1. トップ
  2. プレスリリース
  3. ~2,000人のママが選ぶ「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2018」発表~

~2,000人のママが選ぶ「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2018」発表~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グッズ購入金額は増加傾向の一方で「こだわりグッズ」と「コスパグッズ」を賢く買い分けるママが増加

株式会社ベネッセホールディングスの子会社、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)が運営する妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」は、2017年にママたちが「使ってよかった」と思う出産・育児グッズランキング「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2018」を発表いたします。

今年9回目を迎える「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2018」は、「先輩ママの口コミが最も役立つ」という声から始まった口コミアワードで、人気の赤ちゃんグッズや最新トレンドがわかると最近は小売店のバイヤーからも注目されています。
調査では「たまごクラブ」「ひよこクラブ」が全国の0才から1才6か月の赤ちゃんのいるママ約2,000人に、使ってよかったと思う出産準備・育児グッズを聞き、ランキングにまとめているほか、購入背景や今どきの育児スタイルについても紹介しています。最近の傾向としては、出産時の育児グッズに15万円以上、30万円以上かける人が増加しており、少子化や働く妊婦の増加で旺盛な消費傾向がうかがえます。また、ベビーカーや抱っこひもなどは、デザインよりも機能重視、肌着やベビー・マタニティ服などはデザインやコストパフォーマンスを重視するなど、グッズごとに費用のかけ方を変えていることも特徴です。SNSの普及で情報共有がしやすくなっていることもあり、今後さらにグッズ選びの目は厳しくなっていくと思われます。
「たまひよ」は今後もママとその家族を支援する商品や情報提供に向けて取り組んでまいります。

2018受賞商品の特徴

少子化や働く妊婦の増加で、出産時の育児グッズにかける費用は増加しています。また、SNSの普及で多くの情報を得られる環境のため、ママたちの商品を見る目は成熟してきています。ベビーカーなど安心や安全に関わるものは高機能をより重視、洋服などの消耗品はデザインやコストパフォーマンスを重視するなど、メリハリをつけた商品選びの傾向が見られます。

部門別受賞商品 ランキング上位の傾向

■ベビーカー:軽量&コンパクトなものが上位に。ママ一人で扱える軽さのものや、多機能な国産メーカーが人気
■抱っこひも:デザイン性よりも「使う人への体への負担の少なさ」で選ぶママが圧倒的。肩・腰ベルトがしっかりしていることがポイント
■チャイルドシート:コンパクト設計の回転式が根強い人気。高価格でも安全性・利便性を重視
■紙おむつ:各メーカーが近年発売した高機能高価格帯のプレミアムおむつがランキング上位に。吸水性や通気性にとどまらず、“ワンランク上”の赤ちゃんの肌にいい素材に注目が集まる
■肌着・ウエア:コスパブランドのなかでも、手頃な値段でかわいいデザインが豊富な「しまむら」「西松屋」「ユニクロ」が人気

【ご参考】

2018 各部門1位受賞商品一覧

※「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞」は、出産準備・育児グッズをメインに赤ちゃんの暮らし周りの関連グッズまで対象とした「赤ちゃんグッズジャンル」と妊娠中に使ってよかった「マタニティグッズジャンル」全19部門が対象となります。詳しくは、たまごクラブ、ひよこクラブ3月号(2月15日発売)や たまひよWEBをご参照ください。

出産時赤ちゃんグッズ購入費用推移(2014年~2017年)

出産前後で購入するグッズにかける費用は、年々増加傾向にある。

たまひよ赤ちゃんグッズ大賞調査概要
・調査方法 インターネットアンケート・調査対象 全国47都道府県に住む、生後0か月~1才6か月の赤ちゃんを持つママ・有効回答人数2,060人・実施期間 2017年10月19日~2017年11月14日

プレスリリース

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る