Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 授乳
  5. イギリス発の手づかみ食べ離乳法「BLW」が話題に。いったいどんなもの?

イギリス発の手づかみ食べ離乳法「BLW」が話題に。いったいどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“BLW” (Baby-Led Weaning)を知っていますか? BLWは、今、注目されているイギリス発の手づかみ食べ離乳法です。
世界20か国で翻訳された『“自分で食べる!”が食べる力を育てる 赤ちゃん主導の離乳(BLW)入門』(原書房)の日本語版が2019年11月に発売。それを記念して、著者のジル・ラプレイさん(助産師・保健師)、トレーシー・マーケットさん(ライター、ジャーナリスト、母乳育児相談員)が来日し、BLW講座が開かれました。日本BLW協会主催の講座の様子を紹介します。

関連:年々増加する食物アレルギー、皮膚トラブルとの関係は?

BLWとはどんなもの?

著者のジルさんは、保健師として25年のキャリアがあり、イギリスで家庭訪問をするたびに、ママやパパから「せっかく作ったのに食べてくれない」「離乳食を作るのが大変!」など離乳食の悩みをよく相談されるそう。そこで、イギリスのママたちに提案をし始めたのがBLWです。BLWは、「実は昔から“上の子たちがいて忙しくて、子どもに手がかけられない!”という家庭では、ごく自然にやっていたことで、特別なことではない」と言います。

それではBLWとは、一体どういうものでしょう?

ジルさんたちが提唱するBLWとは、赤ちゃんの自発性を尊重して進める手づかみ食べ離乳食のこと。ママやパパの食事時間と分けて、赤ちゃんだけに離乳食を与えたり、ママやパパが、スプーンなどで食べさせてあげたりするのはBLWとはいわないそう。

また開始時期は、日本の離乳食のように月齢を目安とせず、

1 赤ちゃんが食べ物に興味を示す
2 支えれば座れる
3 手に持ったものを口に運ぶこと

などの様子があることが目安になり、赤ちゃんが自分の手で徐々に食べられるようになっていくことを見守ります。

ジルさんたちが話す、BLWの進め方の基本的な考え方は、次のとおりです。

BLWの基本とは

●赤ちゃんの気分がいいときに、家族と一緒にテーブルを囲んで食べる
●赤ちゃんがつかみやすい大きさや形の食材をテーブルに2~3種類置き、自由に食べさせる。ペースト状などにした離乳食は置かない
●ママやパパが食べさせるのではなく、赤ちゃんが自ら食べるようにする
●食べる量や速さなどは、赤ちゃんのペースで。小食でも、赤ちゃんが食べないなら気にしないで大丈夫
●赤ちゃんが欲しがる間は、授乳(母乳やミルク)を続ける

また、BLWで食べさせると、次のような4つのメリットがあるとジルさんは話します。

ジルさんが語るBLWの主なメリットは

1.食事の時間が楽しくなる

ママやパパとテーブルを囲んで家族と同じものを食べるというのは、赤ちゃんにとってはHAPPYな時間です。赤ちゃんは、大人のマネをしたがるので、ママやパパと食事をすることで、自然とテーブルマナーも身についていきます。

2.目と手の協調運動や手指の使い方が上達する

最初はうまくできなくても、手づかみ食べを繰り返すうちに、上手に食べ物を口に運べるようになります。これは目と手の協調運動が向上した証し。また手づかみ食べを継続すると、やわらかい食べ物をつぶさずにつかむ力加減を覚えたり、一口の適量がわかるようになったりします。

3.食べ物を認識する力が育つ

ペースト状などの離乳食だと、赤ちゃんは何の食材が入っているのか、目で見て確認できません。しかしBLWは、赤ちゃんが食材を自分でつかんで食べるので、食べ物の形やにおい、味、舌触りなどがわかり、食べ物を認識する力が養えます。

4.満腹感を認識しやすい

ママやパパが食べさせると、規定量にこだわるために、赤ちゃんの満腹感を無視して、食べさせ続けてしまうことも。しかしBLWでは「赤ちゃんが、満腹感をしっかり認識できる」という研究報告があります。これは自分のペースで食べて、おなかがいっぱいになったら自分でやめるからです。そのため食べ過ぎの心配がありません。

窒息に気をつけて!

BLWの概要はなんとなくわかってきても、赤ちゃん自身に自由に手づかみ食べをさせて窒息はしないのだろうか、と心配になります。

ジルさんたちの研究では、スプーンで離乳食を与えるのもBLWも、食べ物をのどに詰まらせる危険性は同じで、大切なのは、赤ちゃんは食事の時に限らずいつ危険なものを口にするかわからないので目を離さないこと、そしてもしもの時の対処法を学んでおくことが大切だといいます。
ジルさんによると、食事中、むせてせき込んだりするのはよくあることですが、これは窒息ではなくせき反射。食べ物を吐きそうになるのは咽頭(いんとう)反射で、体の自然な防御反応とのこと。
とはいっても、もちろんBLWをしているときは、赤ちゃんの様子をママやパパがしっかりと見ていることが大前提です。


また、BLWにかかわらず、赤ちゃんに食べ物を与えるときは、次のことに気をつけることが大切です。

●椅子にまっすぐ座らせる。まっすぐ座らないときは、巻いたタオルを赤ちゃんの腰のまわりに置くなどして調整を。バウンサーなどに、もたれかかって座るのはNG!

●豆やナッツ類などの小さくてかたいものや魚などの骨などは危険性が高いので与えない。一口で口に入ってしまうプチトマトなどは、食べやすい大きさに切る。

●赤ちゃんが食事に集中できるようにする。テレビがついていたり、ママやパパが横でスマホなどをいじったりするのは×。
●ママやパパなどが、赤ちゃんの口に食べ物や飲み物を運ばない。食べる準備ができていないと、のどに詰まることも!
●食べ物を置いたまま、赤ちゃんを一人にしない。赤ちゃんの様子をよく見る。万一に備えて、対処法を学んでおく。

最後に、講座の中で今BLWに取り組んでいるという会場のママたちから出た質問を紹介します。

Q.
あまり食べないときは、どうしたらいいですか?

A
栄養は授乳で補うから大丈夫。量より、自分で食べることを重視して!
BLWでは、どのぐらいの量を食べるかは赤ちゃんが決めるので、食べなければ切り上げてOK。またBLWを始めたら、食べる量よりも“自分で食べる”ことを重視して考えてください。
BLWでは、赤ちゃんが欲しがる間、授乳(母乳やミルク)は続けるので、栄養不足になることはないといわれています。


Q
BLWをしながら、スプーンで離乳食を与えるのはダメ?
A離乳スタイルが違うので、同時に進めるのはよくありません
スプーンなどで離乳食を与えるのは、ママやパパが主導することになります。一方、BLWは赤ちゃんの意思でつかみ食べをするので、離乳スタイルが真逆ということになります。考え方が違うので同時に進めるのは難しいと思います。また、同時に進めると、食べ過ぎなどの心配もあります。

Q
まわりの人にBLWをすることの理解を得るにはどうしたらいい?
A
赤ちゃんが食べている姿を動画に撮って見せて
パパ(ママ)、ばあば・じいじなどから理解を得るには、赤ちゃんがBLWで食べている姿を動画に撮って、どんなふうに食べているか見せて、理解をしてもらうといいでしょう。また赤ちゃんを預けるときは、BLWで食べさせていいものをランチボックスに入れて渡し、「もし食べなければ無理に与えなくて大丈夫。授乳時間が来たら、ミルク(母乳)を与えて」と伝えることがポイント。

関連:離乳食、厚労省のガイド12年ぶり改定。気になるのは卵アレルギー。どうする?

イギリス発の手づかみ食べ離乳法BLW。BLWを、もっと詳しく知りたい方は日本語版の『“自分で食べる!”が食べる力を育てる 赤ちゃん主導の離乳(BLW)入門』(原書房)を読んでみてはいかがでしょうか。
(写真提供/尾形夏実さん 取材・文/麻生珠恵、ひよこクラブ編集部)


■取材協力/日本BLW協会

■おすすめ記事
「ママ1人が抱え込み、キャパオーバーになるのが心配」小児科医が気になる今どきの子育て事情

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。