1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 1歳~1歳6ヶ月ごろの離乳食[完了期]赤ちゃんは何をどう食べる?

1歳~1歳6ヶ月ごろの離乳食[完了期]赤ちゃんは何をどう食べる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RobynRoper/gettyimages

必要な栄養のほとんどを離乳食からとるようになる1歳~1歳6ヶ月。卒乳する子も出てきたり、食の自立に向かって「自分で食べる」意欲もわいてくるころ。この時期の様子や、離乳食の与え方で大切なことを、管理栄養士の太田百合子先生に伺いました。

関連:離乳食完了期(1才~1才6カ月ごろ)の進め方! 与えてOKな食材一覧

カミカミからパクパクへ!前歯でかじり取り、手づかみ食べが上手に

1歳ごろになると、前歯と奥の歯ぐきを使ってかむことができ、自分でどんどん手づかみ食べをするのが上手になります。これまで以上に食べられる食材が増えるので、レシピの幅も広がります。メニューの工夫をしながら、食事への意欲や味覚を育ててあげて。

口や歯の発達具合は?

上下の前歯が、4本以上生えてきたら、前歯で食べ物をかじり取れるようになります。また、舌が自在に動くようになって、かじり取った食べ物を奥の歯ぐきに移動させて、かみつぶせるようになってきます。

食材のかたさ・大きさは?

歯ぐきでかめて、スプーンで切れるぐらいのかたさに調理します。食材はだいたい、5㎜~1㎝角が目安。根菜などは手づかみ食べしやすいスティック状にしても。

一口の量はどれくらい?

スプーンにのせた一口の量は、小さめのスプーンでこれくらい

関連:保育園に学ぶ!”よく食べる”離乳食のための環境作り&上手な食べさせ方

「自分で食べたい!」気持ちが強く芽生えてくる時期。スプーン・フォークを使いたがる子も出てきます。赤ちゃんが使いやすいものを選び、危険がないように見守りながら自由に使わせてみましょう。それが、食の自立につながっていくはずです。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修/太田百合子先生(管理栄養士)
東京・こどもの城で長きにわたり乳幼児の栄養指導を行う。現在は大学や専門学校の非常勤講師のほか、講演会などでも活躍。東京都小児保健協会理事、日本小児保健協会栄養委員、日本小児医療保健協議会栄養委員、日本食育学会代議員。専門は離乳食、幼児食、子どもの肥満など。

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
30秒でわかる! スタートから幼児食までの大きさ変化「離乳食タイムライン♪」

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事