1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 出産立ち会いで失神!?ママのツッコミに笑いが止まらない!うちの“残念な夫”

出産立ち会いで失神!?ママのツッコミに笑いが止まらない!うちの“残念な夫”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lukas_zb/gettyimages

夫といえば頼りになる“一家の大黒柱”だなんて、それはもうひと昔前の話…。
くすっと笑える失敗から、ちょっとイラっとしてしまったエピソードなどなど。あなたなら笑える?笑えない?

こちらもおすすめ→ なぜか憎めない、夫のおバカエピソード大集合!

おちおち病気にもなれない!?

頼りになるパートナーのはずが…、なんかズレてる...、などなど、体調が悪い時に感じた“残念な夫”エピソードを集めました。

うちだけじゃないはず…調子悪いアピールしまくり夫

数年前、一家でインフルエンザにやられた時のこと。
38度超えの熱でフラフラしながも、気合いで最低限の家事と子どもたちの世話をする私。
対して、予防接種を受けているためか症状が軽いくせに、調子悪いアピールがうるさい夫。
「なんかダルいな」
「ヤバくなってきたかも」
「やっぱりダメだー」
って、アンタ熱36.8度しかないじゃん!
ほぼ平熱だよ!
いやはや、男ってホント病気に弱い。
こんな感じの夫、きっとうちだけじゃないはずですよね(笑)

何を作りたかったの?おつかいエピソードpart1

私が流産の手術をして、しばらく外出しなくていいように、カレーの材料を買いに行って、にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、お肉、そして「レトルトカレー」を、買ってきたことです。レトルトカレー買うならそのほかの材料要らないよ…

さっぱりしたものが欲しかったのに…おつかいエピソードpart2

2年前の夏、熱中症で緊急搬送された私。
病院から帰ってきても、まだ吐き気やめまいがあり布団に横になっていましたが、何か食べないと!と夫が言うので、夫に買い出しに行ってもらいました。
うどんなど、さっぱりしたものが欲しいと言ったのに、なんと買ってきたのは、ポテトチップスでした。栄養が足りないから倒れるんだ、とにかくカロリーの高いものを食べて栄養をつけないといけない!と言われ、もう呆れて何も言えませんでした…

今では笑い話!?出産時の夫“残念な夫”エピソード

様々なドラマが起こりやすい出産。感動の体験のはずが、なぜこうなった!?

初めての出産は甘くない!?

1人目出産の時、陣痛で夕飯を食べられなかったので、「甘い飲み物買ってきてあげて」と頼まれて急いで病院の自販機に買いに行った夫。
笑顔で買ってきた!と戻ってきた夫を見たら手には全然甘くないコーヒーが…。
「これ甘くないよね」と陣痛の痛みに耐えて返したら急いでまた自販機へ…。
そして手には甘さスッキリ!と書いてあるジュース…。
甘さスッキリ!って書いてあるじゃん!甘くないじゃん!と心の中で突っ込みもうダメだと思いそのジュース貰いました。
出産後飲んだけど全然甘くなかったです…。
もしかして自販機に甘い飲み物なかったのか?と思って、後日確認したらイチゴオーレありました。
本人曰く、テンパってたらしいです。

なんのための休暇だったのか

夫の会社では当時、妻の出産時の好きな期間(土日含めて5日間)休暇が取れました。
私は、予定帝王切開のため、前泊含め9日間入院でした。てっきり退院後5日間取ってくれるとおものですが…
入院初日から5日間取りました。結局、夫のただの休暇になりました。

一番手がかかったのは、うちの夫でした

出産の時、立ち会いしてもらうはずだったのですが、夫が分娩室に入った途端倒れてしまい、詰所の事務椅子に乗せられ助産師に外に連れ出されてしまいました。
しばらくして、再度分娩室に入ってきたと思ったら、また姿が消えました。
そして、またまた事務椅子に乗せられ運ばれていきました。
もう夫の事が気になって気になって、もう1人で大丈夫です。と助産師に告げ、夫には休んでもらいました。

日常生活での失敗談

普段の生活でも油断はできません。子どもの運動会や店員さんとのやりとりでの失敗エピソード、ですがなぜだかほっこりしちゃいます。

ビデオ係は任せたはずが…

子どもの運動会、ビデオは俺が撮るから応援は任せるぞ!と、別行動した夫。
帰宅後のビデオ鑑賞会で見たのは豆粒みたいなわが子のラジオ体操。
最初から最後の組が走り終えるまで約15分以上ただただ撮り続けた徒競走。
ずーーっと違う子を撮って最後の10秒ほど急にピントを合わせたダンス。
翌年から下の子と過ごして貰いました。

引っ込み思案が面倒な夫

生まれつきの引っ込み思案が面倒な夫です。
電気屋に行って、商品の説明を聞きたいとき、その辺をうろついている店員をつかまえて、商品の前に連れてきて、違いの説明をお願いするのは、いつも私の役目です。
暇そうにしている店員さんを連れてくるように頼んだら、こっちを向いていない人間にいきなり声をかけるのは、ものすごく勇気がいることだったようで、わざわざ遠くのカウンターまで行って、どうにか勇気を振り絞って声をかけてつれてきました。その待ち時間の長いこと。
普段、会社で人に声をかけるのとか、どうしているんだろうと思います。
でも、そういうのを分かってて結婚したので、苦になりません。

次々に飛び出す夫たちの“残念な夫”エピソード。そんな夫に、時にはイラっとしながらも冷静にツッコミを入れているママたち、さすがです!
「うちの夫にも負けないエピソードある」と共感した人もきっと多いはず!
(文・羽鳥まゆ)

こちらもおすすめ→ なぜそうなる?!ママたち総ツッコミ「夫の家事あるある」総集編

■文中のコメントは『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
取ってもらってよかった! 先輩ママが語る“夫の育児休暇“

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る