1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 【芸人夫婦の育児生活】漫才ネタにはならないレベルだけど面白いことがいっぱい転がっています

【芸人夫婦の育児生活】漫才ネタにはならないレベルだけど面白いことがいっぱい転がっています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑いコンビ「夫婦のじかん」として、2016年よりリアルな夫婦で活動中の大貫ミキエさんは、現在1歳になる男の子の子育て真っ只中。日常の育児の笑えるひとコマを漫画にしたインスタグラム(@ohnuki_fufutime)はフォロワー数2.5万人! そして4月より「たまひよONLINE」でも連載を開始予定。そんな大貫さんに、前回は芸人ならではの妊娠事情を語ってもらいました。そして今回は相方山西さんとの子育てについて伺います!

前回の記事:【女芸人の妊娠事情】パチンコ営業、居酒屋レポート…大貫ミキエさんインタビュー

何気ない私の「ふーーーっ」というため息に共感してくれる夫は私の分身的存在

ーーー里帰りをせず、最初から山西さんと育児をスタートされていましたが、大変ではなかったですか?

(大貫さん)里帰りも考えましたが、私がいないと彼も芸人の活動ができないし、子どもがとっても好きな人なので、「この人とだったら楽しく育児ができそう」って思ったんです。ふだんの私の漫画で描かれている旦那は「しゃべらなくてスマホばっかりいじっている人」みたいに見えるじゃないですか(笑)、でもそれは関西弁を面白く漫画にしづらかったりするだけ。実際の旦那となら、明るく子育てできそうだし、育児に対する考え方の違いもないだろうなって思えたんです。

───実際の山西さんのパパぶりはどうですか?

(大貫さん)女性って出産すると赤ちゃんに愛情がいってしまって、旦那さんそっちのけになるってよく聞くじゃないですか。でも、私はもちろん息子もかわいいけど、それで旦那がそっちのけになる、という感覚はなかったのに、旦那のほうが息子に夢中で。一気に父性が芽生えちゃって、むしろ彼のほうが私のこと忘れたのかと思うくらいです。女の子だったらもっとやばかったのかもと思うと、男の子でよかった(笑)


 でも、息子が朝からぐずりがひどい日があったんです。そのころ首もすわりかわいくなってきて、でも育児はすごーく大変で、そしてその日はぐずって私もクタクタ。ソファに座って「ふーーーーっ」とため息をついたんです。その時すかさず旦那が「わかるよ」って。そして「『息子は毎日かわいいし、育児が嫌だってわけではないんだけど、今日は朝からこんなに頑張って、ここまでやって、まだ午後の3時か・・・』の、ふーーーーっ でしょ?」って聞いてきたとき、まさにこの人と共感できてる!って感じましたね。

まわりの人を頼ることって大事!保育園に通わせて思ったこと

ーーー最近、保育園生活がスタートしたようですね?

(大貫さん)私、最初から親を頼らず育児を始めたので“子どもを人に預ける”ということに罪悪感や不安がたくさんあったんです。でも、いざ預けてみたら…まったく考え方が変わりましたね。自分ではできない遊びをしてもらったり、きちんと食べて、寝かせて生活のリズムを作ってもらえて、帰ってくると息子は疲れてちゃんと寝てくれる。まさにこれってプロの仕事ですよね。自分が仕事で疲れて、体力もない状態で中途半端にお世話するより、自分ができないことをプロにお願いするってすごく大事だし、人に頼ってもいいんだって思えるようになりました。

 私の生活にもメリハリがつきました。昔はだらだら~~っと時間もたっぷりかけて仕事していたのが、息子と過ごす時は仕事をしない、仕事は時間を決めて終わらせるって切り替えられるようになりました。実は毎朝、通園中に昔のボロ家(前回インタビュー参照)の前を通るんですけど、そのたびに「子どももいて、まともな家に住んで、電動自転車に乗ってるわたし…。なんて幸せなんだ!!」って実感してるんです(笑)

忙しい育児の合間に笑ったり、共感してもらえたら嬉しい

ーーー大貫さんが漫画を描くときのこだわりや想いはありますか?

(大貫さん)自分が描き始めて知ったんですけど、育児漫画を描くブロガーさんやインスタグラマーの方ってすごく多いじゃないですか。でも、それを見だしたら無意識に他のかたの漫画に引っ張られて、オチやエピソードが似てしまうかもしれないから、あえて見ていません。漫才のエピソードトークと言われるものは、本当に面白いネタだったり、たいしたことでなくても面白く語れる話術がないとできないんです。でも日常には漫才のネタにまではならない、面白いことがたくさん転がっている。私はそんな日常のくすっと笑えることを漫画に盛り込んでいます。

私の場合、旦那あってこその育児ですが、世の中には1人で子育てしているママもいるし、同じように仕事をしながら育児をしている人もいると思います。そんなママ達が育児の合間に、こんなことあるあるって共感したり、笑って、育児が楽しくなるような漫画にしたいと思ってます。4月からの連載も楽しみにしていてください!


相方、そしてご主人の山西さんの献身的なサポートやイクメンぶり、そして夫婦二人三脚で楽しく子育てしている様子をたっぷりと伺えました。4月からの連載も、どんな笑いが詰まっているか楽しみです!(文・中島博子)

大貫ミキエさんプロフィール

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属/夫婦お笑いコンビ「夫婦のじかん」の嫁担当。イラストレーターとしても活動中。相方は元・トンファー山西章博。息子(2018.3生)と夫との3人暮らし。2019年3月にコミックエッセイ「母ハハハ!」(PARCO出版)を発売。

『母ハハハ!』(著・夫婦のじかん 大貫さん/PARCO出版)


結婚やコンビ結成のエピソード、妊娠・出産・育児の中で日々巻き起こる、笑いと癒しと奮闘の数々をユーモアたっぷりに綴った抱腹絶倒のコミックエッセイです。

■おすすめ記事
イクメンだと思っていませんか?“残念な夫”検定

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事