Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. え? 突然の妊娠発覚!梅原佐和、27歳 【小説「ご懐妊!!」Vol.1】

え? 突然の妊娠発覚!梅原佐和、27歳 【小説「ご懐妊!!」Vol.1】

『ご懐妊!!』Vol.1
スターツ出版文庫の大人気小説『ご懐妊!!』が、たまひよWEBにて連載スタート。
広告代理店で仕事に打ち込む佐和27歳。悩みといえば、上司の鬼部長・一色が苦手なことくらい。それなのに、お酒の勢いで彼と一夜をともにしてしまい…
果たして佐和の運命は?

「たまごクラブ」でもおなじみ産科医・大浦訓章先生のひと言解説もお見逃しなく。

プロローグ~奇跡は突然やってくる~①

丸窓に縦線。
 この意味がわかる人は、これを手に取ったことのある人。
 私は一度上を向いて、「ああ」と呻(うめ)いた。それからもう一度、手の中のスティックを見下ろす。丸窓の縦線は、よりくっきりしていた。
 あぁ~マジですか~。
 妊娠検査薬、陽性。
 梅原(うめはら)佐波(さわ)、二十七歳、独身。私、妊娠している。
 心当たりはひとつだけ。彼氏の涼也(りょうや)とは一ヵ月は会ってないし、そういうことは二ヵ月はしていない! ってことは、やっぱりあれだよなぁ。
 私の脳裏にうっすら浮かぶ映像。思い当たるのはあの夜だけ……。
 あー、私のバカバカバカバカバカ! なんで避妊せずにしちゃったかなぁ?
 っていうか、私もあっちもベロベロに酔ってたから……。いやいや、最近のドラマだって、そんなベタな展開はない。あげく妊娠って……。
 どうしよう! 私、どうすべき?
 ちなみに私は、ひとり暮らしの自宅のトイレでこの煩悶(はんもん)をしております。
 とりあえず、これ持って出よう。
 トイレから出て、検査したスティックはティッシュを敷いてキッチンカウンターに置き、スマホで妊娠検査薬の当たる確率を調べる。
 え? ほぼ百パーセント?
 驚愕(きょうがく)の数値に固まる。しかし、正常妊娠か異常妊娠かはわからないらしい。
 そうか、子宮外妊娠とか聞いたことあるし……。私は『妊娠してないかも』という期待を込めて考える。
 まず病院に行ってみよう。保険証と、あとなにがいるのかな? この検査スティックは持っていくべきなの? 一応、ポリ袋に入れてバッグの内ポケットにイン。
 家から出て、会社に休む旨を電話する。時刻は八時少し前。始業は九時だけど、総務の誰かは出社しているだろう。
 案の定、二歳上の男性社員が電話に出た。電波の向こうで彼は呑気(のんき)な声。
「お大事に~」
 お大事というか、一大事なんだけど。
 私はヨロヨロと駅に向かって歩きだす。
 ふたつ隣の駅の総合病院を目指す。あそこなら、産婦人科があったはず……。

 総合病院の産婦人科で受付を済ませると、まずは検尿コップを渡されてトイレへ向かった。それからたっぷり二時間待って、診察室に呼ばれる。
「最終生理日がこの日で……。今朝、検査薬で陽性ね」
 おじさん先生が言った。
「あー、検査薬は見せなくていいから」
 あ、そうなのね。私は頬を赤くしながらスティックをバッグに戻した。
「じゃー、診てみましょうか。お隣の内診室に移動してください」
 私は看護師さんに案内されながら、お隣に移動。
「下は全部脱いでしまってくださいね。バスタオルをかけて、こちらの椅子に座ってください」
 看護師さんに指示され、驚く。
「あの、お腹に機械を当てるんじゃないんですか?」
「お腹にプローブを当てて見えるのは、もう少し赤ちゃんが大きくなってからですよ。子宮や卵巣のチェックもあるし、今日は下からね」
 椅子状の内診台に乗せられ、恥ずかしいくらい足が開いていく。
 消毒をされたと思ったら、冷たい棒みたいなのが入ってきた! 気持ち悪い感触に、私はうぇーっと顔をしかめた。
「うーん」
 グリグリと棒を左右に動かしながら、おじさん先生が言う。
「見えないねぇ」
「え? 赤ちゃん、いないですか?」
 思わず嬉しそうに聞いてしまった。先生は答えない。もう一度棒をグリグリやって、最後に指でもグリグリ触って内診終わり。
 診察室に戻ると、先生が紙を一枚手渡してくる。
「はい。これエコー写真ね」
 それは白枠に真っ黒のペラペラした写真だった。中央に扇状の無数の白のラインが描かれている。
「梅原さんの最終生理日からすると、今日は五週一日にあたるんだけど、排卵日がズレたかな? まだ見えてこないねぇ」
「それは、赤ちゃんはできてないってことですか?」
 期待を込めて、身を乗り出してしまう。しかし、先生は持ち上げた右手を左右に振って、あっさり答える。
「いやいや、尿検査でも反応出てるし。妊娠はしてますね」
「子宮外妊娠とか……」
「可能性はゼロじゃないけどね。ほら、このエコーを見て」
 おじさん先生が人差し指でエコー写真を指した。
「ここ」
 目を凝らす。
「ここに胎嚢(たいのう)が見えてくるかなあって感じ?」
「胎嚢?」
「赤ちゃんが入ってる袋ね」
「はあ」
 よくわからず、曖昧に返事する。赤ちゃんって、袋に入っているものなの?
「まあ、まだよくわかんないから、来週また来て」
 その言葉に、私は口をポカッと開けた。
 はー!? 病院でもよくわからないって、なんなんじゃい! え? 妊娠ってそんなものなの? っていうか、私はどう受け止めればいいわけ?
 大混乱のうちに帰宅した私に、その日できることはもうなかった。パニックすぎて会社に行く気力が湧かない。今日中に仕上げなければならない仕事はないし、このまま休みをもらってしまうことにした。

つづく
【小説「ご懐妊!!】次回をお楽しみに


大浦先生アドバイス

【大浦先生アドバイス】市販の妊娠検査薬の妊娠反応はかなり正確ではありますが、説明書の時間通りに使用しないと、妊娠反応が陽性となってしまうことがあります。また、妊娠反応が陰性でも、子宮外妊娠では反応が遅れて出るということもあります。いずれにしても、必ず医師の診断を受けましょうね。


著者/砂川雨路  イラスト/くにみつ 監修/大浦訓章先生

この小説はスターツ出版文庫から刊行されている『ご懐妊!!』より掲載しています。たまひよWEB版は産婦人科医大浦訓章先生の監修のもと一部改訂しております。


砂川雨路
Profile
群馬県出身。東京都在住。著書に、『愛され新婚ライフ~クールな彼は極あま旦那様~』『クールな御曹司の本性は、溺甘オオカミでした』(ベリーズ文庫)、『僕らの空は群青色』(スターツ出版文庫)などがある。現在、小説サイト「Berry's Cafe」「ノベマ!」にて執筆活動中。『ご懐妊!!』(スターツ出版文庫)は現在3巻まで発売中。テキストリンクなどもはれる。

大浦 訓章先生
Profile 
南流山レディスクリニック院長 慈恵医大卒業。産婦人科準教授を経て、東京産科婦人科学会評議員、東京母性衛生学会幹事長、日本周産期新生児学会評議員・副幹事長、日本周産期新生児学会新生児蘇生法委員会委員などを歴任。「たまごクラブ」でも監修をつとめる。

南流山レディスクリニック

ご懐妊!!3~愛は続くよ、どこまでも~

OLの佐波は、苦手な超イケメンの鬼部長・一色とお酒の勢いで一夜を共にしてしまう。しかも後日、妊娠が判明! 迷った末、彼に打ち明けると…。大人気シリーズ、ついに3巻発売!

ご懐妊!!3

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。