SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 離乳食
  4. 離乳食初期5~6ヶ月・ごっくん期
  5. 【専門家監修】離乳食[初期]5,6ヶ月ごろ★始めてOKのサインは?

【専門家監修】離乳食[初期]5,6ヶ月ごろ★始めてOKのサインは?

veSuarez/gettyimages

離乳食は、初めての食べ物に慣れることが目的。赤ちゃんが食べ物を受け入れられる準備が整ったら、気軽な気持ちで始めてみましょう。スタートの時期はそれぞれですが、今回は赤ちゃんの発達に合わせた"離乳食の始めどき”の目安をご紹介します。

赤ちゃんに”食べるための体の準備”が整ったらスタート

生後5,6ヶ月ごろになり、首が完全にすわり、大人が食べているものに興味を示したり、よだれの量が増えてきたら、そろそろ離乳食のスタート時期。ただし、月齢を優先して考えるのではなく、赤ちゃんの口や消化機能が十分、発達してからにします。開始が早すぎると赤ちゃんの消化機能に負担をかけてしまいますが、スタートが遅すぎても咀嚼(そしゃく)の発達が遅れることもあります。遅くとも6ヶ月には始めましょう。

始めてOKのサイン4つ

5,6ヶ月をすぎて、赤ちゃんが次のような状態になったら、食べる準備が整ってきたサイン。離乳食を試してみましょう。

1.支えてあげると座っていられる

首や腰がすわり、ママやパパが手を添えると短時間なら座っていられるように。

2.大人が食べている様子に興味を示す

大人が食べているところを興味がある様子でじっと見たり、自分も食べたそうに口を動かすようになってきた。

3.よだれの量が増えてくる

よだれの量には個人差がありますが、以前よりよだれの量が増えたら、消化機能が整ってきたサイン。

4.離乳食用のスプーンを嫌がらない

スプーンを唇にあてても嫌がらなかったり、スプーンを口の中に入れても舌で押し出そうとしなければ、準備はOK。

こんなときはまだ スタートしないで

赤ちゃんがこんな反応を見せたら、ちょっと待って!まだ準備が整ってないかもしれません。

□スプーンを唇にあてると口を閉じる
□スプーンを嫌がって、近づけただけで泣きだす

離乳食の開始はあせらなくても大丈夫。嫌がるようなら無理に与えず、3~4日してからトライしてみましょう。食べ物に関心が向かないようなら、大人が食べている様子を見せ、「これはごはんだよ。もう少したったら食べてみようね」などと話しかけ、食べることに興味を持たせるようにしましょう。(文・たまひよONLINE編集部)

■参考:『すぐわかる! 離乳食』(ベネッセコーポレーション 刊)より抜粋。情報は書籍掲載時のものです。

監修/太田百合子 先生

初回公開日 2018/10/02

育児中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

育児中におススメの本

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「ママの体の変化」と「おなかの赤ちゃんの成長」を徹底解説!トラブルや小さな心配を解決できます。陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんとママのことまでわかりやすく紹介します。

初めての育児 新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入


赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。