1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 【7月生まれ】0~3才の赤ちゃんにおすすめ♪誕生月で選ぶ★絵本9選

【7月生まれ】0~3才の赤ちゃんにおすすめ♪誕生月で選ぶ★絵本9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「お誕生月」というユニークな切り口で、赤ちゃんに読んであげたい絵本を選びました!
絵本作家さんの誕生月でセレクトした絵本も含まれています。これまで知らなかった新たな作家さんと「誕生月」というご縁での出会いがありますよ!

【0才~】生まれたばかりの赤ちゃんに読んであげたい

『みず ちゃぽん』



作・絵:新井 洋行
発行:童心社
「みず ちゃぽん」(絵本ナビ紹介ページ)

身近な自然でもある「水」、
その音や形が楽しめる絵本


水道の蛇口から出てくる水、おふろにたまった水。
「ぽたぽとぽしゃ」「ざあー!ざざざあー!」「ちょろちょろー」「じょぼぼぼー!」「たぷんたぷん」
擬音とともに、子どもたちが大好きな水の勢いや清涼感が楽しめます。

『なーんだ なんだ』



作・絵:カズコ・G・ストーン
発行:童心社
「なーんだ なんだ」(絵本ナビ紹介ページ)

「なーんだなんだ」と問いながら
最後に出てくるのはいったい!?


「なーんだなんだ くろいのふたつ」
「なーんだなんだ まるいのなんだ」
「なーんだなんだ まるいのふたつ」
最初のページはパンダの耳のアップ。次は耳と目、その次は耳と目と鼻と、ゆっくりパンダが出てきます。

『かにこちゃん』



作・絵:きしだ えりこ  絵:ほりうち せいいち
発行:くもん出版
「かにこちゃん」(絵本ナビ紹介ページ)

赤いカニを主人公に、朝から夕まで 海辺の1日をダイナミックに表現

リズミカルで想像力をかきたてる豊かな文章に合わせて、あちこちと動き回る、かわいいかにこちゃん。
かにこちゃんに打ち寄せる波しぶきや、燃えるような赤い夕日など、魅力あふれる絵でかにこちゃんの1日を描きます。

【1才~、2才~】お誕生日に贈りたい絵本

7月に1才、2才のお誕生日を迎える赤ちゃん。これから絵本にどんどん親しんでもらいたい時期ですね。
ファーストブックとしても使えて、くりかえし読んで長く楽しめる絵本を選びました。

<1才~>『おやすみなさい』



文:ヴィルジニー・アラジディ  文:カロリーヌ・ペリシェ  絵:エマニュエル・チュクリエール  訳:カヒミ カリィ
発行:アノニマ・スタジオ
「おやすみなさい」(絵本ナビ紹介ページ)

自然の気配や音に耳を澄ませながら、 静かに眠りたくなる絵本

森に夜がやってきました。静かな月明かりの下で、おやすみの時間がやってきます。ページをめくるごとに深まる夜空。眠りにつく準備をする動物の親子や植物たち。カヒミ カリィさんの優しい文章が心地よい一冊。

<2才~>『でんしゃにのって』



作・絵:とよた かずひこ
発行:アリス館
「でんしゃにのって」(絵本ナビ紹介ページ)

うららちゃんの一人旅
目的の駅に着けるかな?


うららちゃんはおばあちゃんに会いに「ここだ」駅まで1人で電車に。「つぎは わにだー わにだー」とアナウンスがありワニが乗ってきました。「くまだ」「ぞうだ」と駅が過ぎるうち、うららちゃんはウトウトしてしまい...。

<2才~>『ねずみくんうみへいく』




作:なかえ よしを  絵:上野 紀子
発行:ポプラ社
「ねずみくんうみへいく」(絵本ナビ紹介ページ)

ラストシーンがとても楽しい!
思わず海やプールに行きたくなる


ねずみくんとねみちゃんは、海へ行こうと仲間たちを誘います。ところが、待っていても、なかなか全員そろいません。イライラしたねみちゃんはひと足先に海へ。すると、カメさんが誘っていたメンバーが最後にやってきて!?

【3才~】おしゃべりしながら親子で読みたい

3才になると、お話がたくさんできるようになって、生きものやのりもの、いろいろなモノにどんどん興味が出てきますね。読み聞かせはもちろん、ひとりで夢中に読める本ばかり。わくわくドキドキ、新しい発見と驚きで、子どもの世界が広がります。

<3才~>『たなばたプールびらき』




作:中川 ひろたか  絵:村上 康成
発行:童心社
「たなばたプールびらき」(絵本ナビ紹介ページ)

天の川でプール開き! ユーモアたっぷりの夢の世界

ピーマン村の子どもたちの願いは天の川で泳ぐこと。
七夕飾りのお願いを見た織り姫とひこ星が、願いをかなえてあげようと天の川へ子どもたちを招待します。園長先生も一緒に入念に準備体操をして、天の川でプール開き!

<3才~>『なつのおとずれ』



作・絵:かがくい ひろし
発行:PHP研究所
「なつのおとずれ」(絵本ナビ紹介ページ)

梅雨明けから夏までを
ユーモアいっぱいに描く


気象予報士のかたつむりが「梅雨明けはもうすぐでしょう」と伝えると、太陽が「そろそろみんなに知らせますか」と、メロンとスイカが呼ばれ、セミ、カブトムシ、かきごおり、扇風機と、夏の風物詩たちの出番です。

<3才~>『す〜べりだい』



作・絵:鈴木 のりたけ
発行:PHP研究所
「す~べりだい」(絵本ナビ紹介ページ)

こんなすべりだい、あったらいいな!
小さい子も楽しめる言葉遊び絵本


公園のすべりだいが変な形になっちゃった。「す――――べりだい」「すべりだい―――――」「するするべりべりだい~ん!」「すべりパイ」などユーモラスな絵にくぎづけ。さらには空から「ずん べりだい」が、降ってきて!?
*作・絵の鈴木のりたけさん:お誕生日7月31日

参考:たまひよ「7月生まれの絵本ガイドBOOK」(この絵本ガイドは、たまひよ創刊23周年「We Love Baby」キャンペーンの一環として制作したものです)



●絵本セレクト協力:絵本ナビ http://ehonnavi.net/

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る