読み「ひまり」)が、4年連続で1位となりました。真っすぐ空に向かって美しい花を咲かせるひまわりを連想させる名前で、真っすぐな明るい子に、という願いが込められていると思われます。
9位の「澪(みお)」は令和生まれのみの集計では3位に。「令」という字が含まれていることが人気の理由だと考えられます。
10位の「結月」(主な読み「ゆづき」)が初のトップ10入り。和の美しさを感じさせつつ、人との結びつきを大切にすることを願う「結」の字を使っていることが人気の理由かもしれません。
女の子も、「凛」「紬」「葵」「澪」と4つの一文字の名前がトップ10にランクインしました。

1位 陽葵/ひまり(昨年1位→)
2位 凛/りん(昨年5位↑)
3位 芽依/めい(昨年2位↓)
4位 結菜/ゆいな(昨年5位↑)
5位 紬/つむぎ(昨年11位↑)
6位 咲良/さくら(昨年15位↑)
7位 莉子/りこ(昨年3位↓)
8位 葵/あおい(昨年4位↓)
9位 澪/みお(昨年5位↓)
10位 結月/ゆづき(昨年25位↑)

女の子の名前ランキング11位以下はこちらからご覧になれます。
たまひよしあわせ名前ランキング

2019トピックス 改元の影響で日本的な漢字、読みの名前が増える

「令和」への改元の影響か、「つくり」が「令」のある「怜(れい)」が男の子は昨年の110位から今年は66位に、女の子は「怜奈(れな)」が昨年の106位から今年は83位に、「和」がつく男の子の「和真(かずま)」が昨年の134位から今年の71位に、女の子の「和花(わか)」が昨年に76位から今年の54位と順位を上げました。令和への改元による新時代到来のイメージで、男の子は「新(あらた)」「大和(やまと)」、女の子は、「紬(つむぎ)」「咲良(さくら)」「結月(ゆづき)」「花(はな)」「詩(うた)」など、さらに和を求める傾向が強くなりました。とくに、急上昇の「詩(うた)」は、「令和」の引用元となった万葉集の影響が感じられる名前です。
特定のスポーツ選手や芸能人の名前に人気が集まる傾向が薄れている世相を反映して、著名人にあやかった名前が減少し、名づけも多様化している傾向にあります。

「2020年の名づけの傾向」は?

ランキング結果から考えられる2020年の傾向について「たまひよ しあわせ名前研究所」顧問 栗原里央子さんに聞きました。

「2019年は、新元号の『令和』が万葉集からとられたということもあり、10位以内では、男の子で『新(あらた)』『大和(やまと)』、女の子で『紬(つむぎ)』『咲良(さくら)』『結月』、万葉集の影響を受けた『詩(うた)』の人気が急上昇するなど、男女ともに和をイメージする名前が増えた年でした。2020年は、今年に引き続き、日本やその伝統文化をイメージする名前をつける傾向が強まりそうです。それに加えて、スポーツ関連の話題も増えることが予想されます。例えば、『陸(りく)』、『駿(しゅん)』、『峻(しゅん)』、『翼(つばさ)』などの躍動感を感じさせる漢字や名前が注目されるかもしれません」。
(文/たまひよONLINE編集部)

関連:赤ちゃんの名前人気ランキング 



【調査内容】
調査名称 「たまひよ2019人気名前ランキング」
調査内容 2019年1月1日~2019年9月29日に生まれた赤ちゃんの名前
調査対象 「たまひよ」の商品・サービスを利用されたお客さまのお子さま(回答は任意)
調査対象数 171,111名(男の子85,545名、女の子85,566名)
調査項目  名前の読み、漢字 など
※同一の漢字の組み合わせで複数の読みがある場合、最も多い読みを紹介。

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/