SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 授乳
  5. 低月齢の赤ちゃんに起こりやすい4大肌トラブルとは?受診の目安も解説【小児皮膚科医】

低月齢の赤ちゃんに起こりやすい4大肌トラブルとは?受診の目安も解説【小児皮膚科医】

更新

赤ちゃんの肌は薄くて水分量が少なく、とてもデリケートです。さらに0~3カ月ごろの低月齢赤ちゃんは、肌のバリア機能も未熟で、肌トラブルが起こりやすい時期でもあります。低月齢赤ちゃんに多い肌トラブルの症状の概要と、受診の目安について、皮膚科医の馬場直子先生に聞きました。

低月齢の赤ちゃんに多い肌トラブルとは?

今回のアンケート調査の結果によると、生後0~4カ月ごろに赤ちゃんは、乳児湿疹、おむつかぶれ、あせも、乾燥肌を経験している子が多いことがわかりました。

低月齢の赤ちゃんに多い、4大肌トラブルの症状とは?

低月齢ベビーに多い、肌トラブル4つについて、症状の概要と受診目安をまとめました。

【乳児湿疹】顔や頭など、皮脂がたまりやすい部位に湿疹が

生後2カ月ごろまでの赤ちゃんは、ホルモンの影響で皮脂の分泌がとくに盛んです。皮脂そのものや、皮膚にいる細菌が刺激になって、湿疹ができやすくなります。生後2週~1才ごろにできる湿疹の総称が「乳児湿疹」で、その中でも、3カ月くらいまでに皮脂分泌量が多い部位にできる湿疹を「乳児脂漏性湿疹」と呼びます。

受診の目安

下記項目に1つでも当てはまるときは、診療時間内に小児科か皮膚科を受診しましょう。
□ブツブツ・カサカサなどの症状が繰り返し出る
□かゆみが強い、ブツブツ・カサカサが悪化した、なかなか治らない
□ブツブツ・カサカサから嫌なにおいがする
□洗ってもかさぶたが治らない

【おむつかぶれ】おむつ内のむれ、おしっこ・うんちが刺激に

性器や肛門、おしりに炎症が起き、真っ赤にただれた状態になる肌トラブルです。長時間のおむつ着用によって内部がむれ、皮膚がふやけて傷つきやすくなったところにおしっこやうんちの汚れが刺激となることが原因です。おむつやおしりふきが肌に合わないことや、おむつの繊維によるこすれ、おむつ替えのときにおしりをふくときの摩擦が原因で起こることもあります。

受診の目安

下記項目に1つでも当てはまるときは、診療時間内に小児科か皮膚科を受診しましょう。

●赤いブツブツができてよくならない
●赤くなったところがジュクジュクしている
●ただれがひどく、皮膚がむけている
●おむつ替えのたびに泣く
●市販薬を2~3日塗ってもよくならない
※おむつかぶれと似た、皮膚カンジダ症の場合があります。

【あせも】汗をよくかく部位に赤や白の発疹できます

顔、背中、おしり、首・腕・脚のくびれなど、汗をかきやすい部分にできた赤や白の発疹です。汗をかいた赤ちゃんの肌をそのままにしておくと、皮膚の汗腺の出口に汗や汚れがたまりやすく、あせもの原因になります。かきこわすと湿疹になったり、化膿したり、細菌感染してとびひになることもあるので注意が必要です。

受診の目安

下記項目に1つでも当てはまるときは、診療時間内に小児科か皮膚科を受診しましょう。

●ひどくかゆがって、機嫌が悪い
●かきむしって湿疹やあせものより(細菌に感染し化膿した状態)になっている
●あせもの数が多く、どんどん広がっている
●2~3日おうちでケアしてもよくならない

【乾燥肌】保湿機能が弱い赤ちゃんの肌が乾燥している状態

生後2カ月ごろまでの皮脂分泌が盛んな時期を過ぎると、赤ちゃんの皮膚は大人と比べて皮脂が少ない状態になります。保湿機能が弱いため、乾燥しやすい状態です。カサカサをそのままにしておくと、皮がむけたり、湿疹が出たりして、悪化するとかゆみや炎症が起こります。また、乾燥して肌のバリア機能が弱っていると、アレルゲン(アレルギーの原因物質)が皮膚から入り込んでしまい、アトピー性皮膚炎になることもあります。

受診の目安

下記項目に1つでも当てはまるときは、診療時間内に小児科か皮膚科を受診しましょう。

●肌がザラザラ・ブツブツしている
●かゆがって機嫌が悪い
●保湿をしても肌のカサカサが続く
●赤みが目立つ

監修/馬場直子先生 写真/戸松 愛 構成・文/ひよこクラブ編集部

※この記事内のデータは、0~1才1カ月の赤ちゃんを持つママ516人にインターネットで調査を行い、アンケート結果をまとめたものです。(2021年12月実施)

低月齢の赤ちゃんに多い4大肌トラブルの概要と受診の目安を解説しました。肌トラブルを予防するために、毎日の適切なスキンケアで肌を健やかな状態に保ってあげましょう。


参考/『初めてのひよこクラブ』2022年夏号「トラブルから赤ちゃんを守る『肌ケア』ガイド」

■掲載している情報は2022年6月現在のものです。


『初めてのひよこクラブ』2022年夏号には「トラブルから赤ちゃんを守る『肌ケア』ガイド」特集があります。低月齢の赤ちゃんに多い4大肌トラブルについてと、予防のために大切な毎日のスキンケアについてポイントを紹介しています。

初めてのひよこクラブ 2022年夏号

Amazonで見る

たまひよSHOPで見る

■おすすめ記事
0~3カ月赤ちゃんと過ごす初めて夏 酷暑を乗り切るためのエアコンの使い方Q&A【保健師】

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。