SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 【新生児 沐浴のPOINT】 なぜ必要? 目的は何? 沐浴のポイント 聖路加国際病院監修

【新生児 沐浴のPOINT】 なぜ必要? 目的は何? 沐浴のポイント 聖路加国際病院監修


“おうちでねんね”の生活が中心の0ケ月の赤ちゃん。
清潔を保てば、毎日沐浴(もくよく)しなくてもよさそうに思えますが、新生児にとって沐浴は欠かすことができない、大切なことなんです。
それはどうしてなのでしょう?
おさえておきたい、沐浴のポイントを確認していきましょう。

そもそも沐浴って何?

生後まもない赤ちゃんは、細菌などへの抵抗力が弱いため、専用のベビーバスなどで入浴させます。この新生児期のおふろを「沐浴」といいます。
生後1ケ月健診で医師の許可が出たら、大人と一緒の浴槽に入れるようになります。

どうして沐浴が必要なの? 目的は?

どうして沐浴が必要なの? 目的は?


赤ちゃんは新陳代謝が活発です。まだ、体を動かすことが少ない新生児期も、汗や皮脂汚れなどがたまりやすいので、沐浴で汚れを落とし、清潔に保つことが大切です。
裸の状態になることで全身の観察もできるため、気がかりがあればすぐに見つけられます。

ほかにもいいことがいっぱい!

ほかにもいいことがいっぱい!


沐浴は、赤ちゃんに声かけしながら触れ合うので、スキンシップを図るひとときに。親子コミュニケーションのツールにもなります。
また、体が温まり血行がよくなるので、良質な睡眠を促したり、おっぱい・ミルクを飲む力が助長されるといったことも期待できます。

沐浴のポイントや注意点は?

沐浴のポイントや注意点は?

沐浴は1日1回が目安。時間は午前と午後のどちらでもOKです。ただし、空腹時や授乳の直後、夜遅くは避けたほうがいいでしょう。
できるだけ毎日同じ時間帯に入れるのがおすすめです。

ほかにも注意点が!

ほかにも注意点が!

湯冷めしないように、沐浴を行う場所は暖かく保って。
長湯をすると、赤ちゃんが疲れてしまうので、手早く済ませることもポイントです。

沐浴のやり方例、2つ

沐浴のやり方例、2つ


1つは、ベビーバスの外で赤ちゃんの体を石けんで洗うやり方(アウトバス)。沐浴の初めと終わりだけベビーバスを使います。
もう1つは、ベビーバスの中で赤ちゃんの体を石けんで洗い、泡を洗い流すやり方(インバス)。沐浴の初めから終わりまで赤ちゃんをベビーバスに入れます。
おうちの都合や赤ちゃんの様子などに合わせて、どちらを選んでもOKです。

不慣れなうちは、うまく洗えなかったり、赤ちゃんが泣いてあわててしまい、洗えないところもあるかもしれませんね。
でも、「今日洗えないところは明日でOK」くらいのラクな気持ちで進めるのがコツ!
沐浴は毎日のこと。赤ちゃんに声かけしながら、楽しく進めていけるといいですね

監修/聖路加国際病院 産科新生児科病棟・周産期ケア 黒川寿美江先生、金子美紀先生、佐藤理恵先生 短肌着・コンビ肌着/たまひよSHOP その他小物・衣装/スタッフ私物 取材・文/茶畑美治子 動画制作/たまひよ編集部 
動画撮影日2020年9月3日・4日

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。