SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ボスママからの塩対応にゲンナリ。恐怖の焼き芋会でついに我慢の限界が【体験談】

ボスママからの塩対応にゲンナリ。恐怖の焼き芋会でついに我慢の限界が【体験談】

更新

現在3歳の女の子の育児をしながら、Webライターとして活動している“エグママ”です。37歳で第1子を妊娠しました。もともと人見知りで、自分から初対面の人に話しかけることが苦手。そのため妊娠中から「ママ友って作らないといけないのかなぁ…」と考えては憂鬱になっていました。

見知らぬ土地に転居してはじまった恐怖体験!

赤ちゃんの頃は、乳児健診や児童館でほかのママを見かけると勝手に仲間意識を持ち、自分から話しかけていました。しかし、娘が1歳を過ぎた頃、夫の転勤で見知らぬ土地に移り住んだことをきっかけに「ママ友」という存在が怖くなっていったのです。

ある日、近くの児童館に行ってみると、掲示板には未就学児向けの育児サークルの案内が貼り出されていました。私は「娘の成長のために、ほかの子どもたちとたくさん遊ばせてあげたい」「ママ友ができるかも」と思い、勇気を出して参加することにしたのです。

育児サークルの当日、10分前に児童館に着くと、すでに30人くらいのママとその子どもたちが集まっていました。一気に緊張して、変な汗が全身に流れたのを覚えています。

とりあえず、「おはようございます」と挨拶をしてから娘と遊んでいると、育児サークルの担当の人が来て、中心グループであろうママたちのところに案内してくれました。

担当の人が私たち親子を紹介してくれたので、私も改めて挨拶をしました。その瞬間、直感的に嫌な雰囲気を感じました。しかも、相手からは「よろしく」の一言でおしまい。しかたなく、私は娘と会釈してその場を離れることにしました。

育児サークルの高い壁! 何と闘う?ママ戦士

育児サークルはリトミックなどを無料で受けることができました。中心ママグループは、私が近づくと避けるようにその場を離れていきます。育児サークルに参加した日はすごく疲れてしまい、どんよりとした気持ちになりました。

それでも娘のためと、憂鬱な気持ちに蓋をして通い続けたのです。仲の良い友人もできず、どことなく疎外感を感じていました。

堪忍袋の緒が切れた!娘のために出掛けた焼き芋会

そんなある冬の日、児童館のイベントで焼き芋会がありました。娘が偏食だったこともあり「もしかしたら、焼き芋ならおいしく食べてくれるかも」と参加したのです。

到着すると、中心グループのママたちがいて目が合いました。私が挨拶をしたら、なぜかこちらを見ながらひそひそ話を始めたのです。とても嫌な気持ちになり、できればすぐにでもその場を去りたいくらいでした。

もう我慢の限界! プツンと切れて吹っ切れた

家に戻り娘がお昼寝を始めたあと、私はこれまで我慢していた気持ちがプツンと切れてしまい、大声で泣きました。そして、その後は育児サークルに参加することをやめたのです。

当時は「娘のために!」という思いから、自分の気持ちに気づかないふりをしていました。その結果、ふさぎ込んでしまうようになってしまったのです。

その後、夫の転勤でまた引っ越したのをきっかけに、「自分が笑顔でいられること」を優先するようにしました。そして、友人の紹介や仕事関係で、ママ友でもあり、自分の友人としても仲良くできる人たちに出会うことができました。今では、私も娘も笑顔で毎日を過ごしています。

[エグママ*プロフィール] 
Webライターとして働く1児の母。毎日わんぱくな娘と一緒に走り回り、ヘトヘトになりながらも、スキマ時間を見つけては記事を執筆しています。現在はプリンセスが大好きな娘。毎日何かのプリンセスになりきって遊んでいます。いつか一緒にプリンセスに会いに行こうね。

※この記事は個人の体験記です。記事に掲載の画像はイメージです。

イラスト:POLI_portlab

■おすすめ記事
「年中の夏こそ、ひらがなをさせたい」のに、忙しくて…。親が忙しくて伸ばせる力

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。