SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. “赤ちゃんの熱中症”屋外・室内・屋内・車内…こんなところに危険が潜んでいる!【動画】

“赤ちゃんの熱中症”屋外・室内・屋内・車内…こんなところに危険が潜んでいる!【動画】

更新


熱中症は真夏にだけ起こるものではなく、急に気温が上がる5~6月ごろから注意しておく必要が。
まずは屋外、屋内、車内で、赤ちゃんの熱中症の危険度が高くなってしまうシチュエーションをチェックして、赤ちゃんが熱中症にならないように対策しましょう!
小児科医の黒澤照喜先生に、詳しくお聞きしました。

熱中症とは?

体内に熱がこもり、体温が急激に上昇することで引き起こされる症状の総称。
主な症状は頭痛やめまい(赤ちゃんの場合は、機嫌が悪くなる)、脱水症状や意識障害、ショック状態などで、最悪の場合、命を落とすことも。

<屋外編>熱中症の危険度が上がる!こんなシチュエーションはNG


☐ 衣類の着せすぎ

☐ 長時間、ベビーカーに乗せっぱなしにする

☐ 抱っこひもやおんぶひもで、長時間外出する

☐ 赤ちゃんの体調が悪そうなときに外出する

<室内編>熱中症の危険度が上がる!こんなシチュエーションはNG


☐ 熱がこもりやすいキッチンや浴室で過ごす

<屋内編>熱中症の危険度が上がる!こんなシチュエーションはNG


☐ 日の当たる場所に寝かせたり遊ばせたりする

☐ 風通しが悪く熱がこもる閉めきった部屋で寝かせる

☐ 厚い布団に寝かせる

☐ 長時間、水分補給をしない

<車内編>熱中症の危険度が上がる!こんなシチュエーションはNG


☐ 直射日光が当たる席に赤ちゃんを寝かせる

☐ 赤ちゃんや子どもだけで車内に置き去りにしない

●監修/黒澤照喜 先生
●イラスト/ふじいふみか 
●デザイン/風讃社デザイン室

■おすすめ記事
【医師監修】“ウィズコロナ”マスク着用で熱中症にならないためにしたいこと

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。