SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 【動画】産後すぐの授乳の成功、これが正解!

【動画】産後すぐの授乳の成功、これが正解!


初めての授乳は、ママも慣れていないうえに、赤ちゃんも上手におっぱいが吸えないことが。姿勢、タイミングetc. 母乳育児を軌道に乗せるために、成功する秘訣を教えます!

1日8回以上、夜間も授乳が正解!

1日8回以上、夜間も授乳が正解!


産後はできるだけ早くおっぱいを吸わせ、赤ちゃんが欲しがったらいつでもあげるようにしましょう。
赤ちゃんは一度にたくさん飲めないので、できれば2~3時間おきに、1日8~15回くらい授乳するのが理想的です。
また、夜間は昼間よりも約1.5倍プロラクチン(母乳をつくるホルモン)が分泌されるので、夜間も授乳したほうが出がよくなります。

授乳スケジュールはほんの一例。参考にしてみて

5:00・・・授乳1回目
7:00・・・授乳2回目
10:00・・・授乳3回目
12:00・・・授乳4回目
14:00・・・授乳5回目
16:00・・・授乳6回目
18:00・・・授乳7回目
20:00・・・授乳8回目
22:00・・・授乳9回目
0:00・・・授乳10回目
2:00・・・授乳11回目

★POINT:1回につき、10分以上。左右のおっぱいをバランスよくあげて

乳輪までくわえさせるのが正解!

乳輪までくわえさせるのが正解!


赤ちゃんは、生まれながらに備わっている反射で、乳頭が口に入ると、くわえて吸いつくことができます。
そのときに、赤ちゃんは乳頭だけを吸うのではなく、乳輪ごと舌でしごき上げるようにしながらおっぱいを吸います。
赤ちゃんの吸いつきが浅いと母乳の出が悪く、ママの乳頭が傷つくことが。赤ちゃんが大きく口を開けたら、おっぱいを乳輪まで深くくわえさせましょう。

赤ちゃんがリラックスできる姿勢を選ぶのが正解!

横抱き、たて抱き、フットボール抱き、赤ちゃんがリラックスできて飲みやすい姿勢を選びましょう。

【横抱きの場合】

赤ちゃんがリラックスできる姿勢を選ぶのが正解!

背中はまっすぐにして、ママのおなかと赤ちゃんの体がしっかりくっつくようにします。
赤ちゃんは顏だけではなく、体ごとママのほうを向かせます。
赤ちゃんの頭と、おっぱいの位置が合うように、授乳クッションやタオルを使って、高さを調節すると◎

【たて抱きの場合】

【たて抱きの場合】

ママの脚にまたがらせ、赤ちゃんとママのおなかを密着させます。
首がすわるまでは、赤ちゃんの首は、ママの手でしっかり支えましょう。

【フットボール抱きの場合】

【フットボール抱きの場合】

授乳クッションを使って、赤ちゃんの頭の位置を乳頭の高さに合わせます。
赤ちゃんをわきに抱えるようにして飲ませます。

●監修

埼玉医科大学総合医療センター 助産師 小澤千恵さん

●参考/たまごクラブ 2020年7月号「母乳で育てたいママが知っておくべきこと」
●イラスト/徳丸ゆう
●文・動画制作/たまひよ編集部

■おすすめ記事
0~5カ月、新米ママ&ベビーの「うまくいかない」授乳の悩みはこう解決

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。