SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 妊娠中に思わずうるっとした体験… 見知らぬ人たちからもらったやさしい気遣い

妊娠中に思わずうるっとした体験… 見知らぬ人たちからもらったやさしい気遣い

ベッドで幸せな妊娠中の女性、心ジェスチャー
dolgachov/gettyimages

「外出中などで、妊娠中ならではの嬉しいことはあった?」という質問を、スマホアプリ「まいにちのたまひよ」の情報交換コーナー(ルーム)で聞いてみました。コロナ禍で妊娠出産を迎え、不安な毎日を過ごす妊婦さんですが、お店や街中で出会った見知らぬ方からの優しさにうるっとしたエピソードが寄せられました。

ブランケットや買い物カゴなど、店員さんの気遣いにうるっ

最もコメントが多かったのはスーパーのレジで、会計後のカゴをサッカー台まで運んでくれるサービスでした。

「レジから遠いのに、出口に一番近いサッカー台まで運んでくれた店員さんには感動してしまいました」

―― 次に多かったのは飲食店での気遣いです。

「マタニティマークを見た店員さんが、ブランケットとクッションを貸してくれました」

「カフェでうっかりノンカフェインで注文するのを忘れてしまったのですが、店員さんが気がついて無事にノンカフェインで飲むことができました」

「『生野菜は大丈夫ですか?』『食べられない食材はありますか?』『レア調理の具材はしっかり焼かせてもらいます』』と、すてきな店員さんとたくさん出会いました。
会計後には『元気な赤ちゃん産んでくださいね』とも。世の中捨てたもんじゃないと実感中」

「人気のご飯屋さんで行列に並んでいたら、お店の方が椅子を用意してくれました。
席について定食を頼んだら『お味噌汁に特別にカマ入れたから、しっかり食べて栄養つけてね』と。優しい社会に感謝です」

「お店で食べようとしたけど満席だったので、テイクアウトして車内で食べていたら、店員さんが『席が空きましたからどうぞ』と、わざわざ声をかけてくれました。夫の地元ですが、優しい人が多いです」

「お店で、子どもがもらえる無料プレゼントの列に、子どもと一緒に並んでいました。
順番がきたのでいただいたら、スタッフのお姉さんが『おなかの子は(男女)どっち?』と、子どもに質問して『はい、これは弟くんにどうぞ』と。その思いやりにうるっとしてしまいました」

職場の仲間や上司、そしてお客様からの優しい声かけにうるっ

「妊婦だからって甘えちゃいけないと、周りに気を使わせないようにと精神的にピリピリしていたのですが、『楽しみだね』『体調気をつけてね』など、さりげない一言をかけてくれる同僚や上司の多いこと。気持ちが和らいで精神的に安定していきました」

「百貨店勤務です。職場やお客様に『元気な子が産まれるといいねー』と、たくさん声をかけていただき、産休前にはわざわざ会いに来てくださったお客様もいて、優しさが溢れすぎて感謝しかないです」

「職場で重たいものを持とうとすると、怒られます(笑)」

おばあちゃんから少年、女の子まで街中のやさしさにうるっ

「本屋さんで絵本を見ていたら、隣のおばあさんが私に気づいて声をかけてきました。
『もし良かったら読んでみて』と、差し出されたのは、赤ちゃんを迎える親の気持ちを描いた絵本で、ジーンとしていたら『赤ちゃん楽しみね、大変な時代だけど頑張ってね』と、言われて、またまたジーンと感動してしまいました」

「小学生の男の子が重たい扉を開けて『どうぞ』と、私が通るのを待ってくれました。感動したし、そんな子に育ってほしいと思いました」

「小さな女の子が、私のおなかに向かって『ばいばーい』と、手をふってくれました。
そのお母さんからは『大変だと思いますががんばってください』と、温かい言葉をいただいて嬉しかったです。おなかの息子もわかったようで、嬉しそうに暴れまくってました(笑)」

「信号のない横断歩道で、後ろに渋滞ができようとも車が停まってくれたり、妊婦で歩くの遅いのに渡りきるまで待ってくれたり。
普段はせっかちな街ですが、妊婦になって初めてみる光景に感動しています」

電車やバスなどの公共機関でうるっ

「電車に乗ったら、座っていた男性3人が一斉に立ち上がって席を譲ってくれました(笑)」

「電車で荷物を足元に置いたら、隣の男性から『どこの駅で降りるのですか?』と、聞かれました。すると荷物を網棚にのせてくれて、降りる駅では荷物を降ろしてくれました」

「電車で、中学生の女の子とそのお母さんが席を譲ってくれました。二人で買い物帰りだそうです。『出産時を思い出すわ〜。頑張って産みや〜」と、声をかけていただき、最後はおなかをヨシヨシして別れました。私もあんな母娘になりたいと思いました」

「『こっちの席空いてます。座ってください』と、小学5年生の男の子が、結構遠いところから来て教えてくれました」

「バスにて。乗り込んだら運転手さんが『どなかた席をお譲りください』と、アナウンスしてくれて、男性が席を譲ってくれました。とてもすてきな朝になりました」

「通勤時によく席を譲ってもらいます。毎回感動します。
でも私は妊娠する前は周りに席を必要としている人がいるか、気遣ってなかったと反省。
今度は私が周りに親切にして恩返ししたいと思います」

「いろんな方に支えられていることを実感」し、「今度は私が恩返ししたい」「子どもにもしっかり伝えていきたい」というコメントが溢れ、幸せと感謝の連鎖を予感させるアンケートとなりました。
文/和兎尊美

※文中のコメントはアプリ「まいにちのたまひよ」内、同じ出産月のママ・妊婦さん同士で情報交換できるコーナー(ルーム)に以下の期間で実施したアンケートに寄せられた投稿を再編集したものです。
・2021年2月22日~2021年3月1日実施/2021年5月生まれルーム
・2021年3月29日~2021年4月5日実施/2021年6月生まれルーム
・2021年4月26日~2021年5月3日実施/2021年7月生まれルーム
・2021年5月24日~2021年5月31日実施/2021年8月生まれルーム
・2021年6月28日~2021年7月5日実施/2021年9月生まれルーム

妊娠中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

■おすすめ記事
0~5カ月、新米ママ&ベビーの「うまくいかない」授乳の悩みはこう解決

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。