Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ローンや保険、悩ましい「固定費」ってどうやって節約する?

ローンや保険、悩ましい「固定費」ってどうやって節約する?

家族が増えると考えなくてはならない、お金のこと。将来を見据えて削減するなら、まずは固定費。固定費は、一度コスト削減に成功すると、長期間にわたり節約ができるので、ぜひとも見直してみたいところ。固定費削減に成功した先輩ママのコメントを、口コミサイト『ウィメンズパーク(※)』からピックアップしてみました。参考にしながら、役立ててみましょう。

先輩ママの「固定費」節約成功例をチェック!

住宅ローンや保険、通信費など、定期的に一定額がかかる固定費。口コミサイト『ウィメンズパーク』から、先輩ママが実際にやっている固定費削減テクニックを紹介します。

「格安スマホに乗り換え」で通信費を削減!
「もう固定費を減らす手は出尽くしたと思っていたら、まだ格安スマホがあった! 通話にもインターネットにも支障がないので、家族みんなで乗り換えたら、固定費がぐっと減りました。浮いた分は貯金やレジャーにまわせそうです」

習い事は公共施設でお得に
「サッカーをやりたいという息子のために習い事を検索したところ、市が主催するサッカー教室がヒット。有名指導者&ローコストが参加の決め手になりました。公民館や区民センターなどの公共施設が主催している習い事はおすすめです!」

契約更新の家賃交渉で住居費ダウンに成功!
「賃貸物件に住んでいます。住居費の目安は収入の30%と知り、思い切って契約更新のタイミングで大家さんに交渉。周辺の類似物件よりも家賃が高いこと、共用スペースが劣化してきたことを挙げ、減額を交渉し、無事妥結しました」

家族が増えたらまず、保険料を見直し!
「複数の保険に加入していたので、家族にとってぴったりな保障内容になっているかを再確認。掛け金が格安で金額が変わらない都道府県の共済と万が一のときのリターンが大きい収入保障は残そうかと思っています」

節約に成功している先輩ママたちはやはり、3大固定費とも言われる通信費・住居費・保険料に着目しているようです。固定費は一度見直せば効果が大きく、節約が長続きすると考えている人が多くいるなか、保険料は「加入したらしっぱなし」「言われるがまま加入していて、いくら払っているのかわからない…」という人も多い項目です。家族構成が変わると必要な保障が変わってくるので、思い立ったときが見直しどき。早速、やってみましょう。

※文中のコメントは『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

東京都にお住まいかお勤めの方へ。都民共済が選ばれる5つのポイント

月々の保険料、上手に節約するなら共済利用がお得

生活するうえで必要不可欠な固定費のなかでも、見直ししやすいのが保険料です。ただ、家族のことを思うと、保険料を節約しすぎるのも考えもの。いつどこで起こるかわからない「もしも」のために、適切な保険を選び、準備をきちんとしておきたいですよね。

子育てファミリーにとくにおすすめなのが、「都民共済」です。なんといっても注目なのは、手頃な掛金。たとえば、月々2000円という家計を圧迫しない金額で、日帰り入院から死亡保障、事故による後遺障害までしっかりカバーしてくれます。しかも、掛金は年齢が上がっても変わらず65才まで保障が続くというから驚き! 東京の加入件数は209万件、全国の加入件数は2149万件(2020年4月末)と多くのファミリーの暮らしをサポート。さらには、決算後の剰余金が返ってくるといううれしい「割戻金」も! 保障ラインナップも「総合保障2型」「入院保障2型」をベースとして「こども型」「熟年型」「熟年入院型」などの保障もそろっています。家族みんなにやさしい共済で、このタイミングで保障を見直し、無理なく賢く節約を続けてみてはいかがでしょう。

手頃な掛金の「都民共済」って?

協力/都民共済

赤ちゃん・育児

更新

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。