1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 離乳食[初期]5,6ヶ月から初めの1ヶ月、いつ何をどう食べさせる?

離乳食[初期]5,6ヶ月から初めの1ヶ月、いつ何をどう食べさせる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

g-stockstudio/gettyimages

離乳食は大人と同じものを食べられるようになるための、練習を目的とした食事です。5,6ヶ月ごろでは、おっぱい・ミルク以外の味に慣れ、食べ物をゴックンと飲み込めるようになるのが目標。飲み込みやすいトロトロのペースト状のかたさのものから始めます。

5,6ヶ月ごろ (初めの1カ月)の 離乳食のPOINT

離乳食を始めるときに、知っておきたいポイントをまとめました。

5ヶ月を過ぎたら、赤ちゃんの様子を見ながら進めましょう

赤ちゃんに、離乳食を受け入れる準備ができていないと、うまく進められません。以前ご紹介した「始めてOKのサイン」以前ご紹介した「始めてOKのサイン」をチェックしてみて。

離乳食の回数は1日1回。離乳食+授乳がセットです

授乳タイムの1回を離乳食にあてましょう。離乳食と授乳はセットで考え、離乳食のあとには飲みたがるだけおっぱい・ミルクを飲ませます。

食べ物のかたさはトロトロのペースト状が目安です

食べ物をゴックンと飲み込むことを覚えるため、この時期の離乳食は粒のない液状。かたさはトロトロのペースト状が目安になります。

最初はおかゆから始め、様子を見ながら量や食材を増やします

赤ちゃんの消化機能の発達を考え、消化のいいおかゆを1さじから始めます。離乳食に慣れるにしたがって、量や食材の種類を増やします。

いつ食べさせる?

★赤ちゃんの機嫌がよく、食べさせやすい時間に

授乳タイムのうちの1回を離乳食の時間にあてます。与える時間は、赤ちゃんの機嫌がよく、ママの都合もよくて、ゆったりとした気持ちで食べさせられるときがベストです。
できれば、食べたあと、何か体調に変化が起こったときに、すぐに受診できるように、あまり遅い時間にせず、かかりつけ医の診療時間内にしたほうがいいでしょう。

離乳食の スケジュールの例

スケジュールの一例です。授乳の回数や間隔には個人差があります。その子に合ったペース
で離乳食の時間を決めましょう。トロトロのペースト状にしたものを。

6:00 授乳[1]
10:00 離乳食[1]+授乳[2]
14:00 授乳[3]
18:00 授乳[4]
22:00 授乳[5]

離乳食とおっぱい・ミルクのバランスは?

★栄養のほとんどはおっぱい・ミルクから

ほとんどの栄養をおっぱい・ミルクからとる時期です。離乳食のあとの授乳を含め、このころの赤ちゃんの授乳回数は1日5回くらい。おっぱいの場合は、これより1~2回多くなることもありますが、飲みたがるだけあげてOKです。離乳食のあとにも飲みたがるだけあげましょう。
 

何を食べさせる?

★トロトロのペースト状にしたものを。最初はおかゆが適しています

最初は、消化がよく食物アレルギーの心配が少ないおかゆからスタート。おかゆに慣れたら、加熱してトロトロのペースト状にした野菜を、野菜に慣れたら、豆腐や白身魚など
のタンパク質も与えていきます。食材は1種類ずつ、混ぜずに食べさせます。塩やしょうゆなどの調味料は使いません。食材そのものの味を体験させ、変化をつけるために、だし汁や野菜スープで、うまみをプラスします。

どう食べさせる?

★ゆったりした気持ちで抱っこして食べさせます

最初は抱っこで食べさせます。抱っこするときに、赤ちゃんを寝かせすぎると赤ちゃんが食べにくく、上体を起こしすぎると疲れてしまうので、ちょうどいい抱き方を探しましょう。リラックスして、楽しい雰囲気で、赤ちゃんに話しかけながらゆっくりと。与える時間は、短時間で切り上げます。

食べさせる量は?

★最初に与えるものは、どれも小さじ1から始めます

離乳食は赤ちゃんにとっては初めての体験です。最初はどの食材も慎重に進めます。量の目安は小さじ1(5ml)くらいから。この量を4~5回くらいにスプーンで小分けにして与えます。食材に慣れてきたら、量を小さじ1から2くらいに増やし、だいたい3~4日をかけて小さじ3まで増やします。

スプーンにのせる一口の量はこれくらい

小さじ1(5ml)の量を、4~5回に分けて与えます。赤ちゃんの下唇の上にスプーンをのせます。

食べ物のかたさは?

★なめらかにすりつぶしたトロトロのペースト状

この時期のかたさは、なめらかにすりつぶしたトロトロのペースト状が目安。粒があると飲み込みづらいので、ゆでた野菜やおかゆをていねいにすりつぶしたり、裏ごしをします。最初は、スプーンをかたむけるとぽたぽたと落ちるくらいの濃度に。

かたさの目安はこれくらい

なめらかなペースト状。

関連:[新米ママハトコのオススメ#8]離乳食、お役立ちグッズはこれ!

離乳食は、赤ちゃんにとって初めての経験。ママにとっても、初ママはもちろん、2人目、3人目でも、赤ちゃんの個性によって進み方はそれぞれです。うまくいかなくてもあせらずに、ここで紹介したことを目安にゆっくり進めてみてください。(文・たまひよONLINE編集部)

■監修:太田百合子先生
管理栄養士。東京・こどもの城にて長きにわたり乳幼児の栄養指導を行う。現在は東洋大学、東京家政学院大学(聖心女子専門学校)などの非常勤講師として活躍されています。

■参考:『すぐわかる! 離乳食』(ベネッセコーポレーション 刊)より抜粋。情報は書籍掲載時のものです。

■おすすめ記事
【動画】5,6ヶ月ごろ キャベツのペースト きほんの離乳食レシピ

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事