1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 格安スマホで得をするか損をするか、その分かれ道は「通話時間」にあり!

格安スマホで得をするか損をするか、その分かれ道は「通話時間」にあり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


月々のスマホ利用料が数千円安くなるといわれている格安スマホ。筆者も格安スマホに乗りかえて、月々のスマホ代を6,000円以上安くすることに成功しました。ひと月6,000円も浮けば、家族でのお出かけや子どもの買い物に助かりますね。
格安スマホに興味があるけれど、何から調べればいいかよくわからないという人に向けて、格安スマホ選びのポイントをお伝えします。主なポイントは、「通話時間」「データ通信量」「機種選び」。今回は「通話時間」についてご紹介します。

あまり電話をかけないなら格安スマホがお得!

「安い分、デメリットもあるんでしょ?」。筆者が格安スマホを周りに勧めると、こんな反応をされることがあります。もちろんデメリットもあります。それは、ドコモやau、ソフトバンクといった大手携帯会社と比べて、インターネットに接続するときの通信速度が遅いこと。通信速度は地域や時間帯によっても大きく異なるので、「格安スマホだから常に遅くてイライラする」というわけではありません。ただ、特にインターネット回線が混雑しやすい昼休みの時間帯に動画を見たり、ゲームアプリをダウンロードしたりすると、不便を感じることもあるようです(筆者は昼間、会社のWi-Fiを通してインターネットに接続しているので、つながりづらいと感じたことはありませんが…)。

「通信速度が遅い」というデメリットがあっても、例えば「昼は画像の多いサイトや動画を見ない」と割り切ることができるなら、格安スマホがお得なことは確かです。

特に、通話料金が「通話した時間分」しかかからないことが魅力のひとつ。例えば、大手携帯会社のスマホを使っている場合、通話は月額1,700円もしくは2,700円かかる定額プランしか選べません。あまり電話をかけない人にとってはもったいないプランです。その点、格安スマホなら通話時間分しかかからないので、月額料金をぐっと抑えられます。

ひと月30分以下の通話なら、通話料金が600円に!

格安スマホの通話料金は多くの場合、30秒ごとに20円。でも、電話アプリ「楽天でんわ」を使えば、30秒10円になります。ひと月の通話合計時間が30分以下なら、月の通話料金は600円に抑えられるんです。ちなみに「楽天でんわ」は格安スマホだけでなく、普通のスマホやガラケーでも利用できますよ。

たくさん電話をかける人の通話料金節約術

スマホで電話をよくかける人は、格安スマホに変えることで逆に割高になってしまう場合があります。例えば、上でご紹介した「楽天でんわ」を使って30秒10円になったとしても、5分の電話を毎日かけると、通話料金だけでひと月3,000円かかってしまいます。そこで、通話料金節約術の登場です。

LINEの無料通話サービス。でも、データ通信料に注意

ママ同士のコミュニケーションにおなじみの無料アプリ「LINE」。無料通話機能を使っている人もいるかもしれませんね。格安スマホでも、もちろんLINEが使えます。ただしLINEの無料通話サービスは、通話料はかからない代わりに、データ通信料がかかってしまいます。また、ガラケーや固定電話との通話はできません。

3~5分の電話をよくかける人には

3~5分の短い電話をよくかける人には、短時間の電話がかけ放題になるオプションサービスがおすすめです。
大手携帯会社でも月額1,700円で5分以内の電話がかけ放題になる通話プランを実施していますが、なんとその半額以下で同等のサービスが受けられるんです。
例えば、「IIJmio」という会社が行っている「通話定額オプション/1回の通話が短い人向け」というオプションは、月額600円で3分以内の通話が何度でも無料になります。さらに家族間なら、10分以内の通話が無料に! 同社には「通話定額オプション/1回の通話が長い人向け」というオプションもあり、こちらは月額830円で5分以内(家族間は30分以内)の通話が無料になります。夫とよく電話する人は、夫婦で格安スマホへ乗り換えればさらにお得ですね。

1回の通話時間がまちまちで、ひと月1時間ほど通話する人には

「BIGLOBE SIM」が行っている「通話パック60」。これは月額650円で、ひと月60分までの通話が無料になるというオプションです。1回の通話が5分以上になることもあり、ひと月合計1時間ほど通話する人におすすめです。
また、大手携帯会社のように、電話かけ放題のオプションを設けている会社もあります。それは、「もしもシークス」。月額1,800円の「かけたい放題フル」というオプションを追加すれば、大手携帯会社で月額2,700円かかるかけ放題プランより、断然お得になります。

筆者は、遠方にひとりで暮らす父と月に1回30分以上、長いときは1時間近く電話をしています。筆者がまだ大手携帯会社でスマホを契約していた頃、オンライン上で無料通話ができるSkypeを使って父と長電話したこともありますが、データ通信料がえらいことになりました(Skypeは通話料はかからないかわりに、インターネットに接続するためのデータ通信料がかかるんです)。
父とは頻繁に会えない分、通話時間を減らしたくなかったので、いかに通話料金を落とすかを重視した結果、「BIGLOBE SIM」の「通話パック60」を選びました。


※画像クリックで拡大表示可


留守電、割込通話は必要になってから申し込む

通話に関するオプションで、少額だけど意外と馬鹿にならないのが、留守番電話や割込通話サービスの利用料金。ほとんどの格安スマホでも利用できますが、大手携帯会社と同じように、多くの会社が有料サービス(200~700円程度)にしています。

留守電や割込通話はあると便利ですが、なければないで、どうにかなる! 筆者は留守電も割込通話も申し込んでいませんが、それほど不便を感じていません。夫やママ友など、よく連絡をとりあう人が決まっていれば、LINEやメールで代用できます。留守電や割込通話サービスは格安スマホを契約した後でも申し込めるので、どうしても必要になってから申し込んでも遅くはありません。

文・新米主婦ライターU
独身時代の浪費癖が抜けず、新婚の今も節約意識の低いどんぶり勘定女。手持ちのスマホが壊れたことをきっかけに、一度の手間でガッツリ節約したいという思いつきから、格安スマホの道に足を踏み入れる。

※ここに記載した各サービスの情報は、2016年11月15日時点のものです。最新の情報と異なる場合があります

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る