SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 【医師監修】赤ちゃんが危ない!子育てファミリーの【リビング】NGポイント8

【医師監修】赤ちゃんが危ない!子育てファミリーの【リビング】NGポイント8

tatyana_tomsickova/gettyimages

赤ちゃんが動き回れるようになると、リビングでも危険なことをしてしまいがち。ケガや事故から赤ちゃんを守るために知っておきたい8つのポイントを、小児科医の山中龍宏先生に解説してもらいました。おうちの状況をチェックしてみて。

【危険1】電気コードが整理されていない

コードがからんでぐちゃぐちゃになっていると、赤ちゃんの首に巻きついたり、感電したりする恐れがあります。

【危険2】加湿器やアイロンなどの家電製品を放置

使用後のアイロンは出しっぱなしにせず、手の届かない場所に置いて。加湿器には近寄れないようにガードを。

【危険3】ゴミ箱を床に置いている

赤ちゃんには、ゴミ箱やその中身も遊び道具。誤飲や、ゴミで手を切ってしまうなどの危険があります。

【危険4】テーブルの角や柱が直角

はいはいや伝い歩き中に、頭や体をぶつける可能性があります。寝返りする赤ちゃんも要注意。そのほかの家具の角も、同様に危険です。

【危険5】ソファに赤ちゃんを寝かせたまま

ねんねの時期でも、足や頭を動かしているうちに転落することがあります。赤ちゃんをソファに寝かせず、ベッドや布団へ移動を。

【危険6】階段にゲートがついていない

バランスを崩したり、足を滑らせて転落する危険があります。階段の上と下には必ずゲートを取り付け、赤ちゃんが1人で上り下りしないようにして。また、荷物などを階段に置かないで。

【危険7】暖房器具にガードをつけない

温風が出る吹き出し口に触れて、やけどする危険があります。赤ちゃんを絶対に近づけない対策を。

【危険8】ホットカーペットに赤ちゃんを寝かせる

赤ちゃんを長時間寝かせていると、低温やけどをすることがあります。寝かせっぱなしはNG!

赤ちゃんは好奇心旺盛。動きが活発になると、興味や関心が向くままに触ったり口に入れるなどします。リビングに危ないものがないか点検するときは、赤ちゃんの目線でもチェックすると安心でしょう。(文・ひよこクラブ編集部)

監修/【小児科医】山中龍宏 先生

初回公開日 2018/6/4

育児中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

育児中におススメの本

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「ママの体の変化」と「おなかの赤ちゃんの成長」を徹底解説!トラブルや小さな心配を解決できます。陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんとママのことまでわかりやすく紹介します。

初めての育児 新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入


赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。