1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 【11月生まれ】0~4才の赤ちゃんにおすすめ♪誕生月で選ぶ★絵本9選

【11月生まれ】0~4才の赤ちゃんにおすすめ♪誕生月で選ぶ★絵本9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/gdinMika

「お誕生月」というユニークな切り口で、赤ちゃんに読んであげたい絵本を選びました!
絵本作家さんの誕生月でセレクトした絵本も含まれています。これまで知らなかった新たな作家さんと「誕生月」というご縁での出会いがありますよ!

0才〜:『もうねんね』

作:松谷 みよ子 絵:瀬川 康男
発行:童心社
「もうねんね」(絵本ナビ紹介ページ)

眠そうな顔が愛らしく、一緒につられてあくびが出そう

「ねむたいよう、ワン。いぬもねんね」。ねこも、めんどりも、「もうねんね モモちゃんもねんね おめめがねむたいよう」。繰り返し出てくる「おめめつぶってくうくうねんね」のリズム感が心地よく響きます。

0才〜:『まるさんかくぞう』

作・絵:及川 賢治 竹内 繭子
発行:文溪堂
「まるさんかくぞう」(絵本ナビ紹介ページ)


ユニークでポップ。絶妙な「間」が魅力の、新しい赤ちゃん絵本


絵を上から読んでいくのですが、「まる、さんかく」ときて、「しかく」ではなくて、「ぞう」。さらに、「しかくまるぞう」「ぞうぞうしかく」と、三角や四角に混じって、ぞうやバスやとりが並んでいく、そのリズムが楽しい!

1才〜:『コロちゃんはどこ?』

作・絵:エリック・ヒル
訳:まつかわ まゆみ
発行:評論社
「コロちゃんはどこ?」(絵本ナビ紹介ページ)

世界中の子どもたちの人気者。おちゃめでかわいい子犬のコロちゃん

ごはんなのに、コロちゃんがいません! そこでママが探しに行きます。ドアの後ろかな? ピアノの中かな? それとも? ドアやピアノのふたを開けると思いもしない動物が隠れています。楽しさいっぱいのしかけ絵本です。

1才~『びっくりかずあそび』

作・絵:チャック・マーフィー 訳:きたむら まさお
発行:大日本絵画
「びっくりかずあそび」(絵本ナビ紹介ページ)

同じ数を覚えるなら、親子で楽しめるこんなハイセンスな絵本が欲しい!

白と黒の数字が1から10まで並び、その数字を引っぱったり、めくったりすると、カラフルで美しい動物たちがその数字の数だけ現れます。蝶やオウムなど、まるでアートのようにすてき。大人も楽しめます。プレゼントにも。

2才~:『どんぐりころちゃん』

作・絵:みなみじゅんこ
発行:アリス館
「どんぐりころちゃん」(絵本ナビ紹介ページ)

人気のわらべ歌、「どんぐりころちゃん」が絵本に

どんぐりの木に実ったどんぐりころちゃん。「どんぐり はちくりしょ ぽーん」の掛け声とともに、「ぽっとり ぽとん ころころりん」と地面に落ちると、丸い形や小さい形のどんぐりたちが大集合! 巻末に楽譜つき。

2才~:『さわさわもみじ』

作:ひがし なおこ 絵:きうち たつろう
発行:くもん出版
「さわさわもみじ」(絵本ナビ紹介ページ)

「さわさわさわ、ひゅるるるるるる」秋の野山を訪れたくなる

色とりどりのもみじが、さわやかな秋の風に乗り、いろいろな表情を見せてくれます。空高く飛び上がったり、だれかの顔にはりついてみたり、タイヤの陰にかくれんぼしてみたり。季節の楽しみ方を思い出させてくれる絵本です。

2才~:『おやすみ、はたらくくるまたち』

作:シェリー・ダスキー・リンカー 絵:トム・リヒテンヘルド 訳:福本 友美子 
発行:ひさかたチャイルド
「おやすみ、はたらくくるまたち」(絵本ナビ紹介ページ)

ニューヨークタイムズのベストセラーリスト第1位の本

広い広い工事現場では、たくさんの車が働いています。やがて日が沈むころ、車たちはようやく1日の仕事を終え、エンジンを止め、 “おやすみ”の支度を始めます。夜になり、車たちはそっと目を閉じ、眠りについて…。

3才~:『どうぞのいす』

作:香山 美子 絵:柿本 幸造
発行:ひさかたチャイルド
「どうぞのいす」(絵本ナビ紹介ページ)

やさしさが伝わるロングセラー。何度読んでも飽きがこない

うさぎさんが「どうぞのいす」を作ります。次々と訪ねてくる動物たちが、椅子の上に置いてあるものを、「どうぞならばいただこう」と食べながらも、持ってきたものを置いていくという、「思いやり」が心を和ませてくれます。
*柿本幸造さん:お誕生日11月30日

4才~:『ねこのセーター』

作・絵:及川 賢治 竹内 繭子
発行:文溪堂
「ねこのセーター」(絵本ナビ紹介ページ)

欠点だらけのねこだけど、なぜか目が離せないし、憎めない!

穴の開いたセーターをいつも着ている寒がりでなまけ者のねこ。どんぐりに帽子をかぶせることが仕事です。帽子をかぶせると、小さな悲鳴を上げるどんぐりに、あいさつをしながら仕事をします。でもすぐに飽きてしまい…。

●参考:たまひよ「11月生まれの絵本ガイドBOOK」(この絵本ガイドは、たまひよ創刊23周年「We Love Baby」キャンペーンの一環として制作したものです)




●絵本セレクト協力:絵本ナビ 

■関連記事
東大発「赤ちゃんの目がくぎづけになる絵本」!?をママたちが試してみた!
パパだって絵本を読んで!かこさとしの科学絵本ベスト3
AIスピーカー[Google Home]は育児に使えるか?2才児父が導入してみた

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る