1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 子どもが便秘気味 【1歳~幼児】症状別 受診の目安とホームケア

子どもが便秘気味 【1歳~幼児】症状別 受診の目安とホームケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jgaunion/gettyimages

排便の回数が多少減っても、よく動いて食欲もあればとくに心配いりません。排便の回数が極端に減る、うんちを出しにくそうなどのときは便秘かもしれません。

子どもが便秘気味 どうして便秘が起こるの?

 子どもは大人より腹筋が発達していないこともあり、便秘になりやすい傾向があります。1才以降の子では、便意はあるけれど痛みを感じるなどして、途中で排便をやめてしまうケースも少なくありません。ほかにも小食、偏食、水分不足、食物繊維不足が影響する場合も。

子どもが便秘気味のとき 気をつけることは?

 腸にガスがたまって便秘になることも。おなかが胸の高さより高い、出べそになっているなどはガス腹になっているサイン。「の」の字マッサージをして、ガスを抜いてあげましょう。

普段の生活の様子と排便時の様子を観察して

 日中よく動いて、食欲があれば多少便秘気味でも大丈夫。ホームケアでの改善を試みましょう。排便時に苦しそう、痛そうなどの様子がないかどうかも受診の目安になります。

子どもが便秘気味のとき ホームケアのポイント

1.「の」の字マッサージで腸のぜん動運動を促して

 朝起きたときや、おふろ上がりなどのときに、「の」を字におなかをマッサージします。腸が刺激されてうんちやガスが出やすくなります。

2.うんちをやわらかくするためにこまめに水分を

 水分不足も便秘の原因になります。普段から便秘気味の子は、うんちをやわらかくするためにこまめに水分補給しましょう。

3.食物繊維の多い食品を与えます

 さつまいもやりんご、プルーン果汁など食物繊維が多い食品を積極的に取り入れて。ただとりすぎると消化不良で下痢を起こすので、うんちの様子を見ながら加減しましょう。


監修:松井潔 先生
神奈川県立こども医療センター 総合診療科部長
1986年愛媛大学医学部卒業後、神奈川県立こども医療センターに勤務。2005年より現職。専門各科と連携しながら、総合診療科で治療に努めていらっしゃいます。

生後1歳~ 子どものホームケア
熱が出た
吐いた
下痢をした
せきが出た
肌にトラブルがある
鼻水・鼻詰まりがある
便秘気味

生後1歳~ 赤ちゃんの発育発達、生活とお世話のポイント、親子のコミュニケーション

■おすすめ記事
≪赤ちゃんがケガしたら大変! 家具や家電が倒れないように工夫しよう≫

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事