1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 0歳
  4. 「息子かと思ったら」「診察台でまさかの…」穴があったら入りたい! 私の恥ずかしい赤面体験

「息子かと思ったら」「診察台でまさかの…」穴があったら入りたい! 私の恥ずかしい赤面体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
怖い赤毛の女の子カバー顔は指を通して覗く
fizkes/gettyimages

「知らない間にあられもない姿を…」「誰もいないと思っていたのに…」などの醜態(?)を晒してしまったことが1度や2度は、みなさんもあるのでは? 今回は、口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられた投稿の中から、抱腹絶倒間違いなし!の恥ずかしい体験を大公開します。

こちらもおすすめ→ゴンドラをドラゴン!?突っ込みたいけど突っ込めない!義父母や上司の困った発言集

あらっ?!見てたのね〜 私の赤面体験談

慌てている姿を想像しただけで、笑わずにはいられないママたちの告白をご覧ください!

お隣さんは見ていた…

「近所の犬がワンワンうるさいので、犬からは見えないよう車の影に隠れて、『ワンっ!ワンっ!』と吠えて、不思議がる犬をウフフと思って見ていたら…。飼い主さんが窓から私をウフフと見ていました…。顔から火が出るほど恥ずかしかったです!」

ズボンのチャックが全開

「回覧板をお隣さんが届けてくれた時、ズボンのチャックが全開で、パンツがかなり見えている状態なのを忘れてそのまま出てしまいました。タイトなズボンをはいていて、帰宅後とりあえず解放感で開けていたんですよね〜」

ワンピの裾がパンツにイン

「夏に可愛いロングワンピを着て外出していました。するとすれ違ったおばさんに『スカートめくれていますよ!』と言われて見たら、パンツの中にスカートの後ろがイン!!家から20分も歩いた場所で言われたので超恥ずかしかった」

自転車の足が届かない!と思ったら…

「ママチャリを買いに家族で自転車屋さんへ。気に入った自転車があったので、試乗する事になりました。乗ったのはいいけど、足が届かない。『自転車が大きいのかな?』と店員さんに聞いたら、『自転車のスタンドが上がってないからです』とアッサリ…。遠巻きで見ていた娘が夫に『お母さん、何してんの?』と聞いたら、『黙っておけ。お母さんは一生懸命生きている』と言ったらしい」

診察台でまさかの…

「私は、妊婦健診の際、診察台の上でお腹を押された勢いで、先生に向けておならをしてしまいました。何年経っても、時折思い出しては、恥ずかし過ぎて、叫びたくなります」

昨日着ていたレギンスが…

「コーヒーが飲みたくて、近所のコンビニへ車で買いに行きました。帰ってきて玄関で靴を脱ごうとふと下駄箱の備え付けの鏡を見たら…、何かがお尻からだらーっと出ている?! よくよく見たらロングスカートのウエストのゴムの部分に、前日にはいた裏返しのレギンスが挟まっていてビローンと垂れ下がっていました。しかも地面まで垂れ下がり、ズルズル引きずって歩いていたみたいで…。あ~恥ずかしい!」

人違い! 勘違い!大間違い! 消えてしまいたいほど恥ずかしい体験

宝塚風あり、ショートコント風ありと、取り消しができない状況に陥り大慌てした読者の失敗談を紹介します。

息子と思ったら、宅配便のお兄さんだった!

「子どもが帰ってくる時間にピンポンが鳴ったので、『なにピンポンならしているのォー♪ ママがァーあなたのために鍵は開けています♪』と…。てっきり子どもが帰ってきたと思い、宝塚風に、ドアを開けたら、宅配のお兄さん…。『ありがとうございますぅ♪』平野レミ風の明るいテンション高めの奥さんを装いました。」

鏡の前でひとり芝居

「友だちの結婚式での話。式が始まるまでホテルのラウンジへ。ラウンジに入ろうとすると、前から来た女の人と鉢合わせ。こっちが道を譲ろうとするとその人も同じ方によけて、なかなか道を譲れない!『あっ、すいません。あっ、すいません。』と5、6回左右によけてやっと気がついた私…。あれ…?この人、私と同じドレスを着てる!なんなら私と同じ顔!?これ私やん!はい、私ラウンジの壁一面にある鏡に向かって1人ブツブツ変な動きをしていました」

兄と思ったその人は、知らないおじさん!

「兄と大きな家電量販店に行った時のこと。『ねえねえ これっ凄いよ(腕時計)1000円だって!とても1000円には見えないね!安いねえ!』と隣にいた兄を肘でつきました。『・・・うん・・・安いね』兄と違う声に驚いて振り返ると、見知らぬおじさん!本当に失礼いたしました。謝って退散しました」

義父の前で卑猥な言葉を言い間違い

「団塊(だんかい)の世代を、だんこん(敢えて変換はしません)の世代と言ってしまいました…。しかも義父の前で。義父は気づいていたのか気づかなかったのかはわかりませんが…。スルーしてくれました(笑)」

不審者で通報されるところでした!

「掃除をしていた時、子どもと夫が公園から帰ってきたのが見えたので隠れて驚かせようと思って、『わぁ!!』と飛び出たら、知らない小学生くらいの女の子三人組を脅かしてしまいました。すぐにごめんね!と謝ったけど、完全に不審者ですね…」

面白写真を会社のグループラインに誤送

「家族のグループラインに送ろうと思って、ふざけて撮った写真(ドレスを着て、子どものキャップを頭の上にちょこんと置いて、ポージングしている写メ)を間違えて、職場のグループラインに送ってしまったこと。もう思い出すだけで胃が痛くなりそう(笑)」

夫婦の絆!? 知られるとちょっと恥ずかしい妻の呼び方アンケート!

おちゃめで、ドジっ子の愛すべきママたちの赤面体験談はいかがでしたか。どれも笑ってしまう面白話ばかりです。失敗談から、仲が良く幸せな家族の姿が垣間見られるようです。さて、最後はそんな愛すべきママたちは、普段「夫から何て呼ばれていることが多い?」という口コミサイト「ウィメンズパーク」のアンケートをご紹介します。
名前       48.8%
ママ       18.3%
お母さん     11.6%
名前を呼ばれない 11.3%
その他      10.0%

ママやお母さんを合わせると約30%いますが、名前呼びがダントツ1位に。子どもがいると「パパ」「ママ」呼びになりがちですが、今ドキは名前呼びが多いようです。
中には、つき合っていた時の呼び名やあだ名という人も。いつもママと呼ばれているので「たまに名前を呼ばれると照れる」「名前にちゃんづけです。恥ずかしい…」「2人の時はあだ名」という微笑ましいコメントも。面白話だけでなく、幸せ夫婦の御裾分けをいただきました。ごちそうさまです!(文・酒井範子)

■文中のコメントは、「ウィメンズパーク」の投稿からの抜粋です。

■関連:誰にも褒めてもらえない「名もなき家事」に、編集部が名前をつけてみた

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/