1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 赤ちゃんの血液型はいつわかるの?

赤ちゃんの血液型はいつわかるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FamVeld/gettyimages

赤ちゃんが誕生すると、「血液型は何型かな?」「ママ・パパのどっちの血液型と同じかな? それとも違うのかな?」などと、家族で血液型が話題に上ることもあるでしょう。そこで、「血液型って生まれてすぐにわかるもの?」「どんな検査が必要なの?」など、赤ちゃんの血液型に関する疑問について、「ひよこクラブ」の人気連載「すくすく成長日記」の監修でおなじみ、小児科医の若江恵利子先生に聞きました。

関連:【動画】赤ちゃんの1カ月健診&ママの産後健診リポート

そもそも血液型とは?

一般的に血液型と言うと、「ABO血液型」を指します。このABO血液型は、血液中の赤血球の表面にある「抗原」の型と、それ以外の血清中にある「抗体」の型を検査し、その組み合わせによってA型、B型、O型、AB型の4種類に分けられます。

また、ABO血液型以外によく知られているのが、「Rh血液型」です。これには陽性のプラスと陰性のマイナスの2種類があります。日本人は圧倒的に陽性のRh+が多く、陰性のRh-はわずか1%以下しかいません。非常に珍しい血液型といえるでしょう。

血液型を調べる検査ができるのはいくつになったら?

赤ちゃんのABO血液型は、生まれてすぐははっきりとわからないことがあります。赤血球の「抗原」がきちんとできあがるまでに約1年、血清中の「抗体」が体内でできあがるまでに約2~4年かかるといわれているためです。したがって血液型を確実に知りたいなら、4歳以降に検査するといいでしょう。

血液型の検査は採血で行われます。費用は健康保険がきかないので自己負担になり、一般的に2000~3000円くらいです。腕に注射をし、ある程度の量の血液を採り、「抗原」や「抗体」を調べます。小さい子は注射を打たれるとき、ひどく痛がって泣き叫んだり、大人が動かないよう押さえていても動いてしまったりして、一度で上手く採れないことがあります。また、もともと小さい子の血管は大人より細く、採血が難しいため、なおさら一度で採れないことも。そのため、子どもの負担を考えると、単なる大人の興味本位で検査をするのは、あまりおすすめできません。

血液型を知らなくても問題はない?

実は親が赤ちゃんの血液型を知らなくても困ることはありません。でも、「わが子に輸血が必要になったとき、問題はないの?」と心配に思うママ・パパもいるかもしれませんが、心配無用です。輸血が必要なときには病院では必ず、子どもの血液型を検査するので安心してください。たとえママが「私はA型で、この子もA型です。私の血液を使ってください」と言ったとしても、それを鵜呑みにして輸血することは絶対にありません。
なぜなら、輸血時の抗原抗体反応を避ける必要があるためです。輸血される側の血液型と輸血する側の血液型の組み合わせが悪いと、赤血球が溶けて死に至る事態になります。そのため、病院ではあらためてそれぞれの血液型を検査し、さらには実際にマッチングテストを行うことで、慎重に判断を下しています。

ママ・パパにとって赤ちゃんの血液型は「知らなくても問題がないもの」というのは意外かもしれませんね。日本では広く知られているABO血液型ですが、海外ではあまり関心がないとも言われています。輸血が必要なときはきちんと検査をするので、知らなくても心配しなくて大丈夫! どうしても気になる場合は、子どもが大きくなってからでも遅くはないようですね。(取材・文/永井篤美、ひよこクラブ編集部)

監修/若江恵利子先生
医療法人恵徳会あさかクリニック理事長。小児科医。東邦大学大森病院新生児科、愛育病院小児科を経て、栃木県で開業。

関連:[うちのりぼんちゃん#10]びっくり!?1ヶ月健診

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る