1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. リュックorトート?いまどきオシャママのマザーズバッグはコレ!

リュックorトート?いまどきオシャママのマザーズバッグはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:@shinobu_0427さん

これから出産予定のプレママも、子育て真っ最中のママも、気になるのが毎日使うマザーズバッグ。オシャレはしたいけど、荷物はうんざりするほどたくさんあって、収納量と軽さ、使いやすさは必須項目だから、オシャレなママがどんなものを愛用しているか知りたいですよね。
そこで今回はインスタグラムのオシャママ達が愛用中のマザーズバッグをフィーチャーしてみました。リュックもトートも、「オシャレで軽くてたっぷり入る」を叶える逸品をチェックしちゃいましょう!

関連:産後も着まわす!ユニクロ・GUを駆使しまくるいまどきマタニティ

両手がフリーになるリュックは北欧ブランドが人気

小さな子どもがいると抱っこしたり手をつないだり、両手をフリーにしておく方が安心というママはリュック派。どんな服装にも合わせやすいので、やはり黒やグレーなどのクールなモノトーンが人気のようです。オシャレでセンスのいいママが選んだ北欧製の3つのリュックをチェック!

★万人にウケるマリメッコは普段使いにも◎

マリメッコのシンプルなグレーのBuddyバックパック。多彩なポケットを搭載しているので、細々としたものの収納に便利な上、ジッパーで間口が大きく開くので荷物の出し入れも楽チンなのがママ達にウケています。スマートでシャープなイメージが大人っぽくてかっこいい!

★スウェーデン発のスタイリッシュなmoz

抱っこをせがまれる時期は両手が空くリュックの方が便利、とmozのリュックサックをチョイス。角の取れたデザインだから、黒でも柔らかく可愛いイメージ。クッション材が入っているからPCはもちろん、大事なものの持ち歩きに便利です。

★ユニセックスなデザインがオシャレなガストンルーガ

こちらもスカンジナビアのブランド、ガストンルーガ。メタルの金具やレザーベルトなど、ディテールの質感にもこだわった、小洒落たデザインが特徴的。パパとシェアして使うのもオススメです。

キャンバストートは定評のあるブランドをチョイス

たっぷり入って自立し、荷物を取り出しやすいトートバッグ。白いキャンバスをベースにしたものならこれからの季節にぴったりで、カジュアルからキレイめまで幅広いスタイリングに似合うので大活躍間違いなしですよ。質もデザインも定評のあるブランドからチョイスしているママが多いようでした。

★大人気LLビーンのシーズン限定カラーが可愛い!

キャンバストートといえばここ。機能性とデザインを兼ね備えたトートは、オリジナルのモノグラムをオーダーをすることでさらに愛用度が高まります。シーズンごとにカラーが変わるので早めにチェックしてオーダーをオススメします!

★超定番エルベシャプリエのリュクスなホワイト

定番のナイロンもいいけど、キャンバスにコーティングを施した「コーテッドキャンバス」を使ったエレガントなライン。傷や汚れ、濡れにも強いからリュクスな白も、遠慮なくガンガン使えちゃいます。

★着こなしをランクアップする憧れのバレンシアガ

名だたるオシャレ芸能人も愛用しているバレンシアガのキャンバストートバッグ。オシャレ度はピカイチ、どんなスタイルもバッチリキマっちゃいます。出産頑張った自分へのご褒美にしてみては。

軽い!洗える!ネオプレントートがキテます

以前取り上げた「ステートオブエスケープ」などネオプレン素材のトートバッグ。軽くて大容量、洗濯機で洗える、とマザーズバッグに必要な項目をクリアするニューフェイスとして、認知度はうなぎのぼりです。シンプルだからお仕事にもそのまま持っていける、とワーママからの支持も厚いようですよ。

★シンプルかっこいいウィローベイのブラックトート

1万円前後とお求めやすい価格で可愛いと評判の、オーストラリア発のウィローベイ。肩掛けできるトートはお財布などものの出し入れが楽ですよね。同素材同色のポーチがセットになっています。

★パリ発Qバッグもインスタグラムで人気!

Qバッグはパリ発のネオプレンバッグ。黄色やピンクなど鮮やかなカラーのラインナップが印象的です。マザーズバッグとしてだけでなく、ジムや旅行用にもぴったり。畳んで持ち歩いてもシワになりにくいから、予備のバッグとして使うのもオススメです。

関連:おしゃれママが選ぶマザーズバッグは「ステートオブエスケープ」

いかがでしたか?マザーズバッグは使う頻度の高いものだから、妥協せずしっかり比較して購入しているママが多いようでした。子供の成長に合わせて荷物の中身は変化するので、その時々にぴったりくる相棒バッグをゲットしておきたいですね。
(文:中山裕子)

※記事内容でご紹介している投稿、リンク先は、削除される場合があります。あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事