SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 「妊娠中の引っ越しは?」「伸びあがりは?」健診じゃ聞きにくい日常悩み5つを、専門家3人に聞く

「妊娠中の引っ越しは?」「伸びあがりは?」健診じゃ聞きにくい日常悩み5つを、専門家3人に聞く

ドーナツやアップル、スタジオを選択するお菓子を夢見る妊娠中の女性
Prostock-Studio/gettyimages

妊婦さんが普段聞きにくい、妊娠中の日常生活の「これやっていいの?」を産科医と助産師さんがジャッジ! OKなこと、ダメなこと、許容範囲はどれくらいなのかがわかるので、日ごろのモヤモヤがスッキリ晴れること、間違いナシです。

日常生活の「これやっていいの?」を ジャッジ!

ヘアカラーやパーマなどの美容面から、重いものを持つこと、妊娠中の動きや寝るときの体勢から入浴など、日常生活を送る中で、「これ、やっていいの?」「どの程度まで大丈夫?」と迷ってしまうこと、ありますよね。

今回はそんな疑問の中から、妊婦さんからの疑問が多かったものをピックアップ。産科医の笹森先生、水主川先生、助産師の矢島さんの3人の先生にジャッジしてもらいました。

日常生活のモヤモヤ①  ヘアカラーやパーマはしてもいいの?

妊娠中は肌が敏感になっているので、肌にやさしい成分のものにするなど注意を、と3人の先生とも同意見。またカラーをする際は、長時間同じ姿勢で座っていることになるので、時々姿勢を変えるようにしましょう。

またパーマは、ヘアカラー同様、肌が敏感になっているという点に注意すればかけても構いません。「パーマ液のにおいがきつく感じることがあるかもしれないので、無理のないように」と矢島さん。

日常生活のモヤモヤ② 重いものを持ったり、引っ越しするのはOK?

重すぎるものはよくないけれど、スーパーの買い物袋など、常識の範囲内ならOK。「重いものを持つことで早産率がアップするといった報告もありません」と笹森先生。また「左右バランスよく持つことも大事」と矢島さん。

引っ越しについては、引っ越しが避けられない人もいるので、おまかせパックや、親族に頼んで負担を軽くして、と3人の先生。「産後に引っ越す場合は、できれば産後6カ月以降に」と笹森先生。

日常生活のモヤモヤ③ 妊娠中のふとしたこんな動き、赤ちゃんに影響はない?

【朝起きて伸びをする動き/高いところに手を伸ばす動き】 3人の先生とも、負担のない動きならOKと回答。ただ、高いところのものをとるなど、バランスが悪くなる動きや不安定な場所で手を伸ばす動きは避けましょう。台や脚立の上に乗る作業などもNG。

【おなかをひねる動き】 ストレッチ程度の軽いひねりや、ふと後ろを振り向く程度の動きなら大丈夫。一方で意識的に負荷をかけてひねるような動きはNG。「いずれにしてもおなかが張ってきたら休むようにしてください」と笹森先生。

【腹圧がかかる動き】 腹筋運動など、腹圧がかかりすぎる動きはもちろんNG。「またおなかが大きくなると、靴ひもを結んだり、足の爪を切ったりする姿勢がつらくなってきます。パパに手伝ってもらえるといいですね」と矢島さん。

日常生活のモヤモヤ④ 長湯をしたり、おふろの温度を高くしたりしてもいい?

妊娠中はのぼせやすい傾向にあるので、長湯はおすすめしません。「長く入りたい人や、体を温めたいという人は、長湯よりも、足湯などでのぼせない工夫をしてみましょう」と矢島さん。

また、おなかの赤ちゃんは羊水(ようすい)で守られているため、お湯の温度を高くしたからといって、暑がることはありませんが、妊婦さん自身の血圧の急激な変化が心配です。「妊娠中の入浴は、体調の変化が起きた際に対応してくれる家族がいる時間がベスト」と水主川先生。

日常生活のモヤモヤ⑤ ジェルネイルやまつげエクステをしたままでもいいの?

3人の先生とも「遅くともお産が始まる前にはとって」と回答。ジェルネイルについては、急に入院や帝王切開になった場合、指先にクリップをつけて血中酸素飽和度などを測定することがあるためだそうです。

また、まつげエクステやつけまつげも、帝王切開などで全身麻酔になった際、まぶたをテープでとめるため、手術後にはがすときに、一緒にはがれてしまいます。全身麻酔の可能性がある妊婦さんは、はずしておきましょう。

監修/笹森幸文先生(帝京大学医学部附属病院産婦人科准教授) 水主川 純先生(東京女子医科大学産婦人科准教授)
矢島 藍さん(矢島助産院助産師)

文/樋口由夏、たまごクラブ編集部

医師や助産師さんにかなか聞けないような、ささいな疑問はそのほかにもたくさんあります。今回はその中の一部を紹介しましたが、ちょっとしたことでも、不安や疑問があれば、妊婦健診のときなどに聞けるといいですね。

参考/たまごクラブ2020年6月号』「産院では聞けない『これ、していいの?』をドクター・助産師・管理栄養士がジャッジ! 妊娠3カ月〜臨月の『やってはいけない』○△×でズバリ判定!」


笹森幸文先生
Profile
帝京大学医学部附属病院産婦人科准教授

水主川 純先生
Profile
東京女子医科大学産婦人科准教授

矢島 藍さん
Profile
矢島助産院助産師

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。