SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 私、これやめたらラクになりました!「できたてを出すのをやめた!」「包丁もまな板も使わない」etc. ママ&専門家の料理の時短テク

私、これやめたらラクになりました!「できたてを出すのをやめた!」「包丁もまな板も使わない」etc. ママ&専門家の料理の時短テク

更新

野菜サラダを用意したお子様連れのお母さん
evgenyatamanenko/gettyimages

家事・育児、仕事に忙しいママたちが「これやめてラクになった!食事作り」について、「たまひよ」アプリユーザーへのアンケートで寄せられた声を紹介するとともに、家事と暮らしの研究家の中山あいこさんにお話を伺いました。

これやめたら食事作りのストレスがなくなりました!

まず、「たまひよ」アプリユーザーの“やめたことでグッとラクになった家事”をご紹介します。

■お米は無洗米
「出産後から、お米は無洗米を買っています! ちょっとしたことですが、洗う手間がなくなって自分の中ではすごくラクです!」(まるまるこ)

■出産後はお弁当の宅配
「産後1ヶ月、夕飯はワタミの宅食にして、一切作るのをやめました」(こに)

■半調理品を使って時短
「夕食は温めるだけ、下味がついていて焼くだけ、など半調理済みのものを使うようにしたら、だいぶラクになりました」(ありごん)

■ミールキットを活用
「料理の献立を考えることが苦手というか嫌いで、平日はヨシケイのミールキットの宅配を頼んでいます。一食あたりは割高になるですが、時短にもなるし、献立の片寄りもないので助かっています」(かきぴ)

■買い物は宅配を活用
「コープを使うようになって買い物が最小限でいいのでラクになりました。夫のビールは安いところでいつも買っていましたが、出産後は運ぶのが大変なのでAmazonで買うようにしました」(すずママ)

■週末は外食
「生協を利用し、平日は冷凍野菜や冷凍食品をフル活用。週末は外食のかわりにテイクアウトや出前を利用して、息抜きしています」(みーこ)

■包丁もまな板を使わない
「レンジ調理でなんとかなるものはレンジで作り、煮るものは全て圧力鍋で。食材の下ごしらえは買ったその日に、キッチンバサミで何とかなるなら包丁もまな板も出しません」(あらやまと)

■できたてにこだわらない
「できたての料理を出して食べることをやめました。できる時にできる料理を作って、食べられる時にチンしています」(はーママ)

■冷蔵庫は使い切る食材だけ
「料理はもうメニューを考えず、ミールキット注文。冷蔵庫に腐るものを置かずに全て使い切る。買い物で何作ろうなんて考えるのは余裕がある時だけでヨシ!」(肩ロース)

家事と暮らしの研究家が実践するラク家事の極意

家事と暮らしの研究家 中山あいこさんが実践しているラクになる生活の工夫について聞いてみました。

「『ママは〇〇するべき』『もっと頑張らなきゃ!』という呪縛にとらわれていない考え方が、皆さま素敵だと思いました。

私がやめたことは、野菜や果物の皮むきです。皮ごと食べるためにも、無農薬のお野菜や果物を購入しています。高価だけれど、無駄なくできるだけ全ていただきます。皮にも栄養があるので、ラクで栄養素も高く、一石二鳥。

食事は、1汁3菜にこだわらず、おかずは1種類でOK。3種類のおかずに使う素材を1種類のおかずに使えば、栄養価は変わらないはず。お味噌汁の具を盛りだくさんにすることもあります。時短になるし、調理器具や器の洗い物も少なくてラクになりました。

そのほか、生協など宅配の注文は、毎回、手入力するのをやめました。
生協では、納豆、豆腐、鶏胸肉など、毎週決まったものが来るように設定しています。時短になるし、頼み忘れもありません! 

食事作りもメニューを決めない。あるもので何かを作るようにしています。Amazon定期便も利用しています。

冷蔵庫の中のものはできるだけものを置かないようにして、食べ忘れ防止、出し入れや探す無駄な時間がなくなりました。

忙しい時や料理したくない日は、レトルトや宅配、外食に頼っています。

キッチン周りでは、専用の道具を減らし、多用途に使える道具を選ぶようにしています。例えば、やかんは持たずに、お湯は鍋で沸かす。木べらは、持たずにシリコンスプーンを使う。炊飯器は持たずに圧力鍋で炊く。ホットケーキミックスは買わずに小麦粉とベーキングパウダーを使うなどといったことです。
意外に、なくても困らないものは多いので、道具を減らすことで、キッチンはすっきりしますよ」(中山あいこさん)

キッチン周りの道具の整理は大事かもしれませんね。使わない道具は場所を取るし、整理整頓の時間も減らせそうです。
(取材・文/酒井範子)

中山あいこさん

PROFILE)
家事と暮らしの研究家。家事も子育ても仕事も、「楽しむこと」がモットーとして、シンプルで心地よい日々の暮らしぶりを綴る、ブログ「生活のメモ」が人気。17歳と7歳の2児のママ。著書に『家事が好きになる暮らしの工夫』(エクスナレッジ)『ためこまない暮らし 日々の家しごとを新鮮に』(エムディエヌコーポレーション)などがある。

※文中のコメントは「たまひよ」アプリユーザーから集めた体験談を再編集したものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
年中さんにひらがなを教えるコツは「あいうえお」順でなく、「とめ」と「はね」

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。