SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 花束もらってうれしい? ママたちの本音

花束もらってうれしい? ママたちの本音

更新

SementsovaLesia/gettyimages
※写真はイメージです
SementsovaLesia/gettyimages

●8月7日は、「8(ハ)」「7(ナ)」の語呂合わせで「花の日」記念日

ちなみに、この日はほかにも、「バナナの日」「?(ハテナ)の日」「鼻の日」「パチスロの日」「パートナーの日」の記念日でもあります。
花屋さんのセールや、バナナの安売りなどがありそうですよね。

「女性は誰でも花束をもらってうれしい」…なんて大間違い!?

花をながめていると、心が豊かなになったり、癒されたり。
プロポーズときに花束、母の日に子どもたちからの花束、みなさんも花束にはいろいろな思い出があることでしょう。花束をプレゼントされると、手にした瞬間、誰もが幸せな気分になれる。そう信じて、お祝いごとの際に、迷わず花束を選んでいました、が…。
実は、そうでもないことが口コミサイト『ウィメンズパーク』のスレで分かりました。

「花って、もらう側にお世話を強要するんですよ。私、超ずぼらなので世話をしたくないんです。花瓶を出すのが面倒!水をやり代えるのが面倒!枯れた花を処分するのが面倒!」

「水替えが億劫なので、気がむいたら水を足す私。そりゃすぐ枯れるわ。2000円あれば家族で外食できるし、花いりません」

「転勤族のため狭いアパート暮らし、飾る花瓶もない!」

「鉢植えや小さな花束はかわいらしくて好きですけど、大きな花束は飾る場所もなく、もらって困るプレゼントナンバーワンです!」

「花屋さんにあれば綺麗と思うけど欲しくはない。水やり忘れる! 飾るスペースもなし!それより食べられるもののほうが嬉しい♪」


ほかにもたくさん「誰でも花をもらえば喜ぶと思ったら大間違い!」という、意見がありました。
そして、「花束をもらうなら、食べ物がいい!」花より団子派も多数。
見事に勝手に信じていた“花束うれしい神話”が崩されました(笑)
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』(2022年1月末まで)の投稿からの抜粋です。
※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。