SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 【保存版】春夏生まれ赤ちゃんが快適に過ごすためのお部屋づくりルール

【保存版】春夏生まれ赤ちゃんが快適に過ごすためのお部屋づくりルール

赤ちゃんのお部屋のピンクの肘掛け椅子
KatarzynaBialasiewicz/gettyimages

春夏生まれ赤ちゃんが快適に過ごすためのお部屋のポイントや、スムーズに育児するためのノウハウを紹介。ぜひ、お部屋づくりに役立てて!

春夏生まれ赤ちゃんが快適に過ごすためのルール

昼間の赤ちゃんの居場所は、ママが家事をしながらでも目が届くところがベスト。

エアコンや窓の位置などを考えて、赤ちゃんが快適に過ごせるスペースをつくりましょう。

春夏生まれは、室温・湿度の調整、アレルギー対策もポイント。

室温・湿度をキープ

春夏の快適性で大事なのは、室温と湿度。必要であれば、一日中、冷房を使ってもOK。梅雨や夏場は、家電の除湿機能の活用を。

「春夏の室温は、26~28度を目安に」、「湿度は50%台に」、「エアコンの風が、赤ちゃんに直接当たらないようにする」の3点を念頭において。

明るさや音に注意する

赤ちゃんを寝かせるスペースは、昼間は直射日光を避け、夜は照明が暗く静かな場所に。昼夜問わず、音や光の刺激からは遠ざけて。

具体的には「赤ちゃんを寝かせるスペースは、テレビの近くを避ける」、「夜間の授乳は、蛍光灯の光よりも間接照明などがベスト」です。

清潔をキープする

ほこりや花粉など、アレルゲンに赤ちゃんがなるべく触れないように対策を。虫は感染症の原因になることもあるので注意しましょう。春夏は観葉植物を別の部屋に移動しておくと安心。また、花粉対策には、加湿機能つき空気清浄機を使うと◎。

基本的なことですが、床に置くものを減らし、小まめに掃除することを心がけて。そして、通気性をよくし、カビ予防を。

ママとパパがお世話しやすいお部屋のルール

効率的に動けるよう。お世話動線を整えると、産後の慣れない育児がぐっとスムーズに。

「動線をまとめてコンパクトにする」ことを心がけて。ベビースペースをリビングやダイニングの一角に設けると、家事の合間でも赤ちゃんの様子がわかります。また、おむつ替えグッズや肌着・ウエア、沐浴・ベビーケアグッズなど、ベビーグッズの収納は1カ所にまとめておくと◎。収納をまとめることで、動線のロスを軽減。キッチンワゴンや収納ボックスを活用して、用途や種類別に収納しましょう。

そして、ママとパパがノンストレスで育児ができるように、授乳スペースやおむつ替えスペースについても要検討を。新生児期の授乳は1日10回以上。授乳のために何回もそこに座ることになるので、ゆったり座れるところがベストです。妊娠中から、どこで授乳するとラクか考えておきましょう。おむつ替えや着替えにベビーベッドを使う予定なら、気をつけたいのが、その高さ。高さを調節できないと、ママ・パパの腰に負担がかかることもあるので、調節できる製品がいい場合も。

監修/助産師・保健師・看護師 中村真奈美さん 取材・文/たまごクラブ編集部

赤ちゃんとママ・パパがハッピーに過ごせるように、妊娠中からお部屋づくりを始めましょう。授乳やおむつ替え、寝かしつけなど、まずは、何をどこでするのかイメージしてみて。

参考/『たまごクラブ』2021年3月号「春夏生まれ赤ちゃんのお部屋づくり」

監修/助産師・保健師・看護師 中村真奈美さん

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。