Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 【新型コロナ】西松屋は、なぜコロナ禍でも店を開け続けられたのか?

【新型コロナ】西松屋は、なぜコロナ禍でも店を開け続けられたのか?

新型コロナの影響により、日本全国に緊急事態宣言が出されてから一ヶ月あまり。多くの店舗が臨時閉店を余儀なくされる状況のなか、ベビー・子ども用品専門店の「西松屋チェーン」は、店舗を閉めることなく営業していました。母親学級もなくなり、里帰り出産もできず、夫の立ち合い出産すらできない妊婦さんたちの間では「開いていてよかった…」「必需品が買えた」という声があがっています。なぜ店を開き続ける選択をしたのでしょうか。

関連:新型コロナ「手洗い・うがいができない乳幼児のコロナ対策」をパパ小児科医に聞く

緊急事態宣言下でも営業を続けた「西松屋チェーン」

多くのお店が閉店を選択する状況で、西松屋チェーンはなぜ営業を続けたのか、株式会社西松屋チェーンの総務部春井さんに聞きました。

ーー緊急事態宣言時の西松屋さんの店舗対応について教えてください。

春井さん(以下敬称略) 緊急事態が宣言された後も、お客様と従業員の安全を最優先に考えたうえで、全国の店舗で通常営業を続けることを基本方針としました。
ショッピングセンターなどに出店している一部の店舗では、それぞれの施設の方針に合わせ、休業や営業時間の短縮を行っていますが、休業店舗は、5月のゴールデンウィーク中の最も多い時期でも、1,000店舗超中、約40店舗にとどまりました。

ーーなぜ店舗を開け続けるという判断をしたのですか?
春井 当社は、粉ミルクやベビーフードをはじめ、紙おむつやおしりふき、新生児用の衣料品などのベビー用品から、妊産婦向けマタニティ用品など、いわゆる「赤ちゃんを産み育てる際の必需品」を幅広く扱っています。
「必需品」なので、緊急事態宣言下でも、通常営業で、お求めいただきやすい価格でご提供することが、お客様に対する一番のご支援になると考えました。

日頃からソーシャルディスタンスを確保しやすい店舗経営方針

ーー営業するにあたって「気をつけたこと」はどんな点ですか? 

春井 お客様と従業員の安全確保に最大限配慮し、安心してお買い物していただけるよう、感染防止に細心の注意を払っています。
もともと1店舗当たりの売上が一定の金額を超え、店舗が混雑するようになった場合、近隣に新たな店舗を出店して混雑を緩和しています。
また、多くの店舗には専用の駐車場があり、すぐ前までお車を乗り付けていただけます。店内レイアウトや売場案内表示も分かりやすくしており、短時間でお買い物していただける、いわゆる「ショートタイム・ショッピング」が可能なため、店内が混み合うことはあまりありません。

ーー確かに。駐車場がついている店舗が都内でも多いですよね。それにベビーカー利用客が多いからか、店内も広い印象です。
春井 はい。店舗は天井が高く、通路の幅も広く直線なため、お客様同士や、お客様と従業員の距離が十分に確保できるようになっています。
こうした店舗づくりが、ソーシャルディスタンスの確保に有効に機能しいるものと考えています。

ーー利用者からはどんな反応や声がありましたか?
春井 ホームページを経由した電子メールを通じて、店舗の従業員に対する感謝や励ましのお言葉をいただいています。
「コロナの影響でご苦労をされている中、営業を続けてくださって大変感謝しています」
「このような状況の中、お店を開いてくださってありがとうございます。特に、レジなど最前線で対応してくださっている方々に感謝します」
などのお声をはじめ、
「こどもの日のプレゼントに、おもちゃを買ってあげることができた」
といったお声もありました。

ーー今後の予定や、ママ・パパへのメッセージなどがありましたらお願いします。
春井 お子様がいるご家庭に安心して子育てしていただけるよう、必要とされる商品をご提供し続けることが、ベビー・子供・マタニティ用品を取り扱う当社の重要な役割と考えています。
ご不便をおかけしないよう、安全確保に十分に留意したうえで、引き続き全国の店舗で営業を続けてまいります。



緊急事態宣言が解除されてからも、数年は新しい生活様式=ソーシャルディスタンスを保つ生活が欠かせないものとなるかもしれないと言われています。ソーシャルディスタンスが保たれた買い物が可能となっている西松屋チェーンは、妊婦さん、ママ・パパなど子育てに関わる人の心強い味方となりそうです。

取材協力/株式会社西松屋チェーン 取材・文/女子部JAPAN(おぜきめぐみ)


西松屋チェーンが感染拡大防止のために実践していること

(1)従業員の出勤前の体温測定
(2)従業員のマスク着用と手洗い・うがいの徹底
(3)飛沫感染予防のためのレジへの透明なビニールカーテンの設置
(4)除菌剤を使用した買物カゴ、カートの定期的な拭き上げ清掃
(5)釣銭トレーを用いた釣銭のお返し
(6)レジ待ちでお並びいただく際の間隔確保をお願いする掲示
(7)排煙窓の開放(設備のある店舗のみ)や換気扇の常時稼働による店内換気
(8)トイレのハンドドライヤーの使用停止

株式会社西松屋チェーン
日本全国に1,000店を超える直営店舗を展開するベビー・子供・マタニティ用品の専門店チェーン。適正な品質・機能とお買い求めいただきやすい価格とを兼ね備えたプライベートブランド商品を中心に、子育てに必要な日常のくらし用品を幅広く取りそろえる。

■おすすめ記事
【新型コロナ】自宅待機が増えて光熱費が心配…今日からできる節約対策

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。