SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 【クイズ】将来 “よい歯並び” になるのはどちら?正しい噛み方とは?歯科矯正の専門家に聞きました

【クイズ】将来 “よい歯並び” になるのはどちら?正しい噛み方とは?歯科矯正の専門家に聞きました

更新

子どもの歯がすき間だらけで気になることってありませんか? でもこれ、実は子どもの成長にとって大切なことなのだとか。長年、子どもの歯を見てきた歯学博士・葛西先生に聞きました。


★アンケートご協力で抽選で賞品プレゼントも! ぜひ最後までお読みください


Q:将来よい歯並びになるのはどちら?

A:乳歯では、“すき間がある”ほう(右の写真)が正常な歯並びです
大人の歯の場合は、左のように歯と歯がすき間なく並んでいる方が歯並びがよいと言われますが、乳歯の場合は右のようにすき間があるほうがよい歯並びです。

乳歯のすき間は「発育空隙(はついくくうげき)」と言い、乳歯から永久歯に生え変わるときに必要なスペースです。というのも、永久歯の前歯は乳歯より大きいため、乳歯がすき間なく並んでいると永久歯が生えるスペースが足りず、将来的に歯並びが悪くなるからです。

乳歯のすき間ができるためには、正しい噛み方を習慣づけることが大事!

乳歯は生後6カ月ごろから生え始め、2才半から3才くらいで完成します。そして、6才臼歯が生えてくるまでの間に、歯と歯の間に隙間ができるようになります。これを発育空隙といいます。この発育空隙を利用して、乳歯から永久歯に生え変わり、12~14才ごろまでに永久歯の歯並びが整います。正しい歯並びのためには、乳歯列期(にゅうしれつき)の子どもに“正しい噛み方”を身に着けさせることが大切です。

大人でもできてない場合も。“正しい噛み方”、知ってる?
“正しい噛み方”とは、食材の硬さに応じた噛み方ができること。例えば柔らかい食べ物なら下あごを上下に動かして噛む「立て噛み」でいいのですが、肉や葉野菜など繊維のある食材を食べる場合は、下あごを上下左右に動かして、奥歯ですりつぶすように噛む必要があります(草食動物の食べ方をイメージすると分かりやすいかもしれません)。

けれど最近はやわらかい食べ物を好む傾向が多いためか、奥歯ですりつぶすように噛む習慣が身につかず、硬いものも柔らかいものも立て噛みだけで食べている人が増えているそう。しかも、子どもだけでなく大人にも多いとか。

“正しい噛み方”は、歯並びやむし歯、お口ぽかん、滑舌にも影響する!?
子どもの頃に“正しい噛み方”を習得できていないと口まわりの筋肉が発達せず、常に口が開いて舌の位置が下がる“お口ぽかん”になりやすくなります。“お口ぽかん”を放置すると、将来的に歯並びの悪さ、姿勢の悪さ、滑舌の悪さなどの問題につながることも。

さらに、上あごの成長不足や下あごの奥歯が舌側に歯が傾斜するなどして、永久歯の歯並びに影響を及ぼす可能性も。歯並びが悪いとむし歯や歯周病にもなりやすくなります。


乳幼児期から意識したい “正しい噛み方”習慣のススメ

<離乳食期>
かたいものや繊維のあるものはまだ食べにくいので、離乳食の時期別に適した食材、切り方、硬さの食事を食べさせましょう。その時に
・大人が食べているところを見せながら「モグモグしようね」など、噛むことを意識させる声がけをする
・足裏がきちんとつく椅子などに座って、食べる姿勢を安定させる
・手づかみ食べができるようになったら、積極的に手づかみをさせて、前歯でかじりとる→奥歯でカミカミ を実践する

などを意識してみて。

<幼児食期>
現代の食事は意識しないと柔らかい食材のものが多くなりがち。
・やわらかいもの、硬いものなどいろいろな触感の食べ物を意識して食卓に並べる
・おやつによく噛む食べ物を取り入れる(干し芋やフランスパンなど)

など、大人の方から、子どもが硬い(噛みごたえのある)ものを口にする機会を意識的に作ってあげましょう。

硬いものを噛めるようになったら、硬めのガムを取り入れるのも効果的です。ガムを噛むことで、下あごの動かし方の練習ができ、続けることで永久歯の歯並びが改善した事例も報告されています。

ガムはお口全体の運動にもおすすめ

正しい噛み方を意識することに加えて、お口全体の運動も重要です。例えばフーセンガムを噛んでふくらませることは、噛む運動だけではなく、舌を動かす運動にもなるため、お口全体の運動につながります。子どもと一緒にフーセンガムを膨らませる遊びをしてみるのもいいですね。

“正しい噛み方”と合わせて押さえておきたい! 歯みがきが苦手な乳幼児期からのキシリトール習慣って?

子どもの歯の健康を考えるとき、“正しい噛み方”と同じように幼少期から身につけたいのが歯みがき習慣です。生えて間もない歯は十分に硬くなっておらず、石灰化が完成するまでの数年間は、むし歯になりやすいことも知られています。

とはいえ、子どもがきちんと歯みがきをするのは難しく、ママ・パパが仕上げ磨きするのも、子どもが嫌がってなかなか大変です。
そんなときは、キシリトール入りのガムやタブレットを歯みがき後のご褒美にしてみてはいかがでしょうか。

キシリトールは子どもが好む自然な甘さで、かつむし歯の原因となるミュータンス菌の活動を弱める性質があることから、むし歯予防大国・フィンランドでは生後5カ月から与えることがすすめられています。乳幼児には、サイズが小さくて口の中で溶けやすいタブレットならおすすめ。ご家族で見守りながら与えるようにするといいですね。

ほおっておくと怖い「お口ポカン」。親子で楽しく実践できる年齢別の対策、教えます!

甘いのにむし歯予防が期待できるキシリトールって? 詳しくはこちら>

知っておきたいことがいっぱい
\100年生きる時代だから/「子どもの歯とお口問題をちゃんと考える会」サイトはこちら>


子どものために、知っておいたほうが絶対いい! むし歯とキシリトールについて こちらもチェック!


\図書カードが当たるアンケート実施中/
アンケートに回答された方の中から抽選で20名様に図書カード(図書カードネットギフト)500円分をプレゼント! ぜひ、あなたの声をお聞かせください。

アンケートに参加する


協力/株式会社ロッテ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。