1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 離乳食スタート前に確認したい”赤ちゃんの様子”&あると便利な道具8

離乳食スタート前に確認したい”赤ちゃんの様子”&あると便利な道具8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ulza/gettyimages

赤ちゃんが5,6ケ月になったら、離乳食をスタート! でも、突然思い立って始めていいものではありません。では、どんなことを確認したらいいか。スタート前に確認しておきたいコト、準備しておきたいモノについて、管理栄養士の太田百合子先生に聞きました。

関連:離乳食初期(5~6カ月ごろ)に食べさせていい食材と進め方

赤ちゃんの様子は要チェック!離乳食開始前に確認したいコトは?

生後5,6ヶ月ごろ、離乳食は1日1回、ゴックンと飲み込む練習から進めます。スタートが早すぎると胃腸に負担をかけ、遅すぎるとそしゃくの発達が遅れることがあるので、始めどきはしっかり見極めることが必要です。始めてOKのサインを参考に判断しましょう。

離乳食を始めてOKのサインはコレ!

☑首がしっかりすわっている
☑授乳のリズムが整っている
☑大人が食べている様子に興味あり
☑唾液の量が増えてくる
☑離乳食用のスプーンを口にあてても嫌がらない
☑支えてあげると座っていられるなど

※上記はあくまで目安。すべてクリアしていなくても、首がしっかりすわっていれば、赤ちゃんの様子を見ながら始められます。

離乳食開始前に用意したいモノは?

離乳食をスタートする前は、あると便利なグッズのチェックも大事!離乳食作りに役立つモノを見ていきましょう。

離乳食作りにあると 便利なモノ

[小鍋]
少量の離乳食を作るときに、大きな鍋だと周囲にこびりついてしまうし、火力も必要。小鍋がおすすめ。

[まな板・包丁]
木製のまな板は表面の傷から雑菌が入りやすいので、プラスチック製がおすすめ。万能包丁で十分。よく研いで使って。

[すり鉢・すりこ木]
すり鉢は直径の小さなものが使いやすくて便利。すりこ木もあわせて用意して。

[こし器・茶こし]
裏ごしする以外に、少量の材料をゆでたり、湯通しするときにも便利。目が粗く丈夫なものを選んで。

[計量カップ・計量スプーン]
計量スプーンは離乳食の少ない量を量るのに便利。計量カップは耐熱ガラス製だと、電子レンジでも使えます。
(小さじ=5㎖ 大さじ=15㎖ 計量カップ200㎖が基本です)

[おろし器]
底にゴムがついていると、すべらずにおろせます。目のこまかいものを選んで。

関連:離乳食に向けて用意しておきたいグッズと離乳食作りの時短テク

「うちの子、今日で5ケ月。離乳食始めよっ♪」はNGということがわかりましたね。赤ちゃんの首がしっかりすわっているか、授乳リズムが安定しているかなどをきちんと見た上で、役立つグッズなどの用意も合わせて進めていけるといいですね。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修/太田百合子先生(管理栄養士)
東京・こどもの城で長きにわたり乳幼児の栄養指導を行う。現在は大学や専門学校の非常勤講師のほか、講演会などでも活躍。東京都小児保健協会理事、日本小児保健協会栄養委員、日本小児医療保健協議会栄養委員、日本食育学会代議員。専門は離乳食、幼児食、子どもの肥満など。

■参考文献:たまひよブックス「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
【動画】離乳食 7,8ヶ月ごろの姿勢と食べさせ方は?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事